残業したいのにできない!家に居場所がないサラリーマンの末路

働き方改革が進み、一部上場企業を始めとする多くの企業で残業を減らすための様々な試みが行われています。

父親、友人の働く会社を見てみても、「遅くまで残るな!帰れ!」という風潮になってきていますね。

まあ残業が減るのはいいことです。お金が欲しい人以外は残業なんてみんなしたくないでしょうから。

 

ただし、残業を減らすこと=労働生産性向上ということにはなりえないのが日本企業。

多くの会社では仕事量が変わらない中で残業を無理やり減らした結果、仕事を家に持ち帰る社員が増え、逆にサービス残業が増えてしまうなど新たな弊害が生まれつつあります。

 

そして、そんな様々な弊害の中で僕が最も可哀想だと感じているのは、残業の禁止により会社に残れなくなったサラリーマン達です。

 

メディアもそうした問題を重要視しているようでして、いっときNHKではフラリーマン特集というものが組まれ、話題になりました。

 

 

ですので本日は、会社に残りたいのに会社に残れないサラリーマンの実態をブログ記事にしたいと思います。

全て、僕の身の回りで起きている出来事です…

多くの会社員にとって会社は憩いの場。家に帰るよりも会社で残業をしていたいと思う方も多いのです。

 

フラリーマンとは?

NHKでいっとき話題になったのが、家に帰りたくても帰れないフラリーマンの実態です。

フラフラするサラリーマン、すなわちフラリーマンは、働き方改革の影響で早く退社できるようになったはいいものの、「自分の時間が欲しい」と街中をフラフラするのです。

 

 

 

すなわち、フラリーマンは早く退社できるようになったはいいものの、家でやることがないため街中をフラフラして家に帰るというわけです。

 

このフラリーマンの実態についてはいろいろなところで物議を醸し出しており、Twitterでも様々な意見が散見されます…

 

 

とはいえ、こちらで特集されていたフラリーマンたちはかなり恵まれている部類のサラリーマンだなあ、と思いました。

 

なぜなら、彼らは街中をフラフラするお金も持っているし、家に居場所もあるからです。

 

 

電車通勤でそこらじゅうに時間潰せる場所があって使う金もあって…というのは、日本全体見渡すと非常に恵まれているサラリーマンなのですよ…

 

本当に不幸なのは、家に居場所がない、すなわち会社にしか居場所がないにも関わらず残業をすることが許されず家に戻れないサラリーマンです。

 

以下、そんな可哀相なサラリーマンの実態をご紹介したいと思います。

以下の例は全て僕の身の回りにいるサラリーマンであり、テレビで特集されていたフラリーマンなんかよりよっぽど不幸です。残業をしたいのにできず、家にも帰りたくないサラリーマンにとって働き方改革は悩みの種でしかないのですよ。

 

家に居場所がないサラリーマンの実態

いろんな理由があって家に居場所がないサラリーマンは悲惨です。

独身なら良いでしょう。早く帰れたら家で好きなだけ眠れるわけですから。

 

問題は、妻子持ちで家に居場所がないサラリーマンです。

 

僕は転職を数多経験し、数多くのサラリーマンを見てきましたが、実はこういうサラリーマンって結構多いです。

 

彼らの特徴はこうです。

 

奥さんは夫に愛想をつかしており、子供は成長して父親のことなど見向きもしない。

 

むしろ、タバコ臭いから家に帰ってくるなと言われる始末。

 

家庭に居場所を感じないためできることならずっと会社にいたい。しかし、残業規制がうるさいため会社に居残ることすらできない。

 

仕方なく会社を出て、さあどこに行こうか…

 

カフェに行こうかとも思うが家のローンや養育費などを考えると無駄な出費は控えなければならない。

 

仕方なくマックへ行き、100円コーヒーで深夜まで暇潰し。

 

そこらへんの牛丼屋で夕飯を済ませ、家に帰って腫れ物扱いされながらも就寝。

 

 

…こんな生活ですよ。

 

いや、これ冗談じゃなくマジな話でして、こういうサラリーマンって一杯いるんです。

 

実際、こういうサラリーマンにとって会社とは自分に居場所を与えてくれる貴重な存在なのです。

 

家に居場所がないとまではいかなくとも、

「会社の仕事以外に何をすればいいのかわからない」

というサラリーマンだって多いんです。いや、これほんとですよ。

 

僕はかつて大企業メーカーに在職していた時、

「家に帰ってもやることないやろ?残業させたるわ。」

とこんなことを言われたこともあります。

 

 

いやいや、家でやることなんていっぱいありますからね!!!

