社会人2年目だけど営業が辛くて会社を辞めたいあなたへ

「とりあえず3年は勤めろと言うけれど早く会社辞めたい…」

「1年やってわかったけど、自分は営業に向いてない…」

こんな風に考える皆さんもいらっしゃると思います。

事実、サラリーマンなんて毎日会社を辞めたいと思いながら会社に通っているのです。このような感情はいたって正常です。

それでも、中には本当に会社が辛い…営業が辛い…営業で結果が出ない…毎日怒鳴られてばかり…

 

こんな人もいらっしゃると思います。

 

実際、営業って向いていない人にとっては本当に地獄で、いくら努力してもできるようにはならないものです。

 

ということで本日は、社会人2年目の営業社員が会社を辞めたいと思ったらどうすればいいかについて、既に会社を2回辞めている社会人2年目の僕がお伝えしたいと思います。

 

営業を1年以上こなせば、自分に営業適性があるかどうかわかる

まずは僕が言いたいのはこれ。

確かに、「仕事なんぞ1年やそこらでわかるもんじゃない!3年以上やってからやっとその仕事のことがわかるものだ!」

という意見もあります。この意見もこれはこれで正しいでしょう。

 

ただし、その仕事の本質はたかだか1年や2年じゃわからないまでも、その仕事に自分が向いているかどうか、その仕事を今後も自分が楽しくやりがいを持って続けていけるかどうかは割とすぐにわかるものです。

 

例えば僕は2社目のベンチャー企業で内勤を3ヶ月ほどやっていましたが、ずっと座っていられないタチなので自分には内勤は絶対無理だ!!

 

と確信しましたからね。

 

それを確信してすぐに辞めたわけですが、これが良いか悪いかは別にして今の仕事が自分に合っているかどうかというのは簡単にわかるものなのです。

 

特に営業職っていうのは如実にわかりますよ。

 

営業ロープレを何回もやらずとも最初から1人で営業に行って結果出せちゃう人なんかたくさんいますからねえ…

その一方で、何度も営業ロープレをやって、先輩に営業同行をしてもらって、説明の仕方とかを逐一説明してもらっても一向に営業ができるようにならない人なんかも一杯います。

 

そしてその傾向は2年とか3年経っても、ほとんど変わらないものです。

 

最初からできる人はずっと成果を上げ続け、最初から上手くいかない人は頑張っても成果は上がらないものです。

よく、「新卒は化ける。」とか言うじゃないですか。

でも、この言葉って嘘ですからね。会社員の方ならわかると思いますが、やっぱりできる人は最初からできる人だし、できない人は最初からできない人ですよ。

 

採用のプロに言わせれば、そもそも面接の時点で営業で成果出せる人か出せない人かはわかるみたいですからね。

「新卒は化ける!」

という単語は新卒至上主義を正当化させるための良い売り文句なんですよ。

 

よく広告とかで見る、「営業成績最下位だった私がいつの間にかトップに!」みたいな宣伝文句、あれはめちゃめちゃ稀有な例だからこそ広告の宣伝文句になるわけです。

 

皆さんの周りに、営業成績がずっと最下位だったのに急にトップに躍り出た人っていますか?いたら教えてくださいよ。ほとんどいないと思いますよ。それくらい、一介の会社員が急に化けるというのは珍しいことなのです。

ほとんどのケースでは、1年目であなたに営業適性があるかどうかはわかるのです。それはあなたが自分でやっていてもわかるでしょうし、周りが見ていてもわかるでしょう。

 

ですので、2年目になって営業嫌だな…成績出ないな…会社辞めたいな…ともしあなたが思っているとしたら、その直感は正しいのです。

 

そしてその直感は大事にしなければなりません。

 

自分に向いていない仕事を続けることほどストレスが溜まることはありません。もし無理に営業を続けたら、あなたは鬱病になる可能性があります。

営業で鬱病を発症させた会社員のお話は下記にて書いているので、よろしければご参考ください。

 

関連記事
営業で鬱病を発症し、会社を休職した会社員が新入社員へ伝えたいこと

 

 

自分が営業に向いていない場合

さて、ここまで記事を読まれたあなたは、自分に営業は向いているのか?今後ずっと仕事を続けていって営業で結果を出せる人間なのか?

 

ある程度わかったと思います。

 

もし自分が本当に営業に向いていないと思うのであれば、今後も営業に苦戦し、下手をすれば鬱病になって再起不能な身体になってしまう可能性が非常に高いので、今すぐなんらかの対策を講じる必要があります。

 

さて、営業に向いておらず、今すぐ会社を辞めたいあなたがやることはズバリ、逃げることです。

 

「逃げる」という言葉は日本社会では悪いイメージで使われがちですが、世の中の成功者たちはみんな逃げてきたのです。気にしてはいけません。

同志社大学を設立した新島襄だって脱藩して封建社会から逃げましたし、坂本龍馬だって逃げたのです。逃げることは悪いことではないのです。

 

ということで、あなたが営業から逃げる手段は2つあります。

1つ目は部署異動を願い出る、2つ目は会社を辞めて転職する。ということです。

では、この2つのパターンを見ていきましょう。

 

