社会人歴3年の僕が短期離職と転職を繰り返すたった1つの理由

本日は僕の目指す労働の在り方と、なぜ僕が短期離職と転職を繰り返しているかの理由をお話ししたいと思います。

これからのサラリーマンとしての労働の在り方はどんどん変わっていくと思います。本記事ではそういったお話もできればと思っております。

さて、どうして僕がこんなにも転職を繰り返しているかというと理由はまあ色々あるのですが、一番の理由は自分をブランディングできない労働から離脱したいからですね。

 

「自分をブランディングできない労働って何?」

 

と言うと、いわゆる普通のサラリーマンです。普通のサラリーマンはダメなのです。

 

僕が目指しているところは、「ネット上の影響力」と「社外評価」が結びつく労働です。

わかりやすい例えで言うならば、幻冬舎の編集長の箕輪さんみたいなサラリーマンを目指しています。

箕輪さんは会社からもらう給料よりも副業収入で稼いでいる収入の方が遥かに多いのですが、幻冬舎の社員です。独立しても食べていける箕輪さんがなぜ未だにサラリーマンをやっているかというと、会社のチャネルとリソースとブランドを利用するためです。

箕輪さんは幻冬舎のチャネルとブランドを最大限に活用して自分自身をブランディングしながら会社に利益を還元しています。これこそが超現代的なサラリーマンの在り方ではないでしょうか?

 

 

ところが、世の多くの企業はこうした働き方を良しとしておりません。僕が現在勤めている会社だってそうです。

僕の会社含め、大抵の企業では副業禁止、それどころかSNSの利用だって禁止です。なぜでしょう?それは企業に属する社員が影響力を持ってしまったら企業にとって不都合だからです。

 

 

しかし、僕はそれは古いと思うのです。僕が理想とするサラリーマンの労働の在り方は、「ネット上の影響力」と「社外評価」が結びつく労働です。

 

 

ということで、僕は新たな形の労働を追い求めて既に2度の転職を繰り返しているわけです。

 

3回目の転職をしようと思います。

さて、僕は2018年時点で社会人歴3年目ですが、既に2回の転職を繰り返しているため履歴書は汚いです。最高に汚いです。どれも短期で離職しての転職なので、とてもじゃないですが現在の日本社会では通用しない職歴でしょう。

 

ところが、僕はそれでも3回目の転職をしようと考えています。

理由としては今の会社が副業禁止、SNS禁止と自由の幅が狭いためです。

 

 

現段階で、僕は月収ベースで今の会社の2倍ほどの額をブログで稼いでおります。

 

 

ここまで稼いでくると、

 

・「社外の評価が上がるわけではない」
・「ネット上の評価が上がるわけではない」

 

そんな労働をする意味が見出せなくなってきました。

僕は、「ネット上の影響力」と「社外評価」が結びつく労働がしたいのです。

したがって、再び転職活動を行おうと思います。

 

2019.3.2追記 転職成功しました

この記事を書いてから実に11ヶ月後、無事に転職を成功させることができました!

こちらの記事(3回目の転職!僕が正社員で副業可能な会社に転職した方法と実体験談)に詳細を書いておりますので、ご興味ある方は是非ともご覧ください。

今の時代は副業です。

 

副業を成功させ、副業をガンガンやっていきましょう!

 

ってことで今日はこの辺で。

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*