社会人3年目で短期離職3回の社会不適合者の僕が転職できる理由

「せっかく新卒で入社した会社だけど、もう辞めたい…」

「まだ入社2年目だけど、そろそろ転職したい…でも、まだ3年も勤めていない自分が本当に転職できるのか不安…」

こんなことでお悩みの方も多いと思います。

 

しかしね、僕から言わせればこんな悩みは屁みたいなもんです。

 

何を隠そう、僕は新卒で入社した大企業を1年もたずにドロップアウト、次に転職したベンチャー企業もわずか3ヶ月で退職、やっとの思いで入社した3社目もわずか1年ちょいで退職、再び転職して今の会社におります。

 

そう、僕は社会人経験3年未満なのに関わらず、既に短期離職を3回、転職を3回も経験している社会不適合ジョブホッパーです。

それもそのはず、僕は理不尽耐性ゼロ、同僚とは話が合わないし、組織に対する帰属意識もありません。

 

だからこそ、僕はどの会社に入っても会社に馴染むことができず、短期離職を繰り返しているのです。

 

しかし、それでも僕は転職をしてまた別の会社の正社員になることができています。しかも、今現在僕は週4勤務で副業可能な会社に勤めている正社員です。世間一般の同世代の会社員からしたらそこそこ羨ましい待遇なんじゃないかと思います。

 

短期離職しまくり、社会不適合、スキルなしの三重苦にも関わらずです。

 

なぜ僕は短期離職しまくりの社会不適合者なのに、転職を繰り返すことができているのでしょうか?

 

慶應卒という学歴?いいえ違います。学歴なんて短期離職しまくりの人間には関係ありませんし、そもそも学歴が通用するのは新卒と第二新卒までです。

 

ってことで本日は、短期離職を繰り返す社会不適合者の僕が、なぜ何度も転職することができているのか?その理由と短期離職者のための転職方法論についてお話ししてみたいと思います。

転職を検討している若手社会人の皆さん!世の中には社会人歴3年で転職経験3回のやつだっているんですw そんなやつだって大手を振って外を歩いているし、結婚までしているんですw

世の中の常識を疑い、効率よく人生生きていきましょう。

 

ということで以下、なぜ短期離職を3回もしている僕が転職できているのか、その理由と方法について書いていきたいと思います。

 

そもそも職歴で人を判断するような古い企業を受けない。大手企業のキャリアは捨てる

まず1点目。ここが最大のポイントなのですが、そもそも僕は大手企業や有名企業でのキャリアは捨てています。

 

そりゃそうですよ。

 

エリートサラリーマンとしてのキャリアを歩みたいのであらば、新卒で大企業に入社し、その会社に一生勤務し続けるのが一番良いですからねw

1社目を1年未満で辞めた時点で、僕は大手企業のキャリアはもう捨てたのです。

 

ですので、現在会社を辞めたがっている人で、「そもそも新卒の時点で大手企業に入社できなかった…」という人は、初めからリスクなんてありません。

転職する最大のリスクは、「大手企業のキャリアはもう歩めなくなる」ということであると思いますが、そもそも今勤めている会社が大手企業でないなら転職のリスクはほぼ無いと思って良いでしょう

だって、「今在職している会社に未練あります?」ってことですよ。転職を考えている時点で何かしらの不満があるってことでしょうから、未練なんてないでしょう。

 

そうなると転職活動の幅は広がります。新進気鋭のIT・WEB系のベンチャー企業、どうしても人が足りない中小企業であれば職歴など気にせず雇ってくれるんですから。

 

ってことで、大手企業のキャリアは捨てる気でいる、そもそも最初から大手企業のキャリアのレールになど乗っていない、大手企業のキャリアには興味がない、というのならばまずは大企業や老舗企業を避けて新進気鋭のIT・WEB系のベンチャー企業や中小企業への転職を目指すことから始めるのが吉ということです。

 

ここを理解することができれば、短期離職をしていようがなんだろうが転職なんて簡単です。

 

大企業や有名企業を選択肢から外せば、ライバルの転職者のレベルは限りなく低い

そして2点目。正直言って、大企業や上場企業を目指さない限りはライバルの転職希望者のレベルなんて限りなく低いです。だからこそいくら短期離職をしていようが転職なんて簡単にできるんです。

