週4日勤務で正社員の仕事を勝ち取った方法と実体験談。20代なら未経験だろうがIT/Web業界に転職すべき!

週4正社員。

近年、働き方改革が叫ばれる中、週に4日だけ勤務する週4正社員という新たな働き方が登場しています。そして、かくいう僕も現在、20代後半で4回の転職を経て、週4正社員の待遇を獲得しました。

週4正社員についてはこちらの記事(週4日勤務の正社員を3ヶ月体験してわかった週4勤務のメリット)にも書いておりますが、控え目に言っても最高です。

事実、僕と同様に多くのサラリーマンの方が週4正社員での勤務を実現させ、その効用についてTwitterで述べております。

 

 

 

週4正社員の実態については上記の有識者の方々のツイートが全てだと思うので他に特に書くことはないのですが、本記事を読んでおられる方の気になるところは恐らく、

 

「そんな会社どこにあるんだよ!!!!」

 

ということだと思います。

ということで本日は、僕が3回にも及ぶ転職活動を経て、週4勤務の会社を見つけることができた方法、その体験談について記事を書いてみたいと思います。

 

ただのしがないサラリーマンから、転職活動を経て週4正社員の座を勝ち取った人の体験談って少ないと思うので、ご参考にしていただければ幸いです。

では、下記、見ていきたいと思います。

 

「週4日勤務」と検索しただけでは大した求人はないことを理解しておく

まず始めに、そもそも週4勤務を推奨している企業なんてこの世に少ないし、「週4正社員」というGoogleの検索結果で出てくる求人の大半は大して割の良くない仕事だということを理解しておく必要があります。

 

さて、先ほど僕は実際に「週4 正社員」というワードで検索してみました。

 

 

確かに検索結果は大量に出てくるのですが、検索結果を見てみると…

 

「週4正社員!通販での電話対応」

「週休3日!21時閉店までの惣菜販売!」

「データ入力、伝票整理等やっていただきます。キーボード入力ができればOKです。」

 

などと、まあ言い方は悪いですがアルバイトと変わらなさそうな、あまり人気のなさそうな求人が出てきます。

 

「これなら週5勤務の今勤めている会社の仕事の方が良いや…」と僕なら感じますね。いや、それは価値観によるものなので上記のような仕事が良いのなら良いんですが。

 

何のスキルも持たず、真っ当にGoogleや転職サイト経由での検索のみで見つけようとすると、週4正社員といえど上記のような仕事ばっかり引っかかってしまうのが現実です。

 

事実、銀歯さんというYouTuberの方は、こちらの動画(週4日勤務、定時帰り、年収300万円の仕事に憧れて)内にて、

 

「週4勤務、定時帰り、年収300万円の仕事なんてねーよww どこにあるんだよww」

 

と主張しておられました。

 

いやあ、普通に探しても週4勤務の良求人は見つからないんですよねえ…

実際、僕のかつて勤めていた会社でも、正社員であれば週4勤務はおろか副業も禁止でしたからねえ…

 

ですので、待遇の良い週4正社員の仕事を探すには、ある程度業界、業種を限定して、利用する転職サイトやエージェントもそれに合わせて活用する必要があります。

 

ってことで以下、具体的に僕が実践した方法を説明していきたいと思います。

 

週4正社員で給料そこそこ、リモートワーク可能で待遇の良い仕事を探すなら、IT/Web業界に特化して転職活動をすべき

さて、ズバリ核心をお話ししますが、週4正社員として、柔軟に、リモートワークもアリとして働きたいならば、新進気鋭のIT/Web業界を中心に求人を探すべきです。

 

理由は簡単です。

 

僕自身が、Web業界に入社してからというものの自由で柔軟に週4正社員として働けているからです(笑)

 

まあ、もっと普遍的な言葉で言い換えるならば、古い価値観に縛られず、自由で柔軟な働き方ができるのがIT/Web業界だからです。

 

事実、Twitter等で週4勤務の情報を発信している社員の大半はIT/Web業界の社員です。

さらに言うと、副業推奨、新しい柔軟な働き方を掲げるサイボウズやメルカリ、LINEなどはどれもこれも新進気鋭のIT/Web系の企業ばかりです。

 

少し周りを見渡してみれば、IT/Web業界の社員がいかに柔軟で自由な働き方をしているかに気づくことでしょう。

 

それに、IT/Web業界は利益率が高いですから、社員に還元される給料もそれなりです。その上仕事内容も他の業界と比べれば革新的です。

そして、そもそもとしてIT/Web業界で培った知識とスキルはどの業界でも使えるノウハウだと思いますし、普通にGoogle検索をして出てくる求人よりも給料、待遇、仕事内容、どれを含めても申し分ないでしょう。

 

事実、今や地方銀行を離職し、IT/Web業界に転職する若者が後をたたないようですね…

 

 

こんなご時世ですから、IT/Web業界に転職して週4正社員の仕事を探すのが、時流に合った最も合理的な転職方法と言えると思うわけです。

そして、今やIT/Web業界は一手が足りない状態ですから、若手であれば未経験であっても転職は可能です。事実、僕は全くの未経験でしたがIT/Web業界に転職することができたんですから。

 

