就活生よ!好きなことを仕事にするのは辛いし後悔するぞ!

「好きを仕事に」

「好きなことで生きていく」

近年、好きなことを仕事にして生きていくというのがトレンドとなっています。

事実、僕もいずれは不労所得だけで生きていきたいです。

そのために毎日こうしてブログを書いています。

 

そして、そろそろブログだけで生計を立てられそうなくらいは稼げてきました。

最近だと発生ベースですが月に60万くらいは稼げましたね…画像の通りです。

 

 

ところが、好きなことを仕事にするというのは非常に難しい。

僕に関して言えば今すぐに会社を辞めてブロガーとして生計を立てることは可能ですが、ブログだけで生きていくことは絶対にやりたくないと思っています。

個人事業主にはいずれなると思いますが、いずれにせよブログを事業の中心にするのでなくて別の事業を営む予定でおります。

 

なぜなら、確かに僕は文章を書くのも好きだしブログで発信することも好きですが、ブログだけやっていたら確実に辛いと感じるからです。

もし僕がプロブロガーとして独立したら、場合によっては今まで好きだったことまでもが嫌いになることすらありえると思っています。

 

趣味でやっているからこそ成果が上がり、楽しいことってあると思うんですよね。

 

ということで本日は、好きなことを仕事にするという言葉に含まれる意味、そして好きなことを仕事にするのは辛いよ、ということを僕の経験談も踏まえて書いてみたいと思います。

 

「好きなことを仕事に」は今や難しくない

まずは手始めに「好きなこと」を仕事にするためにはどうすればいいかを説明します。

世の中の皆さんが仰るように好きなことを仕事にするハードルはこれまで以上に下がっておりまして、例えば12時間、毎日、3年ほど好きなことをやり続ければ、誰でもその道のプロになれると言われています。

 

例えば武井壮さんなんかはこう言っていますね…

 

武井壮:皆いろんな夢があると思うけど、今はゼロのものでもいいと思う。例えば映画監督になりたいとか、なんでもいいと思うんだけど、やんないとゼロでしょ。でも今日から勉強始めて、いっこ勉強したら1だから。で、明日また頑張ったら2だから。今チャンピオンの人が1000あるとしたら、3年間やったら追いつくから。人間ってそういう風に成長していくもんだと思うから。

 

一説によると、1万時間も同じことをやり続ければその道のプロになれるらしいですね。

 

特に今はプロになるためのプラットフォームが充実しています。

僕のようにブログをやるもよし、YouTubeをやるもよし。いろんな方法があります。

 

例えば有名な人だと、コンビニアイスが好きすぎてコンビニアイスのレビューブログを書いて生きている人とかもいますからねえ…

他にはけん玉パフォーマーの児玉健さんとかも有名ですね!

ちなみに僕は一度児玉さんと対談しております…

こちらで記事にもなっているのでよかったらご覧くださいw

 

話が逸れましたが、ともかくとして今の時代は、好きなことをやり続けて、それを発信し続ければ、確実にそれで食えるようになる時代です。

ですので、「好きなことを仕事に!」ということ自体は既にハードルが下がっているというのはおわかりいただけると思います。

 

ところが、僕が言いたいのは、好きなことを仕事にしてからが辛いということです!!!

 

「好きなことを仕事にするのは簡単だが、それを継続させるのは非常に難しい!」

 

こういう話はあんまりされないと思うので、以下、お話をしたいと思います。

 

「好きなことを仕事に」してからの生活は辛い

例えば僕で言うならば、先ほどもちょっと触れましたがブログ収益だけで発生ベース60万円ほどを達成いたしました。

僕は文章を書くことが好きなので、現在は文字通り好きなことを仕事にできています。

 

ところが、これが結構辛いんです。

 

事実、僕は1社目の大企業を辞めてから文章で食っていこうと考えた時期がありましたが、ぶっちゃけめちゃくちゃ辛かったですw

なぜなら、好きなことを仕事にすると、好きなことでお金を稼がねば生きていけないというプレッシャーが半端ないんですよね。

 

そうなると、生きなければならないという重いプレッシャーの元、好きではない仕事をしなければならなくなります

 

例えばブログで言うならば毎日Googleアナリティクスで検索状況を確認し、サーチコンソールで検索ワードとボリュームを確認し、どうすれば集客できるかを考えねばなりません。

場合によっては記事のリライトも必要になります。

 

このように、好きなことを仕事にすると、別に好きではない業務もこなさなければならなくなります。

YouTuberのヒカキンさんだって言っていましたよね。毎日飽きられないためのネタを考えて、毎回の動画撮影後には6時間ほどかけて動画編集作業をしなければならないのです。

 

 

他には例えばブログですと広告主に請求書を発行したりなどの事務的な作業も必要になってきますね…

あと確定申告とかもありますね~。

会社員だと全部事務の人がやってくれるんですが…

 

好きなことを仕事にすると、稼げば稼ぐほど好きなこと以外の作業が発生してくるのです。

 

そして、それにも増して稼がなければならないという欲望もキリがありません。

 

僕も、「月に20万円くらい稼げれば生きていけるしいいや…」

 

