会社を1年で辞めた僕が考える短期離職しないための自己分析のやり方

自己分析…

就活をしているとこのワードを耳にすることが何度もあるんじゃないかと思います。

ですがね、僕は徹底的に自己分析をやって徹底的に企業研究をしたのですが、結果1年で会社を辞めています。

 

それは、就職情報会社が推奨しているような世間で言われている自己分析のやり方で自己分析をしてしまったからです。

 

世間で言われているようなやり方で自己分析をしても所詮自分をわかったような気になっただけで、本当は自分が何をしたいのか、自分が何者か、なんてのはわかりっこないのです。

 

世の就活ビジネスに惑わされて自分史だの自分のやりたいことリストだの作らされて自分をわかったような気になって就職した学生は悲惨です。

 

僕のように会社1年で辞めるような人はまだしも、そのまま会社に残り続けて日々を消耗させてしまう人だっていますから。

 

ということで、本日は僕の就活経験、短期離職経験も踏まえて、本当に就活生がやるべき自己分析法についてお伝えしたいと思います。

 

そもそも自己分析は無意味

そもそも僕は就職情報会社が推奨しているような自己分析ってムダだと思うんです。

 

だって思いません?

 

今までの大学生活で何も考えてこなかった奴が、就活になって急に何かに追われるように

 

「自己分析やらなきゃ!」

 

なんて思うの意味わからなくないですか?

 

自分史とか、自分は何者か?とか過去の経験に基づいて自分のことを探ろう!なんていう自己分析を急にやったとしても、今まで何も考えてこなかった人が自分のやりたいことなんてわかるわけないんですよ。

仮にわかったとしても、それは多分本当にやりたいことではないですよ。就活に追われて無理やり導き出されたやりたいこと、なんて薄っぺらいに決まってます。

 

いくら自分のこと考えたって自分のことはわかるわけないですし、そもそも仕事の向き不向きなんて自分じゃ判断できないものです。

それよりも僕が重要だと思うのは、就活という枠組みにとらわれずに自分が生きる上で大事にしたいこと、自分が何に向いているかを知る。ということです。

これさえ知っておけば、仮に企業に勤めるにしろ僕みたいに1年で会社辞める事態は防げると思うんですよね。

 

世間でよく言われている自分探しとか自分史なんてのは本当に無駄だと思います。

その辺についてはこちらの記事(就活生よ!自己分析はムダだから即刻やめよ!)で書いているのですが、自分が人生で大事にすること、会社に入社する上で譲れないこと、自分に向いていることを見つける、それが本当の自己分析です。

 

ということで以下、僕のように会社を1年で辞めないためにやるべき自己分析法を書きます。

 

自分が人生に求めるモノを知れ

まずは自分の人生で大事にすることを把握しましょう。

 

例えばみなさんに質問です。

 

みなさんは1年後死ぬとしたら何をしますか?

 

考えてみてください。

 

何もしない、寝ている、ずっとゲーム…とか考える人!よっぽどそれが好きでないとそんなのは多分すぐ飽きますよ。僕は無職のときやってましたけどすぐ飽きましたから。

 

自分が1年後に死ぬと思った時に自分が何をするか考えて、思い描いたものを仕事にするべきです。

そして、その自分のやりたいことが企業に入ってできることであれば就活すればいいです。

人を笑わせたい!有名になりたい!とかいう人はお笑いの事務所入ったりすればいいと思います。

 

つまりはまず自分のやりたいことの延長線上に就職という選択肢があったなら就活すればいいんです。まずは自分は就職して働くことが幸せなのか?どうか?そこから考えれば良いのです。

 

まあ、やりたいことなんてない!ゆっくり寝てたい!

 

と思う人はそれで良いです。

要は、自分は暇だったら何をするんだろうなあ、と考えることが自己分析の出発点なので。

 

ちなみに本当にやりたいことがない!寝てたい!と思う人はヒモになるとか実家の遺産食いつぶすとかしてもいいと思います。世間一般ではダメと言われていますが自分が幸せならそれで良いでしょ。迷惑かけてないし。ただ、普通の神経の持ち主だったらニート、ヒモはいずれ飽きると思いますがねw

 

ヒモもニートも嫌で、現状で1人で食っていく手段がないなら就活して楽な会社に入るのがベストでしょうねえ…

ちなみに、新卒フリーランスのお話についてはこちらの記事に書いておりますのでご参照ください。

 

自分が会社に求めるモノを知れ!そして優先順位をつけろ!

自分が会社に求めるモノを知れ!