部署異動を願い出る

あなたが大きな会社に勤めていれば勤めているほど、この方法は有効です。

たかだか2年目じゃ部署異動願いなんて受け入れられねえだろ!と思われるかもしれませんが、会社としては辞められるくらいなら別の部署で働いてくれた方がマシですので、交渉の仕方によっては簡単に部署異動は勝ち取れます。

 

例えば、僕の友人は上司からパワハラを受け、上司から逃れるために

 

「部署異動させてくれなきゃ会社辞めます!!」

 

と言い放ちましたからね。

会社からしたら新卒の時から教育費をかけて大切に育ててきた社員に辞められるほうが嫌ですので、会社を辞められるくらいならと部署異動はまず受け入れてくれます。

「部署異動できないなら会社辞めます!!」

というのは会社からしたらキラーワードですので、是非とも皆さんも使っていただければと思います。

 

会社を辞める

さて、部署異動して状況が変わらなそうであれば残るのはこのパターンです。

 

・会社が小さすぎて、部署異動しても何も変わらない。

・そもそも会社が嫌いだから部署異動しても意味がない。

 

という不満をお持ちの人は部署異動の意味がありませんので、会社を辞めたほうがいいでしょう。

会社を辞めるとびっくりするくらい自分がどうでもいいことで悩んでいたことに気づきますし、とても清々しい気になります。

さらに会社を辞めた人間ってある意味辛酸を舐めてきているので、今後の人生でも強い人間に育ちます。

 

ただ、会社を辞めてどうするの?という問題もあると思うので、次の進路が決まるまでは会社は辞めないほうがいいです。実際、僕は次の進路を特に決めることなく会社を辞めてしまったら転職活動でも苦労しましたから…

 

会社を辞めてから独立、転職、勉強、いろいろ選択はあると思いますが、会社を辞める前に必ずその選択を決めておきましょう。

 

ちなみに、転職する方であれば営業経験1年以上で25歳以内という条件を満たしていれば市場価値はめちゃめちゃ高くなりますよ。

嘘だと思うのならMIIDAS(ミーダス)で自分の適正年収を診断してみてください。このツールは無料で今現在の自分の年収相場を算出することができるのですが、営業経験が1年以上あるならば想定以上の年収が算出されるはずなので驚くはずですよ。

ちなみに、僕の市場価値は年収700万円でしたw めっちゃ高い!

 

 

自分の市場価値がわかるってのは面白いので、皆さんも是非やってみてください。下記リンクから診断できます!

 

MIIDASで今すぐ市場価値を診断してみる!

 

第二新卒市場においてはいろんな求人に「営業経験1年以上!」という条件が付いていることもさることながら、求人の裏条件として「25歳以内」という限定が付いているケースも非常に多いです。

第二新卒市場においては未経験は25歳以内が相場なのは当たり前の事実なんですよねえ…求人に年齢制限を設けることは違法ですので表には出て来ませんが、裏で明確に線引きをしているケースがほとんどです。

ってことで、未経験で転職しようと思ったら25歳以内での転職というのは重要になってきます。

 

ちなみに営業経験3年以上!ともなると同じ営業職には転職が簡単にできますが、それ以外の職種に未経験で挑戦がしにくくなります。

営業経験1年以上!25歳以内!という2つの条件が揃えば、別の営業職にも転職しやすいし、未経験で全く違う職種にも新しく挑戦できるし、第二新卒で転職しようと思ったらまたとない絶好の時期なんですよねえ…

 

ってことで、会社を嫌で嫌で辞めたくて、営業経験1年以上で25歳以内の条件が揃う人は第二新卒の転職は簡単ですので、是非とも転職にチャレンジしていただければと思います。

 

ということで以下は転職をお考えの皆さん専用で書きますが、もし会社を辞めて転職することを志すのであれば、やってほしいことが2つだけあります。

それは、会社を辞める前に必ず転職先を決めるということと、転職エージェントに相談すること、という2点です。

 

ちなみに僕はというと会社を辞めてから転職という選択を考えたのですが、正直、在職中に転職を決めておけばよかった…と死ぬほど後悔しました。

 

会社を辞める前に必ず転職先を決めるというのは当たり前のことであると思いますが、在職中に転職エージェントに相談する、ということは意外とやっていない方も多いのではないでしょうか?

ということで、以下は転職エージェントについてお話ししますね。

 

転職するなら在職中に転職エージェントに相談しろ!