なんて思っていた時代もありましたが、蓋を開けてみれば月に20万では足りず、「もっと稼がねばならない!」という謎の不安感に苛まされ、さらには「今は稼げているけれど、いずれすぐに稼げなくなるだろうな…」という不安感にも苛まされます。

 

要は、個人で好きなことを仕事にしているとずっと不安なんですよね。起業して社長になったとしてもそうです。どっかの企業の社長なんてずっと不安なんじゃないかとも思いますよ。

 

とはいえ、じゃあ会社員なら好きなことをずっとやってられるか!?と言うとそんなことはありません。

 

なぜなら会社に雇われていると、嫌なことでも業務命令であれば従わなければならないからです。

 

例えば映画を観るのが好きで映画業界に入社した友人は、同じ映画を倍速を変えて何回も見て粗を探す作業をしています。

ゲームが好きでゲーム会社に入社した友人は、ゲームに不具合がないかどうか探すため同じゲームの同じステージを何度もプレイしたりしています。

 

これら、別に彼らがやりたかったことではありません。

 

好きを仕事にすると、会社員にしろ事業主にしろ、必然的に自分がやりたくない仕事もやらねばならなくなります。

 

まあ、めちゃめちゃ儲けて面倒な事務作業を全部他人に投げられるようになったら良いんですけどねw

そこまでに行く道のりも、遠く険しいものと言えるでしょう。

 

「好きなことを仕事に」したいのなら、普通の労働者の何倍もの努力が必要

ちなみに僕はブログを1年以上、たまに休むことはあれどほぼ毎日更新をし続けてきました。

それでも月に60万程度にしかならないのです。いや、これは発生ベースなので実際に振り込まれる収入はこの半分の30万程度でしょう。

 

率直に言って僕はかなり努力してきたという自負があります。

 

それこそ、会社の営業の合間の移動時間も、通勤時間の際も、全力でブログを書いてきました。

今でこそ稼げていますが、それこそ当時は時給100円の作業をずっと続けていました…

それほど頑張っても月に30万円程度しか稼げないのが現実なのです。

 

本当に好きなことを仕事にしたいのであれば、普通の会社員の何倍以上も労働をしなければならないというのは周知の事実ですので、是非とも覚えておいていただければと思います。

 

正直、いくら好きなことでもお金になるかどうかわからないことをずっと続けるのは辛いですよ~

 

ホントに、僕はコンビニアイスとかけん玉とかで食っていっている人たちは凄いと思うんですよね…

だって、今はその道の第一人者になって食えてるからいいですけど、それまではお金を稼げるかどうかわからないことを暗がりの中毎日繰り返していたわけじゃないですか。

 

きっと相当な努力があったんだと思います。

 

いやあ…尊敬しますなあ…

 

本当に「好きなことを仕事に」したいのなら、その道で誰よりも突き抜けなければならないので、その過程はめちゃめちゃ辛いし、誰よりも労働しなければならないんですよね。

 

正直、会社員の方が圧倒的に楽だと、僕は感じますね。

 

結論、雇われ労働者の方が楽だよ

結論としてですが、好きなことで生きていくよりはどんなにつまらない仕事であろうと労働者として言われたことだけをひたすらこなすほうがよっぽど楽です。

ある意味、労働者って経営者の指示を聞いてその命令通りに動けばいいだけなので思考停止しててもお金がもらえるんですよね。

 

ていうか、労働者はむしろ思考停止すべきなのです。

特にうまくいっている企業であれば尚更、労働者の意見なんて求めていません。

 

 

たまーに、「この業務の流れは無駄だからこうするべきだ!」なんて上司に主張する正論くんがいるんですけど、そんなの邪魔でしかないですからねw

そんなことを気ににする暇があったら言われたことをやりましょう!会社では頑張っても頑張らなくても給料は変わらないのです。

いわば、思考停止して言われたことをこなしているだけで生きていけるだけのお金がもらえる会社員は、非常に恵まれているのです。

 

 

「好きなことで生きていく!」なんて無駄なこと考えるよりも、会社員や公務員として組織に従属して言われたことをひたすらこなしている方がよっぽど楽なんですよ。

 

 

労働者として働くよりも、好きなことで生きていくほうが覚悟がいる、そんな世界なのです。

好きなコトで生きていくためには、考えなければなりませんからね。

ただただ好きを極めるだけでは食っていけないのです。ブログでもYouTubeでもなんでも良いですが、世の中にあるプラットフォームをどのように活用し、どのように自分をブランディングして、どのようにマネタイズするのかを考えなければならないのです。

 

これらを考えず、頭を使わない人は好きなコトで飯は食っていけません。

 

どこの世界でも、頭を使う人間が勝つのです。

 

一方で勤め人は楽ですよ…思考停止して上から降ってくる仕事をこなしているだけで生きていけるんですから…

 

 

以上、好きなコトで生きていくのは一筋縄ではいかないですし、尋常でない労働量が必要ですし、とにかく辛いんです。

 

 

そんな事実をもってしても、皆さんは好きなことで生きていきたいですか?

 

 

よーく考えて、就活に臨みましょうねw

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*