 

と思うのですが、どうやら世間のサラリーマンは会社の仕事以外に特にやることはないらしいのです。

 

僕はサラリーマン生活を3年間やっていて思いますが、仕事以外にやることがないと言っているサラリーマンは全く珍しくありません。

「家に帰ってもやることがなくて困る」と本気で思っているサラリーマンが大量にいるのです。

 

政府は無理に残業規制を行った結果、サラリーマンの生きがいである「会社の労働」を奪ってしまったのですね。

 

残業し放題だった古き良き時代

一方で残業し放題だった古き良き時代は幸せでした。

 

仕事をせずとも会社で新聞を読んだりネットサーフィンをしていればいくらでも暇が潰せたんですから。

それでいて申請すれば残業代が出ていたんですから、今思えば天国のようですよね…

 

そうした時代を経験してきた社員からしてみれば、「会社に残れない!」というのは自分の自由な時間を奪われたに等しいわけです。

 

僕が最初に勤めていた大企業では極端な人だと、始発から終電までずーーーっと会社にいて、休日出勤までして会社に残っている人もおりましたからねw

その人は奥さんとの関係性も悪く、完全に家に居場所がない人だったので意地でも会社に残りたかったのですよね…

ですから会社で仕事をするわけでもなく、ただただ会社に残って暇を潰していたのです。

 

ただ、それでも働き方改革の波は止まらず。会社の規定で会社に残れなくなりました。

そうなると外に出るしかないわけですね…

19時とか20時とかに仕事が終わったとして家に帰れないわけですから、マックの100円コーヒーで暇を潰すわけです… 妻子持ちはお金もないわけですし。

 

ということで、仕事しか生き甲斐がない妻子持ちの中堅社員にとって非常に世知辛い制度が残業規制なのです。

 

哀しいサラリーマンにならないために、隙間時間で副業をすべし

さて、まとめですが、僕は絶対にこうしたサラリーマンにはなりたくはありません。

 

いや、サラリーマンは最高ですよ。

だって所属しているだけでお金がもらえて、税金処理も勝手にやってくれ、厚生年金もあり、社会保険料も半分支払ってくれてるんですから…

 

それでも僕は会社が嫌いです。なんせ拘束時間が長すぎるんです。

 

そして、何より会社員でいては絶対に金持ちにはなれないんです。

 

だから僕は労働から離脱するため、日々努力しています。ブログもYouTubeもその一環です。

 

僕の目標は1秒でも早く億を稼いで労働から卒業することです。そのために日々努力しているのです。

 

だって、会社が終わった後に行くあてもなくマックの100円コーヒーで暇をつぶすサラリーマンなんて夢のかけらもないじゃないですか…

 

こうした奴隷生活に等しい会社員生活から抜け出すために必要なこと、それは一つしかないと僕は思っています。

 

それは、副業を始めることです。

 

僕はというとまずはクラウドワークスで副業を開始しました。

ネット上で仕事を受注してお金を得る仕組みですね。

ただ、クラウドワークスは所詮クラウドソーシング。労働した分のお金しか貰えないので本質は会社員と何も変わりません。いや、むしろサボれない分会社員よりきついですね…

 

僕らがやるべきことは、資産の構築です。

 

ブログ、YouTube、投資…なんでも構いませんが、とにかく金を生み出す泉を作ることです。

 

ちなみに僕はこのブログで未確定で月60万くらい稼いでおりますが、まだまだお金が足りないのでもっともっと稼ぐ気でおります。

 

 

そして僕はこのブログ以外にも、趣味ブログや受験ブログなんかを運営しています。

 

また、最近はYouTubeもやり始めました。

まだチャンネル登録者数は少ないですが、今後とも積極的にアップしていこうと思います。ブログでは伝えきれない内容などもYouTubeで喋っていこうと思います。

 

前回は僕オススメのサイゼリヤ活用術についてYouTubeで喋ってみましたw

 

 

アイキャッチの作り方といい喋り方といい、まだまだ発展途上ですが…

ま、今後とも有益かつ面白い動画を上げていきたいと思いますので、よろしければチャンネル登録お願いしますw


 

てことで、僕はサラリーマンから抜け出すため努力をします。

家に帰れない、会社にも残れないからしょうがなくマクドナルドの100円コーヒーで暇を潰すようなサラリーマンには絶対になりたくないのです。

 

皆さんはどうでしょうか?

 

ではでは今日はこの辺で。

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*