さて、自分が人生に求めるモノを探った結果、就職するのがベストだったとしましょう。

 

そして、皆さんは会社探しを始めると思います。

 

しかし、同じ業界であれ違う業界であれ、会社が違えば雰囲気、制度、給与は180度異なってきます。

 

ですので自分のやりたいことを追い求めても、似たような会社がいっぱいあって会社を選べない!という事態に遭遇します。

 

そうなったときに自分が会社に求めるものが何かわかってないと、適当に会社を選ぶことになってしまい後悔することになってしまいます。

 

実際僕だって1回目の会社選びは失敗してますからねえ…

 

ちなみに僕の例を挙げると、僕はとりあえず世間的に良いと言われている優良大企業に入れりゃ人生安泰か!なんて甘い考えを持って就活を行なっていました。

その結果、世間では優良と言われている大手BtoBメーカーに就職できたものの、わずか1年で退職するという憂き目を見る羽目になりました。

僕は就活のときは自分がどうなりたいかとか全く考えていなかったんですよね。

 

僕の最終目標は資産を築き上げ、不労所得を構築し、被雇用者のラットレースから抜け出すことです。

 

この目標だったら長く勤めることが前提のBtoBメーカーは全く向いてなかったんですよねえ…

 

漫画「インベスターZ」でもありましたね。大手機械メーカーから内定を貰ったお姉ちゃんが資本家になりたいからDMMに入社したという話。

僕はこのお姉ちゃんみたいに資本家になりたいわけではないですが、まあ被雇用者から抜け出したいという意味で同じ目的を持っていたわけです。

そうなると、僕が会社に求めるものは安定でも給料でも社会的地位でもなんでもなく、資産を構築し、不労所得を築き上げることができるかどうか、という点に絞られたわけです。

こう考えると僕は終身雇用が前提の安定BtoB優良メーカーとかではなく、DMMみたいな新進気鋭のベンチャー企業に入ったほうが良かったわけです。

 

このように、自分が会社に求めるものを知るというのは非常に重要になります。

 

終身雇用の会社で安定して働きたい!と言うんだったらそれこそBtoBメーカーに入社すれば良いのです。資本家になりたい!と言うんだったら起業ノウハウが学べるようなベンチャー企業にでも入社すれば良いのです。

 

このように自分が会社に何を求めるかを知った上で会社選びをすると自ずと会社の系統が絞られてきます。僕は労働者というラットレースから抜け出すことが目的だったのに、終身雇用制の古めかしいBtoBメーカーに入社してしまったので自ら一生労働者として働かなければならない道を選んでしまったのです。だから入社しても労働に意欲が湧かず、死んだ労働を続けた結果、会社を1年で退職してしまったのです。

ああ僕は会社選びの時点から間違えていたのだなあ..

 

自分が会社に求めるのものの中で優先順位を決める

さて、自分が会社に何を求めるのか?というのは人によっては大量に案が出てくるでしょう。

 

給料高いほうがいい!やりがいがあったほうがいい!残業ないのがいい!福利厚生は充実しててほしい!一部上場がいい!

 

人間の欲望というのはキリがないものです。

そこで僕のオススメは、漫画「エンゼルバンク」にも書いてあった五角形の思考で仕事を選ぶというやり方です。

ただ、この漫画に書いてあるやり方は転職における自己分析のやり方ですので、就活における自己分析のやり方にアレンジした方法が以下になります。

 

(1)働く上で自分が大切だと思うものを5つ書き出します。
やりがい、労働時間、通勤、ステータス、報酬などなど
(2)それぞれについて、ありたい未来の仕事をイメージして5点満点で点数を付けます。ただし、全て5点満点はありえません。
それぞれ5点満点で、全ての項目が5点満点はありえないというのが結構重要です。世の中自分の要望全てを満たせる会社なんてありえませんからね…

 

例えば僕の例を示せば、僕が働く上で重要だと思っている5つのモノは以下です。

 

・労働時間
・給与
・人間関係
・その会社での労働が資産になるかどうか
・面白さ

 

理由はさておき、僕はこれら5つが会社での仕事において重要なモノだと思っています。ここで、それぞれ5点満点で僕にとってその要素がどれほど重要か点数をつけてみます。合計が20点になるようにします。その結果こうなります。

 

・労働時間3点
・給与2点
・人間関係5点
・その会社での労働が資産になるかどうか5点
・面白さ5点

(それぞれ5点満点で合計が20点になるように)

 

となります。僕は何事においても面白いかどうかは最重要視するので面白さの項目が5点です。これは仕事に絶対求めます。また、その会社の労働が自分の資産になるかどうかも譲れないのでこれも5点です。人間関係も劣悪だったら仕事したくなくなるし重要なので5点です。

僕はここで15点既に使用しており、持ち点が20点だとすれば残り5点しかありません。残りの5点を労働時間と給与に振り分けです。

給与は正直、会社にいる以上あてにしてはいけませんし、自分で稼げば良く自分の中での優先順位がそんなに高くないので2点。労働時間も自分はそんなに苦にならず多少長くても良いので3点です。

 

このようにすれば、僕がどのような会社を選べば良いかわかりますよね?