大企業に在籍していた人なんて世の中の人間の数%くらいですし、会社外でも通用するスキルを持っている人なんて世の中でごくわずかです。

例えば僕が転職活動で出会った人たちだと、

 

「pdfって何?」

「ショートカットって何?」

 

なんて平然と聞いてくる人たちは普通にいましたからね。

 

ちなみに東証1部上場企業といえど、世の中にはそこまで名の知られていない東証1部上場企業はごまんとあります。

分類上は中小企業に分類されるのに、東証1部に上場している企業なんてたくさんありますからね。

 

そういった企業であれば、そこまでハイレベルな転職者が来るわけではないので短期離職を繰り返していても十分互角に戦えます。

 

さらに、そういった企業ほど採用に苦戦しているので、十二分の入社のチャンスがあります。

 

事実、僕は今までの転職歴で言えば3社目は世間ではほとんど知られていないけれども東証1部に上場している企業を見つけ、直接アプローチして入社しましたからね。

 

そういった企業ですと求職者のレベルも同様に低いので、会社の決算書やら経営計画やらを読み込んで会社の現状、問題点、課題あたりを社長にプレゼンできるレベルにまで持っていけば他の転職希望者に圧倒的な差をつけることができます。

 

正直、他の転職希望者はここまでやらないですからね…

 

もしくは、人事担当者に御社を志望する理由を直筆で書いて送ったっていいでしょう。

 

名の知れないベンチャーや上場していても規模が小さく知名度も低い会社であればそんなことをしてまで入社したい意欲を見せてくる求職者なんておりませんので、確実に一歩リードすることができます。

 

ですので、圧倒的な熱意と意欲、圧倒的な準備を持って選考に臨めば、短期離職を繰り返していても大企業でなければ簡単に入社できてしまうのが今の世の中、今の転職市場なのです。

 

ちなみに、若ければ若いほどその可能性は高まります。

ウソだと思うのなら、転職市場価値を診断できるミイダスというツールで是非ともご自身の市場価値を診断してみてくださいよ。

若ければ若いほど市場価値が高く診断されると思いますよ。

 

これ、自分の市場価値がわかるっていう面白いツールなので皆さんも是非やってみてください。下記リンクから診断できます。

ミイダスで今すぐ市場価値を診断してみる!

 

 

相手の会社を徹底的に調べ上げる

その流れで言うと、僕は社長がブログ等をやっているならば確実に読んでおくことを心がけておりました。トップダウンの会社であればなおさらです。

また、人事部のブログやら社員紹介などがあればそれらも全て目を通し、面接の中で語れるくらいにはしておきました。

 

上記でお話ししたような、職歴で人を判断しないイマドキの会社であれば社員紹介や自社コンテンツも充実している可能性が高いです。

これは人間心理ですが、やっぱり自社の求人に応募してくる求職者が自社コンテンツを読んでくれているってのは素直に嬉しいものですからね。特に人事が面接するのであれば、自分たちが作ったコンテンツを求職者が隅々まで読んでいるとしたらそれより嬉しいことはないでしょう。

だからこそ、僕は受ける会社のコンテンツを隈なく読むということは徹底していたのです。その方が印象良いですからね。

 

そして信じられないことに、大半の求職者は相手の会社のコンテンツをロクに読んでいないどころか、目を通してすらいないのです。

 

「そんなことないでしょww」と思う方も多いかもしれませんが、転職って大抵は今の仕事を続けながらやるんですよ?その中で、相手の会社のコンテンツを隅々まで読む時間があると思います?

そして、皆さんは数ある会社の中のうちの1社のコンテンツを隅々まで読めるほどマメな方でしょうか?大半の方は読んでないんじゃないですかねー。

 

だって、自分の会社のコンテンツすらロクに把握していない社会人がほとんどですからね。求職者は、基本的には相手の会社のコンテンツなんてロクに読まないんですよ。

 

ですから、相手の会社のコンテンツの隅々まで目を通し、その内容をネタにして面接官と談笑できるレベルにまでなっておけば、面接で高評価を得られることは間違いないです。

 