はっきり言いますが、転職エージェントに相談しなかったら転職は失敗しますよ。

 

転職は就活と同じで1人とやると失敗するのです。それくらい、支えてくれる人というのは重要です。

 

僕も転職活動のときは大分お世話になりましたからねえ…

特に僕は会社を辞めてからの転職活動だったので、エージェントさんがいなかったら本当に不安と絶望に押し潰されていたでしょう…

ということで、僕も利用していたオススメの転職エージェントを紹介しておきますね。転職エージェントを使うコツとしては、大手を選ぶこと、複数のエージェントを利用すること、の2点です。僕も大手転職エージェントには少なくとも3社は登録していましたので、面倒くさがらずに全部登録しておきましょう。

 

さて、僕も使っていたオススメの大手転職エージェントを紹介しておきますのでご参考ください。僕は情報を見比べたい思いもあったので、最低でも3社以上のエージェントを利用していました。

僕が利用していてオススメだった転職エージェントは、リクルートエージェントマイナビジョブ20’sパソナキャリアです。

全て業界最大手になりまして、僕も全て使っておりました。

次こそは自分に合った会社、自分に合った仕事を見つけるために、全力で転職活動には備えておきましょう。

転職活動も面倒臭がってしまうとまたブラック職場に入社することになりかねないので、面倒臭がらずに全て登録しておきましょうね。

ちょっと各エージェントの特色について詳しく紹介しておきます。

 

【リクルートエージェント】
リクルートエージェント

 

言わずと知れた大手転職エージェントのリクルートです。

まあ利用してみた感じ、求人紹介という面で見れば機械的すぎて正直微妙でしたが、王道ですので登録しておくに越したことはないと思います。

やはり業界トップを走っているだけあってアドバイザーの能力が極めて高く、選考対策資料も充実しているのがいいですね。求人紹介という面では確かに微妙でしたが、担当エージェントさんが優秀だったので僕もいろいろ相談させていただきました。

相談はこちらからどうぞ。

今すぐリクルートエージェントに相談してみる

 

【マイナビエージェント】

 

リクルートに追随し、今や広報力ではリクルート以上となったマイナビ。

僕が利用した感じだと、リクルートとは違って求人紹介を担当のエージェントさん自らやってくれるのでいい感じでした。

リクルートと並行してマイナビの人ともたくさん相談して、僕は選考も実際にここ経由でたくさん受けました。エージェントさんが自ら求人を選んでくれたおかげもあってか、選考は通りやすかった気がしましたw

希望の求人を見つけるって意味ではこっちの方がオススメですね。こちらもよければどうぞ。

マイナビジョブ20’sに今すぐ相談してみる!

 

【パソナキャリア】

僕が一番好きだったのはここですかね。

リクルートのように求人紹介が適当というわけもなく、マイナビと同等に僕に合わせた求人を紹介してくれました。さらに、恐らくパソナキャリア内で求職者の情報が共有されているのでしょう。担当エージェントさん以外からも求人の紹介が送られてきました。

担当エージェントさん自身も僕に合った求人を選んでくれますが、僕の経歴を見た別のパソナのエージェントさんも求人をいろいろ紹介してくれるので、登録していて飽きませんでしたね〜

例えば営業経験が1年以上あるんだったら、その経験を活かせる職種を色々と紹介してくれると思います。別に営業職に限らず、その人の志向に合った意外な求人を紹介してくれたりします。

エージェントさんにもたくさん相談しました。今思えば迷惑かけたなあ…懐かしい思い出。

僕的にはパソナが一番オススメですので、複数登録するのはちょっと…って方もパソナには登録しておくといいと思います。会社の悩み事もたくさん相談できますよ。

今すぐパソナキャリアを利用してみる

 

 

あと、自分と同い年くらいの若いエージェントさんと相談したい!ってことだったらハタラクティブという転職エージェントサービスがオススメです。

 

【ハタラクティブ】

 

何がオススメかというとなんとここ、ラインで気軽にエージェントさんと相談ができてしまうんですよね。

若い会社ですので若い社員が多く、そのせいもあってかエージェントとの連絡でラインを利用しているそうです。

本当に気軽に相談してみたい!というのだったらこちらも利用してみるといいと思います。求人の質はさすがに前者3社より落ちますが、手軽に相談という意味ではこちらがオススメです。

ハタラクティブを今すぐ利用してみる

 

まとめ

以上、社会人2年目だけど営業が辛くて会社を辞めたい人に向けて記事を書いてきました。

僕も営業をやっていますが、営業って辛いですよね。

営業に行くからには何かしらの成果を上げて来なければならないし、常に数字を見られるので毎日胃がキリキリします。

しかし、そういった経験も全て無駄にはならないのですよ。

転職活動の際に役立つことはもちろん、転職先の会社でも役に立ちます。もちろん起業しても、フリーランスになってもその経験は役に立ちます。

是非とも今の経験を活かし、転職なり起業なり、次の道に活かしていただければと思います。

 

 

最後に、僕自身はこうしたブログを書いている関係上、人材紹介会社の社長の知り合いが複数人おります。

そして、僕に連絡をくださればそうした人材紹介会社の社長を紹介することが可能です。

仲がいいので僕の紹介ならば親身になって転職先を紹介してくれますし、僕の紹介ならば社長自らがあなたに合った企業を紹介してくれます。そんなチャンスは滅多にないと思いますので気になる方は是非とも僕に連絡をくださればと思います。

連絡先は下記メールアドレスか、僕のTwitterのDMでもなんでも構いません。

 

*連絡先

メール
takopetty888@takopetty.net

Twitter

 

興味がある方は是非とも連絡をくださればと思います。Twitterをご覧になっていただければわかるとは思いますがマナーとかは僕は一切気にしないので恐縮せずに連絡くださいw

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*