社員オススメの「サイゼリヤ100%活用術」を実践してみた

皆さんは、「サイゼリヤ」というカフェレストランをご存知でしょうか?

僕は学生時代からサイゼリヤが大好きで、学生時代は月に4,5回はサイゼリヤを利用していましたし、就活でもサイゼリヤを受験しました。

社会人になった今でもよくお世話になっています。

しかし、世の皆さんのサイゼリヤに対する反応はどうでしょうか?

 

「デートでサイゼリヤなんてあり得ない…」

「サイゼリヤ?貧乏人の行くところでしょ?」

「サイゼリヤなんてクソまずいレストラン行かねーわw」

 

と、ロクにサイゼリヤの良さも調べることなく批判する人が大勢います。

これに対して僕は言いたい。

 

サイゼリヤ以上にコスパが良くて美味しいカフェレストランは無い!

 

と。

サイゼリヤは誰が何と言おうと美味しいし、低価格を維持するための企業努力も並々ならぬものがあります。

 

僕はサイゼリヤデートに応じてくれる女性でないと結婚はしないとも決めている。それくらい僕はサイゼリヤを愛しているのです。

 

ということで本日は、就活時にはサイゼリヤの説明会へ行き、社員からサイゼリヤの経営理念を学び、サイゼリヤ100%活用術を教わった僕がサイゼリヤの究極の楽しみ方を本記事でご紹介したいと思います!

今までサイゼリヤと言ったら「ミラノ風ドリア」しか頼んでいなかったみなさん、是非ともその発想を改め、サイゼリヤを真に楽しむ方法をマスターしてみてください!

では、まずはサイゼリヤの理念について軽くお話ししてから、実際に僕がサイゼリヤで撮影した画像を元にしながら「サイゼリヤ究極の楽しみ方」をお話ししていきたいと思います。

 

スポンサーリンク



サイゼリヤについて理解しておくべきこと

サイゼリヤの経営理念(日々の価値ある食事の提案と挑戦)

皆さんはサイゼリヤがどのような思いで店舗を経営しているかご存知でしょうか?

サイゼリヤの目指すところはズバリ

「美味しさ」「リーズナブル」への挑戦

です。公式HPには、このような記載があります。

サイゼリヤは日常の暮らしの中で繰り返し来店いただける「リーズナブルな価格」と、お客様に喜んでいただける「おいしさ」という一見矛盾する難題に対し、真っ向から取り組んでいます。体によい「素材を活かした」「健康的で」「安全な」料理の提供に向けて、開発~加工~提供まで一貫して責任を持って取り組み、お客様に「この品質でこの価格?!」と喜んでいただけるよう、全社一丸となって商品価値の向上に取り組んでまいります。

サイゼリヤの目標がよくわかりますよね。

サイゼリヤは料理をしないレストランとしても有名ですが、どの店舗でも味が全く変わりません。

どの店舗でも全く値段を変えずに、同じ味を提供する。

簡単なようで難しい、これを実現できるのがサイゼリヤなのです。

では、これを踏まえてサイゼリヤの究極の楽しみ方をご紹介していきたいと思います。

単品で頼むな!複数の料理を組み合わせろ!

サイゼリヤはイタリアンレストランですが、複数の料理の組み合わせを楽しんで欲しい。という思いがあります。

色々な料理を注文して、それらを組み合わせることで自分なりの味を作り出して欲しい、そういう思いがあってサイゼリヤは全品低価格でほどほどの量の料理を提供しているのです。

例えば有名なので言えば、

ミラノ風ドリア+半熟卵
フォッカチオ+アイスクリーム
ペペロンチーノ+エスカルゴ
フレッシュチーズとトマトのサラダ+ミラノサラミ

などがあります。

組み合わせは無限大ですので例を挙げればきりがありません。

サイゼリヤでは決して単品を頼んではいけません。
複数の料理を頼んで、その組み合わせを楽しむのです。

野菜へのこだわり

サイゼリヤの野菜って美味しいですよね。

なぜ美味しいのか?そこにもサイゼリヤの企業努力があります。

サイゼリヤの野菜へのこだわりについては公式HPに記載がありますので、引用しますね。

野菜は収穫した後も生き続けています。収穫後、時間経過と共に、自分の体に蓄えた栄養分(おいしさ)を消費してしまい、おいしさが失われていきます。収穫した野菜を、休眠状態になるように保管すると、野菜の活動が止まり、おいしさを野菜の中に閉じ込めることができます。その性質を利用したのが、コールドチェーンシステムです。 レタスを初めとする葉野菜の休眠温度は4℃前後収穫してすぐに4℃前後で冷やし、そのまま加工→お店へ。サイゼリヤではお店に届くまですべての工程が4℃に保たれ、採りたてのおいしさをお客様にお届けしています。

いかがでしょうか?

サイゼリヤは野菜の配送において、コールドチェーンシステムという独自システムを導入しています。

これがサイゼリヤの野菜の美味しさの秘密。

野菜の美味しさを最大限まで引き出すべく、出荷からお店に届くまで野菜の最適温度をキープし続けているのです!

収穫してすぐに最適温度で野菜を冷やし、そのままトラックの中も最適温度を保ち、お店でも最適温度で冷蔵庫へ野菜を格納し、そして最適温度のままお客様に野菜を提供します。

こう考えると、僕らはサイゼリヤでは野菜を最も美味しい状態で食べていることになるのです。

これこそがサイゼリヤの野菜が美味しい秘密なのですね。

 

では、次はそんなサイゼリヤの野菜の美味しさが最も際立つ料理を紹介しつつ、僕オススメのサイゼリヤの究極の食べ方を紹介していきたいと思います!