事実、僕は転職の面接を受けるときは必ず、相手の会社のコンテンツを隅々まで読み込み、面接でその内容を語れるようにしておきました。そして、実際にそれをネタにして面接で盛り上がったりするんですよ。

 

そうすると、面接を通過している可能性は非常に高いです。

 

「自社コンテンツにもしっかり目を通していただいており、意欲の高さを感じました。」

 

なーんて面接後にフィードバックをいただいこともありますよ。

 

相手の会社のコンテンツを読むだけで意欲をアピールできるんですから、それくらいやっておきましょう。大半の人はやらないんですからそれだけで差がつきます。

 

で、上場している会社であれば決算資料等も読み込んで、売上やら営業CF、営業利益率等も把握しておくとベストです。そこから自分なりの見解も述べられるようにしておけばなおベストでしょう。

転職でそこまでやる求職者なんてなかなかいないので、それだけで差をつけることができますよ。

 

僕なんて、上場企業を受けるときは決算書を読み込んで、利益率改善のためのパワポ資料を作って持っていったことすらありますからねww 大半の求職者はそこまでやらないので簡単に差をつけることができるわけです。

 

副業をして会社にPRできるスキルと実績を作れ

最後、上記だけでも転職することは十分可能でしょうが、僕は上記プラス副業の実績をPRしました。

僕は副業のアフィリエイトでそこそこ稼いでおり、コンテンツSEOの知見がそれなりにあったので、履歴書や面接でもその辺をPRしておりました。

本業で実績を作ることが難しいのなら、副業で実績を作ってそれをPRすれば転職でも立派な自己PRになるのですよ。

 

また、副業のハードルが高いなら、プログラミングスキルを身につけるとかでもいいと思います。今やUdemyあたりで簡単にプログラミングを学べる時代ですからねえ…

プログラミングでなくとも、デザインでもライティングスキルでもなんでも良いと思います。ともかく、副業で実績をつけておくと転職でPRもできますし、そもそも自分の糧になるので自信にも繋がります(←僕の場合はこれが大きかったかもしれません。)

 

まあ、副業の始め方についてはこちらの記事(サラリーマンの副業の始め方をわかりやすく解説するよ!に詳しく書いておりますので、こちらをご参照ください。

 

転職エージェントを活用する

最後。短期離職を繰り返していようが僕は転職エージェントを使い倒しておりました。

なぜなら転職エージェント経由で求人を探せば、非公開求人も多く見つけられるしこっちの手間も省けるからです。

 

短期離職を繰り返している経歴だと書類通過率が落ちるのでその都度書類提出をするのが面倒臭くなってくるのですが、転職エージェントを利用していれば書類提出や諸連絡などを全て代行して行ってくれるので書類通過率を気にすることなく選考を受けることができます。

 

それに、面接官に伝え忘れたことがあればエージェント経由で伝えてもらったりできるので、そもそも1人でやるよりも選考通過率が上がるのですよ…

 

事実、僕も短期離職を繰り返しての転職活動では転職エージェントを毎度利用しておりました。ってか転職エージェントのリピーターでした笑

 

ということで転職エージェントには必ず登録しておくべきなのですが、転職エージェントの中には求職者を食い物にする悪質な転職エージェントも存在するので、そこは気をつけなくてはなりません。

求職者を食い物にする悪質な転職エージェントについては下記の記事にて詳しく書いておりますので、ご興味ある方は是非ご覧くださいw

 

*関連記事
ブラック企業を紹介する悪質な中小零細転職エージェントの実態

 

ということで、以下は僕オススメの転職エージェントを紹介しておきますね。全て大手の有名どころになりますが、安心と信頼では大手に勝るものはありません。

では、ちょっと見ていきましょう。

 

絶対に登録しておくべき転職エージェント

どのエージェントを使うべきかという話ですが、ズバリ、絶対に利用すべき転職エージェントは、リクルートエージェントマイナビジョブ20’sパソナキャリアです。全て業界最大手になりまして、僕も全て使っておりました。

転職エージェントは業界大手を使わないとダメですよ。小さいところを使うと売り上げ至上主義なので平気でブラック企業を紹介してきたりしますから….