給与は大したことなくて労働時間も長いかもしれないけど、人間が良くて仕事が面白そうでスキルが身につく仕事を選べば良いのです。

僕は新卒就活の時はこれとは全く逆で、労働時間が短くて給与は良くても、そんなに好きでもない仕事を選んでしまったから失敗したわけです。

 

さらに例をあげると僕の友人で、やりがいとか労働時間とか人間関係とかどうでもいい!金と女と社会的地位が欲しいんだ!

と言って外資金融に行った人がいます。その人は会社に泊まり込んでトイレで寝るような生活をずっと続けておりますが、月収50万円くらい貰ってます。それでも彼の求めるものは金と女と社会的地位なので別に苦ではないわけです。

彼の場合は金と女と社会的地位は5点満点で、他の要素は全て1点程度ということになりますねw

 

このように、世間で言われている優良企業を何も考えずに選ぶのではなく、自分の中で優先順位の高い項目を満たせる企業を選ぶと、入社してからもそれほど違和感を感じずに働くことができます。

 

自分に向いている仕事を客観的に分析して把握しろ

これについてはあまり書くことはありません。

何故なら自分ではできないからです。

自分の向き不向き、得意なこと不得意なことって自分じゃ絶対わからないんですよ。

友達から言われてやっと気づくこともあります。

他己分析という言葉もあるくらいですから友達に自分の長所を見つけてもらっても良いのですが、まあ友達も適当なこと言ったりするので僕のオススメはコンピュータに診断してもらうことです。

 

僕のオススメはキミスカの自己分析ツールです。

 

キミスカってスカウト型就活サイトなんですが、僕がこのサイトでいいと思っているのはスカウトよりもむしろ適性検査。

ここの適性検査、全150問に答えるんですが、問題数が多いだけあって超詳細に結果が出ます。(とは言っても10分ほどで検査は終わりますが)

 

例えば僕もやってみたんですけどね…当たりすぎて怖かったですよ。

ちょっと僕がやってみた結果を貼りますね。人物像のところ当たりすぎ….

 

 

「役割意識に欠け利己的、孤立した意識をもち社会性に欠ける、感受性に欠け心理や感情理解が困難といった傾向が出ている。」

 

この辺、マジで当たってますw

役割意識に欠けていて社会性に欠けていて、相手の心理や感情理解が困難であるからこそ会社を今まで何回も辞めているわけですからねw

 

こういうのって自分ではわかっているつもりでも、言われないと案外きづかなかったりするのです。

ということで、「自分はどんな仕事が向いているのか?」については正直自分で考える必要はないんです。なぜなら自分がどんなに考えても、そんなのわかりっこないからです。

 

だったら、既にこの世に存在している自己分析ツールで適職とあなたの強みをコンピュータに客観的に判定してもらいましょう。

 

というのが合理的な答えなわけです。

 

自分の向き不向きについてはこれだけやれば十分です。

ってことで、適性検査やってみたい!あわよくば企業からのスカウトオファーをもらいたい!って方は是非下記リンクからご登録をどうぞ。

 

今すぐキミスカで適性検査を受講してみる!

 

まとめ

以上、会社を1年で辞めた僕の経験を踏まえ、自己分析のやり方を書いてきました。

自分の求めていない、自分に向いていない会社に入社するのは本当に悲惨ですし、日々を消耗させることになってしまいます。

みなさん、是非とも正しい自己分析をして、自分の求める会社に入りましょうね。

また、正しい自己分析のやり方という意味ではUnistyleONE CAREERの記事なんかも読むといいですね。

これらのサイトはいろんな企業の内定者ESとか業界研究記事などを無料で閲覧できるサイトなんですが、無料とは思えないほど内容が充実しておりますのでこちらもまだ登録されていない方は是非とも登録されることをオススメいたします。

ってことで、今日はこの辺で。

 

 

*こちらも合わせて読みたい!
【就活生必見!】マルクス経済学から学ぶ仕事選びのポイント

就活生よ!就活のための自己分析はムダだから即刻やめよ!

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*