会社を1ヶ月で辞めた4浪高卒男が社会に対して言いたいこと

浪人、それは人生のモラトリアム期間と言えるでしょう。

本日はそんな浪人を4度も経験した駆け出しYoutuberタロイモ君がブログ記事を寄稿してくれました!

僕は四大卒なのでわからないのですが、高卒、しかも4浪での就職活動、お仕事ってのはかなりきついようです。

実際、彼は4浪で大学に入学できずに高卒就職をしたのですが、1ヶ月で退職してしまい現在はアルバイト生活とYouTuber生活を送っています。

 

そびえ立つ第一志望、4浪の実態、高卒就職の実態、4浪生は社会に対して何を思うのか?見ていくことにしましょう!

以下、タロイモ君からの寄稿文になります!

 

自己紹介

まずは自己紹介させて頂こうと思います。

僕はタロイモ、4浪しました。

高校は偏差値61の進学校に通っていましたが、なんと入学後最初のテストで学年最下位を叩き出してしまい、それからはずっと学年の中で学力底辺。

そしてそのまま現役は京都橘大学等を受けましたが、結果は全落ち。

インターネット男子だった僕はその頃2ちゃんねるの学歴板をよく見るようになっていて、「早慶は1年、MARCHは3ヶ月」というワードを見て浪人することを決意しました。

このワードは2ちゃんねるの学歴板ではよく見かけるのですが、騙されてはいけません。

確かに毎日本気で勉強に全力注げた人ならそれぐらいで受かるかもしれません。

たがしかし、一番難しいのは勉強の内容ではなく、努力を継続することなのです。

僕は努力の継続が昔から苦手で、結局本気を出せないまま落ち続けました。

この4年間の勉強時間を平均すると、1日1時間ぐらいです。

しかし野心とプライドだけはとても強いので、その野心のおかげで4浪してしまいました。

 

俺は絶対いけるぞ!来年こそ…!

 

毎年そう思ってました。

そしてそれが4年間続きました。

昨年度は京都産業大学に落ち、追手門大学だけ受かりましたが蹴りました。

 

来年は同志社大学に合格するつもりです。

 

無理だったら5浪します。

ここまできたら後悔はありません。

2浪のときは凄く沈んで鬱モード、でも3浪目ぐらいから逆に開き直れた、そんな感じです。

4浪したからこそ僕は僕であり、タロイモなのです。

 

タロイモだからYouTuberになるのです。

 

もし後悔をやり直すことができたなら…

僕が現役合格したとして、彼女もいてリア充で、そしてさらにあらゆる後悔全てやり直せたとして…

そこに居る僕は僕ではないです。

“僕以外の優秀な誰か”です。

だから僕は今ここにいる僕を愛し続けたいと思います。

“僕以外の優秀な誰か”を妄想して愛することはやめました。

 

スポンサーリンク



4浪が経験してきたアルバイト

僕は1浪時から結構いろんなアルバイトをしてきました。

とりあえずやってきたアルバイトの中からオススメ度を発表しようと思います。

飲食店(回転率低め) ★5

飲食店は回転率が少なければ少ないほど楽です。

僕は個人経営っぽいカレー屋でバイトしてましたが、10時〜15時の間に客が10人超えない日もありました。

もうゆっくり野菜でも切っておけばいいだけです。
暇で退屈な人は厨房の小麦粉使ってうどんとかピザを作るのに挑戦してましたw

そこではバイト仲間と仲良くなれたし、すごく楽しくやらせて貰っていました。

ちなみにその店は僕が辞めたあと潰れちゃいました(アギャw

 

引っ越し屋 ★3.5

まず男性限定で、筋力が平均以上ない人は無理です。
業務を実行できません。

しかし筋力が平均以上ある場合、この仕事は“ゲーム性のある筋トレ”へと生まれ変わります。

しかも就業時間の半分ぐらいはトラックに乗って運転手とたまに喋るだけの移動時間です。時給も高いしおすすめ

 

カラオケ&レンタカー ★2.0

いわゆるジャパンレンタカーで働いてました。

客をカラオケボックスに入れる&カラオケボックスの清掃、帰ってきた車の洗車、が主な業務です。

割と暇な時間が多く、スマホいじったり休憩しまくれるので楽です。
しかし休日は客が多くて激務なため、オススメはしません。

 

