みなし残業制の会社の大半はブラックだ!入社には気をつけろ!

裁量労働制、みなし残業、見込み残業、固定残業….

色々と言い方はありますが、基本給や年俸の中に一定の残業代が含まれているとみなす制度のことを言います。


近年はこうしたみなし残業制度を導入する会社は増えてきておりまして、

 

基本給20万円!(見込み残業20時間込み)

基本給35万円!(見込み残業100時間込み)

 

このような記載をする企業は新卒、転職に関わらず非常に多いです。

 

ちなみに僕は転職を2回経験して3社を経験していますが、見込み残業制を導入せずしっかり残業代が支給される大企業、見込み残業制であり超過分はしっかり残業代が支給されるベンチャー企業、見込み残業制であるが超過分の残業代は一切支給されない企業の3社に在職した経験があります

そして、僕の経験則で言うとみなし残業制度を導入している企業は8割方ブラック企業であると言わざるを得ないので、本日はそんなお話をしたいと思います。

 

みなし残業の2つの種類

まずは興味あるかないかはわかりませんが、みなし残業の種類について説明したいと思います。

興味ない方は飛ばしてくださいw

 

みなし労働時間制によるみなし残業

こちらは端的に言うと実労働時間を把握することが難しい労働者、完全成果主義の労働者に対し、労使で合意した時間を1日の労働時間とする制度のことです。

 

…こう言ってもわからないと思うので具体例を挙げると、エンジニアやコンサルタント、研究者などがありますね。

例えば在宅エンジニアだったら家で何時間労働しているかなんて把握できないので、みなし労働時間を決めるわけです。コンサルタントや研究者も同じですね。具体的に何時間働いているか把握できない職種に対して、一律基本給はいくら!と固定して給与を支払うわけです。

 

定額残業制によるみなし残業

ブラック企業にありがちなのはこちら。

内勤、外勤に関わらず、基本給や年俸の中に一定の残業代が含まれているとみなす制度です。

例えば例を挙げるなら、

 

基本給20万円!(見込み残業20時間込み)

 

みたいな会社のパターンです。見た目の基本給は20万円ですが、残業20時間を含んでの基本給20万円ですので、実質の基本給は17万円くらいだと見なければなりません。

 

ちなみに、法律上は見込み残業を超えたケースでは使用者は労働者に超過分の残業代を支払わなければなりません。見込み残業20時間込みでの基本給であったならば、残業時間が20時間を超えたら必ず使用者は残業代を別途支給しなければなりません。

 

みなし残業を導入する企業の大半がブラックである理由

さて、ここからが本題になりますが、みなし残業を導入する企業の大半はブラック企業です。以下、その理由を見てみることにしましょう。

 

超過分の残業代が支払われないケースが非常に多い

さて、企業はなぜわざわざ見込み残業制を採用するのでしょうか?

いや、コンサルとかエンジニアだったらわかりますよ。実労働時間を把握できないんですから見込み残業制にするほかはないでしょう。

 

しかし、問題なのは内勤の総合職だろうとなんだろうと正社員は一律見込み残業込みの基本給にしている企業です。

 

コンサルやエンジニアなどの専門職ではない企業が労働者をみなし残業制で雇用することのメリットはなんでしょうか?

 

そうです。

 

使用者は従業員の人件費を計算しやすい(固定費を把握しやすい)のです。

 

残業代込みの給与を一律基本給で決めてしまえば、人件費を計算しやすいので事業が非常にやりやすいんですよね。

 

そして、そうした企業の経営者の大半は基本給に含まれているみなし残業時間を超えた分の残業代は支払いません。

そりゃそうですよね。

企業の経営者から見たみなし残業制度の旨味は社員の人件費を一律で把握できることなので、わざわざ超過分の残業代を支払うわけがないです。

 

 

このツイートのように、雇う側からしたらメリットしかないのがみなし残業制度なんですよね…

事実、みなし残業制の元、長時間労働を強いられ自殺に追い込まれた社員なども日本には大勢います。みな、みなし残業制の被害者なのです。

 

 

また、企業側からすると当たり前の話ですが人件費というのは出費総額の調節弁になります。

 

 

 

経営者側がみなし残業制度を採用する理由を考えれば、その会社がブラックである確率が高いということは自明なのです。

 

とはいえ、みなし残業制度でもきっちり残業代が出る企業は存在する

とはいえ、みなし残業制度でもきっちり残業代が出る企業は存在します。

事実、僕が2社目に勤めたベンチャー企業は20時間の固定残業が基本給に含まれておりましたが、20時間を超えた分の残業代はきっちりと支給されておりました。

固定残業制度を導入している企業の大半はブラック企業ですが、あくまでその確率が極めて高いというだけであって、中にはみなし残業時間を超えた分の残業代をきちんと支給してくれる企業もありますので、そこらへんはきちんとご理解いただければと思います。

 

求職者は見込み残業時間を超えた分の残業代がきちんと支払われるのかどうかを確認すべし

さて、なるべくなら固定残業制度を導入している企業には行かないほうがいいのがベストなのですが、中には希望の会社が固定残業制度を導入しているケースもあることでしょう。

 

そんな時は、人事部に確認すると同時に、その会社の社員に直接社員訪問をしたり、口コミサイトを見たりしてきちんと働いた分の残業代が支払われているかどうかを確認しておきましょう。

 

人事部にのみ確認すると嘘をつかれるケースもありますからね…

実際には超過分を支払うと言っておきながら、出勤簿の帰社時刻が強制的に18:00退社に書き換えられるなんて企業もあります。

 

そういったお話は直接社員訪問をしたり、口コミサイトを見なければわからないことですので人事のお話を信じることなく事前に必ず確認しておきましょう。

 

ちなみにですが、

 

「おれはお金なんてなくても成長さえできれば耐えられる!!」

 

なんてのたまう就活生がいたら、そんな気持ちは1ヶ月で消えますので肝に命じておきましょうw

仕事のモチベーションは、最低限の給与の支払いがないと維持できないものなのです。

 

 

まとめ

まとめとしてですが、結論としては就活でも転職でも見込み残業制の会社には行かないほうがいいよ、ってことです。

よほどその会社でやりたいことがない限り、真っ当な基本給で真っ当に残業代が支給される会社で働きましょう。

 

ではでは今日はこの辺で。

 

コメントを残す

*