具体的に週4正社員勤務がOKなWeb/IT業界の求人を見つける方法

では、具体的に転職先をIT/Web業界に定めたとして、週4正社員勤務がOKな求人を見つける方法について書いていきます。

ちなみに僕はというと、IT/Web業界に特化した転職エージェントを活用して副業可、週4勤務の求人案件を紹介してもらいました。

ぶっちゃけ、「Web業界に行きたいのだったら転職エージェントなんて使わずとも実力でコネ作って転職しろ!!」とも思うのですが、まあ未経験ではなかなかそんなことができるわけありませんw Twitterでコネとか作れれば別ですが、それもまた難しいですしね。

 

凡人は普通に転職エージェントを使いましょうってことです。もちろん、僕も使っていました。

 

ってことで以下、週4勤務可能、副業可能な正社員の仕事に転職することができた僕の転職体験談を具体的に見ていきたいと思います。

 

IT/Web業界に特化した転職エージェントに相談する

餅は餅屋ということで、僕はIT/Web業界特化型の転職エージェントを活用して週4勤務、副業可能な会社に転職しました。

 

具体的にはワークポートさんに登録して、転職エージェントさんと面談で

 

「副業可!できれば週4勤務の仕事を紹介してください!」

 

と伝えておりました。

週4勤務という条件を絶対にすると求人がかなり絞られてしまうので、僕の場合は週4勤務を「できれば」という条件にしていましたが、今はもっと求人が増えているかもしれません。是非ともエージェントさんに相談してみてください。

 

また、転職活動の際、僕はこのブログを大々的に宣伝してWebマーケティングスキルやSEOライティングスキルをPRしておりました。

だからこそ転職を成功させることができたというのもあるかもしれないので、本記事を読んでおられる皆さんはブログでもYouTubeでもプログラミングスキルでも動画編集スキルでもなんでも構いませんので、とにかくIT/Web周りのPRできるスキルを身に付けることをオススメいたします。

 

もちろん、僕の会社にも未経験からの転職者は多いですし、未経験でも全然転職は可能とは思いますが、IT/Web周りのスキルがあった方が転職には有利だという事実はお忘れなく。

 

ちなみに、こちらの記事(ブラック企業を紹介する悪質な中小零細転職エージェントの実態)でも書きましたが、とにかくワークポートのエージェントさんには求職者への愛を感じます。IT/WEB業界特化型の転職エージェントでしたらワークポートさんはオススメです。

ご興味のある方、ご登録はこちらからどうぞ

 

求人を見つつ、直接企業に問い合わせる

あと、僕は転職エージェントには頼らず、ちまちまリクナビNEXTミイダスなどの転職サイトで自力で求人を見つけては直接企業に電話で問い合わせをしたりしていました。

 

ぶっちゃけ、転職エージェントは便利ですけど紹介してくれる求人は少ない上、希望通りの求人がくるとは限りません。

 

転職エージェント利用するに越したことはないですが、自分で求人を探すことは必要不可欠であると思います。

ですので、僕は大手転職サイトのリクナビNEXTミイダスで自力で良さそうな求人を見つけては電話やメールで「週4勤務可能か?副業可能か?」そんなことを尋ねたりしていました。

 

利用する求人サイトはなんでも良いと思いますが、選択肢は多いに越したことはないので大手を使えば良いと思います。強いていうならWeb/IT業界に特化している転職サイトの方が探しやすいかなという感じです。

 

面接の場で交渉する

あと、面接に辿り着いたら是非やって欲しいのがこちら。

 

面接の場で週4勤務を交渉するということです。

 

実を言うと、偉そうなこと言っていますが僕は面接の場で「週4勤務でお願いします!」というのを伝えました。

 

最初から「週4勤務で!」と言うとあれなので、まずは自分をPRして、面接官に自分の優秀さを理解してもらい、良い雰囲気になってきたら週4勤務の提案という感じですね。

待遇ってのは交渉次第でどうにでもなると思いますので、自分の希望を面接の場で交渉すべきだと思います。

 

面接テクニック等についても僕のブログで解説しておりますので、興味のある方は僕のブログをくまなく読んでみてください笑

 

まとめ。現状、週4勤務の仕事を見つけるには、IT/Web業界を中心に、自分でその道を確保するほかはない

ってことでまとめですが、結局のところ現状において週4勤務の仕事を見つけるには地道に探すほかはないと思います。

 

地道に探しつつ、自分の道は自分で切り開く、すなわち週4勤務の待遇は自分で勝ち取るべしということですね。

 

ワークポートなどの転職エージェントに頼るのも一手でしょうが、まだまだ副業可能、週4勤務の求人というのは少ないと思います。

だからこそ、自分で電話やメールをするとか、面接の場で週4正社員を希望するとか、そういった自助努力が求められてくると思います。

 

資本主義の世の中ですから、好待遇は自分の力で勝ち取るべきだと僕は思うのです。

 

ということで以上、「週4日勤務で正社員の仕事に転職した方法と実体験談」でした。

 

多くの方のご参考になれば幸いです。

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

  1. ぺっ より:

    今の会社では具体的にどんな業務をされているのでしょうか?私自身もIT業界に転職を考えているので参考にさせて頂きたいです。

    1. takopetty より:

      >ぺっさん
      コメントありがとうございます!僕はマーケティングの仕事をしています。ブログをPRして入社したので、それを活かしてという感じですね!

コメントを残す

*