会社を無断欠勤して辞めるヤツはクソだし人生損してる件

先日、僕の会社の新入社員が会社を辞めました。

驚くことなかれ、なんと、彼は会社を無断欠勤し、ラインで上司に一言「会社辞めます!」とだけ言い残してそのまま会社に来なくなったのです。

まあ辞めるのは別にいいと思うのですがその辞め方に僕は非常に違和感を覚えたので、本日は会社を無断欠勤して辞めるのは社会人としてクソであるし、人生においてなんのプラスも生まないという主張をしたいと思います。ついでに、辞める時の心構えについてのお話もしたいと思います。

 

あ、ちなみに僕は会社を既に2回辞めていますよww

もちろんちゃんと正式な手続きを踏んでいるので今でも前職の人たちとの繋がりはありますし、僕の人生において前職での経験は非常にプラスになっています。

これも、無断欠勤をして辞めるのではなくきちんと対面で辞める旨を伝えて、正式な手続きを踏んで辞めたからに他なりません。

 

ということで、まずは無断欠勤をすることがいかにクソで非常識であるかを見ていきましょう。

 

無断欠勤の非常識さ

「社会はそこまで厳しくない。」

「会社は意外と柔軟である。」

 

というのはこのブログで常々主張しているところではありますが、無断欠勤に関しては話が別です。

無断欠勤というのは社会では非常に悪質な行為だと考えられており、法律にも明確に規定が定められております。

 

具体的に言うと、無断欠勤は民法709条の不法行為にあたるとして場合によっては損害賠償を請求されることすらあり得るのです。

無断欠勤はマナー違反という問題ではなく、社会における労働契約の債務不履行にあたるため、法律的にみても反社会的行為なのです。

 

さらに、無断欠勤が2週間以上続いた場合は解雇予告除外認定もおりるので会社側は懲戒解雇をすることもできてしまいます。

 

それくらい悪質な行為が、無断欠勤なのです。

 

おそらく、多くの会社では就業規則たるものがあると思いますが、たいていは無断欠勤が5日以上続いた場合は解雇とか、そのような定めがあることでしょう。

 

実際、無断欠勤は極めて悪質な行為と社会では見られるので、絶対にやってはいけません。無断欠勤が解雇の正当な理由になりえます。

 

ていうか、常識的に考えりゃ分りますよね。

 

友達と遊ぶときにも、無断で休むことはないじゃないですか。

 

とはいえ、いくらそれがわかっている人でも会社で辛い目に合っていると物事の分別すら付かなくなってしまうので、ついつい無断欠勤して会社に来なくなってしまう場合ってあるんですよねえ…

 

実際、僕の友人でも急に会社をバックれて家に引きこもっているというやつもおりますからね。

 

労働とは怖いものです。

労働は、人を狂気にします。

 

とはいえ、そこまでの狂気に至ることは少ないもの。理性のあるうちは、必ず無断欠勤はしないようにしましょう。

 

辞めたいのであらば対面で正式にその旨を伝えるべし

それでも、「会社に行きたくない」「もう上司の顔も見たくない。」

 

そんな風に考える方もいらっしゃると思います。

 

事実、辞める時って理性が働いていないですからね…

僕も、無断欠勤をしてそのまま解雇されたらどんなに気持ちが楽なんだろうか。とそう思います。

 

確かに、楽なのは無断欠勤してそのまま会社に行かなくなることなんですよ。

それならば精神的負担もありませんし、退職までの気まずい期間もありません。

 

とはいえ、先ほども申し上げたようにそれは立派な反社会的行為。会社を辞めるには必ず連絡をしなければなりません。

辞めるときは必ず、直属の上司に、会議室を借りて、面と向かって、辞める旨を伝える必要があります。

 

辞める場合は会社の同僚よりも、先輩よりも、まず先に直属の上司にその旨を伝えましょう。

まだ1年目の場合は直属の上司よりも先に指導係の先輩に言うのが筋の場合もありますが、そこは会社ごと、部署ごとに判断して然るべき人に辞める旨を伝えましょう。

 

そのとき、ナイーブな話になるので必ず会議室を確保し、他の人に聞こえないように話しましょう。

 

