京都の格安ゲストハウスFUJITAYA KYOTOにお邪魔してみた

こんばんは。

先週の土曜日の夜、僕はFUJITAYA KYOTOという京都の格安ゲストハウスのパーティに参加してきました。

「日本を感じる」をコンセプトにして2014年8月にオープンしたらしく、外装も内装も新築そのものでした。

3月には2店舗目もオープンするらしく乗りに乗っているようです。
京都に訪れる外国人観光客は年々右肩上がりに増えておりゲストハウスの需要も高まっているようですが、その中でもFUJITAYA KYOTOは口コミサイトtripadvisorの京都市の宿で一位(2016年1月20日時点 その他宿泊施設190軒中)の評価を得ています。

その魅力はどこにあるのか?
ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク




 

まず、外観はこんな感じ。


場所は少々わかりにくいですが看板があるので問題なく発見。

スライド式の扉を開けて中へ入ります。
新築なだけあって中は非常にきれい。
廊下にまでしっかりと掃除が行き届いていました。

受付を済ませ、パーティルームへ入ります。
(旅行客の皆さんにとっては共有ルームですね)

共有ルームはこんな感じでした。

写真では全体が収まりきらないくらいの広さでした。

世界各国から多くの観光客が訪れているようで、今まで訪ねてきたゲストの出身国が世界地図に貼ってありました。

外国人観光客のためのガイドブックも充実しています。
自由に閲覧可能なようです。

日本人形も展示してあります。

日本のお酒も品揃えが豊富です。

 

とまあ、こんな感じでいろいろと館内を見て回っていたらパーティの準備が始まりました。

共有スペースのソファーやテーブルなどが全て移動され、いざレッツパーティ!

 

 

食事の中身は外国人観光客が喜びそうなちらし寿司とお味噌汁とワカメと、タコを酢で和えたやつでした。あとサラダ。食後にはデザートも出てまいりました。

手作り感があり、家庭的な味がしてとても美味しい!

独り暮らしで栄養の偏った食生活をしている僕にとってはありがたいことでした。

外国人観光客の方々も日本の家庭的な味を楽しむことができるわけですね!

 

そして、パーティの場に居合わせた人々はというと宿泊客はもちろんのことオーナーさんやスタッフのみなさん、そして近所のおじさんなんかも混じっておりましたw
そのおじさんからはお酒をいただきましたw

オーナーさんやスタッフの方々ならまだしも近所の方も一緒にパーティを楽しめるなんて、地域密着のゲストハウスなんだなあ、と感じました。

近所のおじさんは、友達が近くに来ているからと友達まで普通に呼んでいましたからね!
なんてラフなんでしょう!

スタッフのみなさんは当たり前ですが英語がペラペラでした。
新卒で入社したスタッフさんやインターン生もいらっしゃって、ハキハキと働いておりました。

インターンの子は「是非ともFUJITAYA KYOTOで働きたい!」と息巻いておりましたので、スタッフの労働環境も良いんだろうなあと思いました。
(どうも僕は最近そういうところばかりに目が行ってしまうようになりました。よくないことですね)

ワーキングホリデーで台湾から働きに来ている人もいました。
スタッフさんも国際色豊かですね~

 

ご飯とお酒をたっぷり楽しんで21時を回ったところあたりで後片付けへ。

後片付けはスタッフさんが主にやってくださいましたが、宿泊客や僕らも少し手伝います。
こういうのがゲストハウスならではのところですよね。

 

片付けが終わったら宿泊客の方々はおのおのの部屋へ戻り、近所の人たちは少し残ってだべって、スタッフさんと交流します。

 

人々の触れ合いを感じることができましたね~

 

 

皆さんも京都へ訪れるときは是非ともご利用してみてはいかがでしょうか!?

ちなみに交流パーティは一週間に一度、不定曜日で開催されているようです。

 

・FUJITAYA KYOTO

ホームページ:http://fujitaya-kyoto.jp/en/
住所:〒600-8803 京都府京都市下京区藪の内町中堂寺22-5

 

 

スポンサーリンク



 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*