ネットカフェ ★2.0

結構やること多いですが、そこまでしんどくないと思います。

1人友だちできました

 

荷物の積み降ろし ★1.0

言葉通りの仕事。単純作業筋トレ。
友だちはできないでしょう。

 

コンビニ ★0

1ヶ月で辞めたのでよくわかりませんが、覚えることがかなり多いですし、メモ帳必須。責任感もかなり必要なのであまりオススメはしません。

 

飲食店(回転率高め)★-1.0

松屋で働いてましたがめっちゃ忙しいです。

超高速連携プレイなので少しでもミスったらメンバー全員に迷惑が掛かります。

みんな焦ってるので、あまり質問ばかりしてると嫌われます。

 

 〜バイトで得た教訓〜

バイトで得た教訓は、“自分の頭で仕事を支配する”ということですね。

上司が喜ぶように動こうとすると、本来自分が持ってるパフォーマンスが発揮できなくなります。

自分の頭で考えて行動し、仕事を支配するように意識すると、自分が本来持ってるパフォーマンスが最大限に発揮されます。

仕事場にあるもの全部自分のものだと思うと良いです。
ここは僕の部屋だと思い込むのです。

物置く場所とか迷ったら自分が良さそうだと思う場所に置きましょう。
指摘されたらそのとき直せばいいのです。

 

そして一番大事なのは人間関係。
人間関係が上手くいかないとどんな仕事でもクソしんどくなります。

これに関しては“嫌われてもいいや”と思って行動することが大事です。

ご機嫌伺って行動してると、逆に薄っぺらい人間関係しか気付けません。そして何より自分が疲れます。

実際嫌われてもいいやスタイルでドシッと構えている人の方が好かれるんじゃないかと思います。

ケンカしてぶつかってまた仲直りしましょう。

 

4浪高卒の就職活動

僕は「3浪してダメだったら就職する」と親と約束を交わしていましたので就職しました。

就職すればあとは受験しようがYouTuberしようが、勝手にすればいいと言われました。

もちろん親はまた受験することや、YouTube活動をしていくことに可能性を感じていません。

それゆえの就職しろ、だったのです

結果として洗剤用品を扱う工場に勤めたのですが、しんどさと暑さと離職率の高さに撃沈し、1ヶ月で辞めてしまいました。

とはいえ就職するのは約束事なので、僕は守ります。

今は少しでも楽しい職場にありつけるよう、転職活動しています。

まあ同志社受かったら辞めますがw

 

YouTuberになったきっかけ

まずアーティストになりたかったというのがあります。

別にミュージシャンでも脚本家でもよかったのですが、今世間がYouTubeブームで素人でもできるコンテンツだったので始めました。

しかし1番の理由は違います。

中3のときにインターネットに「イモ祭り 1st」というコラボレーションビデオを公開して、そのときの反響が大きくて僕は震えてしまい、それがやみつきになってしまったのです。

だからこれからもインターネットに何かしら投稿し続けたい

そう思ったのでした。

 

タロイモの将来

4浪してしまったのは社会ではなく自分のせいだし、人生はロマンでありゲームだと思ってるので自分なりのロマンを描いていきたいです。

4浪も考えようによってはまたロマンかな?

4浪しながら転職活動もやって、YouTube活動も本気でやっていく。

それが今、僕のロマン。

叶う叶わないに関わらず、そこに向かって動いていく。

その過程こそがロマンだと思います。

願いよかなえ いつの日か そうなるように生きてゆけ。

 

まとめ

以上、タロイモ君から記事を寄稿していただきましたが、やはり4浪というと世間からの風当たりもきついみたいですね。

アルバイトのところに関しては本質を突いているなーと僕は思ったのですが、

 

「人間関係が上手くいかないとどんな仕事でもクソしんどくなります。」

 

っていうのはまさにそうでして、仕事をする上で人間関係は最も重要になってきます。

彼は偏差値61の高校に行けるくらいですから地頭はいいと思うので、YouTuberでも成功することを僕は祈っております。

 

最後に宣伝ですが、そんな彼のYouTubeアカウントはこちらになります。

 

ちなみに、はっきり言って面白くはないです。

が、僕は行動する人が大好きなのでタロイモ君のことは応援していこうと思います。

 

以上、4浪YouTuber、社会に物申す!でした。

 

スポンサーリンク



 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*