 

次こそは短期離職しないためにも、全力で転職活動には備えておきましょう。

 

転職活動も面倒臭がってしまうとまたまたオワコン企業に入社することになりかねないので、面倒臭がらずに全て登録しておきましょうねw

ちょっと各エージェントの特色について詳しく紹介しておきます。ちなみに僕はお客さんとして全部既に利用済みですし、各エージェントの内部事情も知っておりますw

 

リクルート

言わずと知れた大手転職エージェントのリクルートです。

まあ利用してみた感じ、求人紹介という面で見れば機械的すぎて正直微妙でしたが、王道ですので登録しておくに越したことはないと思います。

やはり業界トップを走っているだけあってアドバイザーの能力が極めて高く、選考対策資料も充実しているのがいいですね。求人紹介という面では確かに微妙でしたが、担当エージェントさんが優秀だったので僕もいろいろ相談させていただきました。

相談はこちらからどうぞ。

今すぐリクルートエージェントに相談してみる

 

マイナビエージェント

リクルートに追随し、今や広報力ではリクルート以上となったマイナビ。

僕が利用した感じだと、リクルートとは違って求人紹介を担当のエージェントさん自らやってくれるのでいい感じでした。

リクルートと並行してマイナビの人ともたくさん相談して、僕は選考も実際にここ経由でたくさん受けました。エージェントさんが自ら求人を選んでくれたおかげもあってか、選考は通りやすかった気がしましたw

希望の求人を見つけるって意味ではこっちの方がオススメですね。こちらもよければどうぞ。

マイナビエージェントを今すぐ利用してみる

 

パソナキャリア

僕が一番好きだったのはここですかね。

リクルートのように求人紹介が適当というわけもなく、マイナビと同等に僕に合わせた求人を紹介してくれました。さらに、恐らくパソナキャリア内で求職者の情報が共有されているのでしょう。担当エージェントさん以外からも求人の紹介が送られてきました。

担当エージェントさん自身も僕に合った求人を選んでくれますが、僕の経歴を見た別のパソナのエージェントさんも求人をいろいろ紹介してくれるので、登録していて飽きませんでしたね〜

エージェントさんにもたくさん相談しました。今思えば迷惑かけたなあ…懐かしい思い出。

僕的にはパソナが一番オススメですので、複数登録するのはちょっと…って方もパソナには登録しておくといいと思います。会社の悩み事もたくさん相談できますよ。

今すぐパソナキャリアを利用してみる

 

その他

あと、自分と同い年くらいの若いエージェントさんと本当に相談だけしたい!ってことだったらハタラクティブという転職エージェントサービスがオススメです。

何がオススメかというとなんとここ、ラインで気軽にエージェントさんと相談ができてしまうんですよね。

若い会社ですので若い社員が多く、そのせいもあってかエージェントとの連絡でラインを利用しているそうです。

本当に気軽に相談してみたい!というのだったらこちらも利用してみるといいと思います。求人の質はさすがに前者3社より落ちますが、手軽に相談という意味ではこちらがオススメです。

ハタラクティブを今すぐ利用してみる

 

まとめ

以上、次こそは短期離職しないためにも、面倒臭がらずに必ず全部の転職エージェントを使い倒しましょう。

ちなみに僕は転職の時はもちろん全て使ってました。複数利用すると比較できるからいいんですよね。それに相談ってのは1人に相談するよりもいろんな人からの意見を聞いたほうがいいのです。

転職を成功させた人はみんなエージェントは複数掛け持ちしているらしいですからね。

 

ということで、短期離職を何度も繰り返していてもう転職なんて無理だ…と思われている皆さん!

 

売り手市場の今であれば新しい仕事に就くことも可能です!

 

新たな人生を踏み出すのは今なのです。

 

20代であればまだまだ新たな人生を切り開くことができます。

 

僕も、労働からの離脱という人生の目標に向かって、人生を切り開いている最中であります。

 

3年も経たずに既に会社を3回も辞めている?

短期離職を繰り返しているジョブホッパー?

 

そんなの関係ありませんよ。

 

 

日本でこそ短期離職は評価されませんが、海外では普通なのです。もっと広い視野を持ちましょうよ。

続かない、飽きっぽいというのは逆にいえば長所でもあります。

好奇心旺盛ということじゃないですか!

 

自分の利点を活かして、是非とも自分の理想とする会社への転職を成功させましょう!

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*