週4日勤務の正社員を3ヶ月体験してわかった週4勤務のメリット

週4日勤務の正社員生活を続けて3ヶ月ほどが経過し、ある程度仕事にも慣れてきました。

ということで本日は、実際に週4勤務の正社員を続けて感じたこと、メリット、身体に起きた変化などを赤裸々に綴ってみたいと思います。

こういった感情は記憶が新鮮なうちに書き留めておきたいと思いましたので、どなたかの参考になれば幸いです。

 

まあ、結論としては

 

「週4勤務最高www」

 

ってことです。

最近ではマイクロソフトさんが実験的に週4勤務を導入したりしているようですが、確かに週4勤務を経験すると週5勤務には戻れなくなりますよ。

今まで週5勤務で毎日あくせく働いていたのがバカみたいだったなーと思います。

 

 

ちなみに僕の働き方としては、基本は毎週水曜を定休にしておりますが都合がある場合は事前に報告することで任意の曜日をお休みいただいおります。

詳細は下記ですね。

 

土日に加え毎週水曜日定休
年収自体は毎週週4勤務で年収300万円ちょっと
残業は基本ナシ
リモートワーク可
入出退勤は自由

 

こんな感じです。

ってことで以下、上記を踏まえつつ週4正社員勤務を3ヶ月体験しての実体験談を書いてみたいと思います。

 

2日働いただけですぐに休みがくる

僕は水曜日を定休にしているのですが、そうなると毎週2日働いただけで水曜日の休みが来ます。

これって非常に大きくて、すなわち毎週月曜日が木曜日に感じられるんですよ。

 

図にすると下記の感じですね。

 

土日月火木金土日

 

すなわち、月曜日が木曜日、火曜日が金曜日に感じられます。これは恐るべきことです。

 

日曜日が憂鬱ではない

2日働いただけで休みが来るということに共通していますが、日曜日が憂鬱ではなくなりました。

 

かつての僕だったら、日曜日の夕方18時ごろになると、「ああ、明日は会社に行きたくないなあ…」とサザエさん症候群に陥るのが通例でした。

 

ところが、水曜日が休みとなると話は別です。だって、木曜日から始まるようなもんなんですから。2日行ったら休みなわけです。

これは超メリットですし、日曜日もそこまで憂鬱になりません。だって2日行ったらもう休みがくるということがわかっているんですから。

 

副業をする時間がたっぷりある

さて、当たり前ですが週4勤務ということは毎週必ず週3日が休みなわけです。

そうなると、必然的に時間に余裕が生まれてきます。

 

なんせ、今まで土日にやらねばできなかったことを水曜日の休みにすることができるんですからね。

 

水曜日に病院に行っても良いし、水曜日に役所関係の手続きを済ませても良いし、このように水曜日にブログを書いたりして副業をすることだってできます。

いわば、副業を本業にすることだってできます。

 

このように自分の自由な時間を持てるというのが、週4勤務の最大のメリットであると思います。

 

「真の金持ちは時間を持っている」とはよく言ったものです。

僕は年収ベースで見たら年収300万円の貧乏会社員かもしれませんが、時間を持つことで有意義な人生を過ごしていきたいところです。

 

身体の調子が良くなり、日中眠くならない

これは僕だけかもしれませんが、週4勤務になってから日中眠くならなくなるような気がしましたね。

週5勤務の時は会社の労働に疲れ果て、日中は眠くなってよく居眠りをしていたようなものですが、今は週の合間の水曜日にたっぷり休息が取れるので、疲れにくくなったと思いますね。

 

月曜火曜と一生懸命労働したとしても水曜日に一気に休息が取れるので、「また木曜と金曜も労働を頑張ろう!!」という気になるんですよね。

 

今考えると、5日連続で会社の労働とかできたもんじゃないですよ…

毎日朝7時起きで5日間同じ場所に満員電車で通勤するとか、本当に正気の沙汰じゃないですわ。

週4勤務に慣れてしまうともう週5勤務の生活は疲れすぎるんでできませんねw

 

時間単位あたりの仕事効率が上がる

週4勤務は楽だというお話を上記で話してきましたが、この項目は真面目なお仕事の話。

 

割とガチで、週4勤務だと時間単位あたりの仕事能率が上がると思います。いや、これマジで。

 

なぜかというと、週4勤務になると短い労働時間で成果を出さなければならないし、短い時間で言われたタスクをこなさねばならないので必然的に効率よく仕事を進めようという気になるんですよね。

 

週5勤務で勤務時間もきっちり9時〜18時と決まっていた時は仕事がない時間も多く、やらなくても良い無駄な仕事を見つけて仕事のための仕事をしていた時なんかありましたよね。

それこそ、17時ごろに仕事が終わって、18時まで暇だからネットサーフィンでもしたりとか…週5勤務の時はそんな感じでしたよ。

 

ですが、週4勤務になるとそうはいきません。

ともかく、本来は週5でこなすべき労働量を週4でこなさねばならないわけですから、必然的に効率よく仕事を進めようという気になります。

 

週に4日しか労働時間がないので、その中でいかに仕事を終わらせるか、常にそう考えるようになるので、1日の仕事の密度が上がります。

したがって、時間も有効的に活用できるようになります。

 

週4勤務で仕事の能率が上がる、これは大きなメリットだと思います。

 

デメリットは、給料が安くなる程度

良いことばかり書いていてもあれなので、最後にデメリットを書きたいと思います。

 

ズバリ!週4勤務のデメリットは、週5勤務の人と比べて給料が安い点ですw

 

そりゃ労働時間が他の人より短いわけですから給料が安くなるのは当たり前の話でして、そこをいかに我慢できるか、また、そこをいかに副業でまかなえるかが勝負だと思います。

 

まあ、僕は今まで週5勤務で年収250万円で働いていたので、ぶっちゃけ週4勤務で年収300万円になった時点でとてつもなく給料が上がった気がしているので大満足なんですがw

 

それでも、年収300万円であろうと僕には時間があるので大満足です。

 

年収1000万円で時間のない生活よりも、僕は年収300万円でも時間のある生活の方を取ります。

ぶっちゃけ20代後半で年収300万円というのは社会的に見たらかなりの負け組に分類されるでしょうが、それでも僕は構いません。周りと比較しなきゃいい話ですから。

 

今の若い人の中でも年収低くてもいいから時間が欲しい、そんなことを考えている方も多いんじゃないですかね?

 

週4勤務というのはそういった方々に非常にマッチした働き方だと思います。金より時間が欲しいんですよ。

 

まとめ。週4勤務を勝ち取るためには

以上、「週4日勤務の正社員を3ヶ月体験してわかった5つのメリット」でした。

 

最後に、この記事を読んで、「週4勤務がいい!」と思われた方、是非とも週4勤務の会社へ転職してみることをオススメいたします。

週4勤務というのは新しい概念ですので、新進気鋭のWeb/IT業界あたりに行けば週4勤務を導入している会社も多いんじゃないかなと思います。

 

事実、僕も今週4勤務で働いている会社はWeb業界ですからねw

 

ちなみに僕は過去に短期離職を3回経験し、Web業界に就職したことも一度もない人間ですが、それでもWeb業界に転職することはできています。

 

僕が未経験で短期離職を3回しているにも関わらず、どのようにしてWeb業界に転職できたのか?その体験談と方法については是非ともこちらの記事(僕がWeb業界に未経験で転職を成功させた方法)をご覧いただければと思います。

 

ということで以上、「週4日勤務の正社員を3ヶ月体験してわかった5つのメリット」でした!

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*