 

サイゼリヤの究極の楽しみ方

日本一美味しい青豆サラダ

サイゼリヤはイタリアンレストランです。決してミラノ風ドリア単品だけ頼むような愚行を行ってはいけません。

まずは前菜を頼みましょう。

僕のオススメ前菜は、ズバリサイゼリヤで最も美味しい料理といっても過言ではありません。「青豆サラダ」です。

 

 

こちらが青豆サラダ。

まあ写真だけ見てもあんまり美味しそうには見えないかもしれません。

この「青豆」ってのはグリーンピースのことなんですが、サイゼリヤのグリーンピース、多分日本で一番美味しいです。

「それは言い過ぎだろw」

と思った皆さん、子供の頃、グリーンピースご飯のグリーンピースだけを残していた記憶はございませんか?

かくいう僕もそうでした。

「グリーンピースは青臭くてパサパサ、美味しくないものだ。」

こんな固定観念があると思います。

しかし、それはグリーンピースの本当の美味しさを引き出せていないからです。

野菜には最適温度があると先ほど申し上げました。御多分に洩れずグリーンピースにも最適温度というものがあります。

グリーンピースを最も美味しくいただける温度というものが存在し、サイゼリヤはその温度でグリーンピースを保存させることに成功しているのです。

ホント?と思う方は一度サイゼリヤの青豆サラダを注文してみてください。198円なんで大して値も貼りません。

グリーンピースが嫌いな人でもサイゼリヤの青豆サラダならば美味しく食べられる、それがサイゼリヤの青豆サラダなのです!

 

さて、普通に食べても美味しい青豆サラダ、さらに美味しく食べられる方法があります。

今回は特別にそれを公開しましょう!

それは、青豆サラダ+ペコリーノチーズ+オリーブオイルの組み合わせです!

 

 

こちらの3点セット。

オリーブオイルは無料、ペコリーノチーズは69円になります。
69円が惜しい場合は無料で使える粉チーズでも構いませんが、ペコリーノチーズの方が圧倒的に美味しいです。

これをどうするかというと、

青豆サラダにペコリーノチーズをぶちまける!!!

 

 

その上からオリーブオイルをぶちまける!!

 

 

そして混ぜる!混ぜる!混ぜるうううううう!!!! 

 

 

これで完成です。

半熟卵、ペコリーノチーズ、オリーブオイルの三種の神器が絶妙なバランスで混ざり合い、美味しさの化学反応が引き起こります。

そこに究極のグリーンピースとベーコンの塩味が加わればまさに鬼に金棒。

 

250円ちょっととは思えぬ贅沢がそこには広がっています。

 

ああ…生きててよかった….

 

こんなに美味しい前菜がこの世にあっただろうか?いや、ない。

 

何だろうこの美味しさは。

 

革命的な味だ。これはもう食べてみないとわからない。

 

さあ、前菜を楽しんだら、お次は主食に行ってみましょう!

 

究極のスープパスタ

あれ?サイゼリヤにスープパスタなんてメニューあったっけ?

と思ったみなさん、自分で編み出すんですよ。

ちなみに何にでも合うパスタは、ペペロンチーノです。

有名なのだと、ペペロンチーノとエスカルゴを注文して、それを混ぜ混ぜして食べるエスカルゴペペロンチーノというものがあります。

これはこれで美味しいですが、僕が好きなのはスープパスタ。

昔はオニオンスープがあったのですが、今はもうなくなってしまったのでミネストローネを注文しましょう。

ペペロンチーノ(299円)+ミネストローネ(299円)の合計600円で食べられる、究極のスープパスタです!

 

 

作り方は簡単。

ミネストローネとペペロンチーノを注文します。

あとはミネストローネにペペロンチーノを投入するだけ。

 

 

ぐちゃっと混ぜて、そのまま食す!!!!!

 

うまい!!!!!

 

ペペロンチーノのニンニクと唐辛子と、ミネストローネのトマトの甘さが混ざり合った絶妙なハーモニー!

 

美味い、美味い、うますぎるぞ….

 

こんな美味しい料理を低価格で楽しめるサイゼリヤ、犯罪的だ。

 

さて、今回僕が注文した料理を振り返ってみましょう。

・青豆サラダ198円
・ペコリーノチーズ69円
・ペペロンチーノ299円
・ミネストローネスープ299円

合計865円

 

安い、安すぎる….

前菜にスープに主食までつけて1000円を切るこの安さ。悪魔的だ。

そしてこの美味しさ。

まさに庶民のためのカフェレストラン、サイゼリヤ、コスパ最強でしょう。

 

まとめ

後半はちょっとはっちゃけてしまいましたが、サイゼリヤの素晴らしさをみなさん理解していただけたでしょうか?

復習しますが、サイゼリヤは組み合わせを楽しむレストランです。

いろんな料理を注文して、それらを組み合わせて、自分オリジナルのサイゼリヤ料理を作っちゃいましょう!

そして、オススメのサイゼ飯があったら僕に教えてくださいw
速攻で試しますw

 

ではでは、「サイゼリヤの究極の楽しみ方」でした!

 

スポンサーリンク



 

関連記事

会社員から無職になる時の役所手続きを説明するよ

会社を1年で辞めた僕が第二新卒専門転職エージェントを徹底的に利用してみた

会社を1年で辞めた僕が大手転職エージェントを徹底的に利用してみた

大手企業から大手企業への転職を成功させた財務経理マンの転職体験談

自分の会社が倒産?会社の余命を見極める4つのポイント教えます

転職市場にて自分の市場価値を知る方法とは?

外資系メーカーから日系コンサルへの転職体験記

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*