しっかりと対面で正式に辞める旨を伝えるだけで、無断と比べたらだいぶ印象が変わりますからね。

それに、相手とやりとりをすることで新たな発見も生まれますし、場合によっては部署異動やアルバイトでの勤務など、改善案を提示してくれる場合もあります。

聞くはいっときの恥、聞かぬは一生の恥とも言いますが、言いにくくても面と向かって相手に伝えることで新たな人生が開ける場合もあるのです。

 

辞める理由が大したことがないとか自分勝手な場合はもしかすると怒鳴られるかもしれませんが、それはそれで良いじゃありませんか。若いうちは怒られてなんぼです。いい経験になりますよ。

 

辞める前にまずは相談すべし

さて、しっかり辞める旨を報告するというのも重要ですが、「辞めるかどうか迷っている」「会社に行くのが辛い」というのであれば、必ず上司にその旨を相談しましょう。

 

相談するだけでかなり変わるんですよ。

 

世の中の会社員って、僕が思うに何かあったら相談をするということを忘れている人がほとんどだと思うんですよね。

このブログでは常々主張していますが、会社というのは皆さんが思っている以上に柔軟です。

 

僕の知り合いで、「部署異動してくれなきゃ会社辞めます!」と言って見事部署異動を勝ち取った友人もいますからね。

なんでも相談してみるというのは重要です。相談してみることで状況は変わりますからね。

 

ブッチして会社に来ないのは人間関係を悪化させるだけ

まとめになりますが、本当に、無断欠勤をして急に会社に来なくなって辞めるというのは最低最悪なんですよ。

 

自分も気まずい思いをしますし、会社も嫌な思いをします。

百害あって一利なしです。どんなに会社との関係が悪かろうと、辞める時は恥を忍んで対面で言った方が絶対に良いです。ていうか、言うべきです。

 

逆に、会社を辞めることを対面で言うことのメリットは計り知れません。

会社と仲が良かったならその関係性を維持することができますし、仲が良くなかったとしても面と向かって話し合うことで新しい発見があるかもしれません。新たな人生が開けるかもしれません。

 

何より、ブッチして会社を辞めるよりもシコリが残りません。

 

皆さんも、後ろめたい思いで新たな人生を踏み出すのは嫌じゃないですか。

 

何度でも言いますが、聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥なんです。

 

冒頭でも言いましたが、会社を無断欠勤してラインで「会社辞めます!」と言った新入社員、同期にすら挨拶しませんでしたからね。

さらに、僕は心配してラインをしたのにラインをブロックされていたようで全く既読もつきませんでしたし…

要は、彼は会社との縁を一切断ち切ったんですよね。これはもったいないと言わざるを得ません。

 

 

人との繋がりというのは巡り巡ってくるのです。「会社の人たちともう一生関わらない!」と思っているなら別ですが、同じ地球にいる以上、今後どこかで関わることが出てくるかもしれません。

自分でビジネスするにしろ、どこか転職するにしろ、人脈と情報源をわざわざ自分からせばめる必要は全くないんです。

 

縁を切ったり情報を遮断するのは簡単ですが、縁を繋げて情報を新しく得るには多大な労力を要します。

無断欠勤して会社を辞めるのは簡単ですが、それ以上に多くのものを失うことになるのです。

 

会社を辞めたい…

明日からブッチしてそのまま会社を辞めてやる!

 

そう思うのは勝手ですが、その後のことを考えてみてください。

そうすれば、会社を辞めるべきか否か、会社を辞めたらどうなるのか、そんなことがわかってくると思いますよ。

 

会社を辞めたいのなら、在職中に転職準備をしておくべし

とはいえ、本気で会社を辞めたくなるということもあると思います。

そんなみなさん、本気で会社を辞めたいのなら会社を辞める前に転職準備をしておくべきです。

 

在職中に転職準備を進めておけば、いざ何かが起こって会社を辞めざるを得なくなった時に困ることなく次のキャリアを歩むことができます。

ということで以下、在職中の転職準備方法を書いてみたいと思います。

 

自分が興味を持つことのできる仕事を探す

まず第一にあなたがやるべきことは、自分に向いている仕事、興味のある仕事を見つけるということです。

会社を辞めたくなる原因の大半は、自分の仕事に興味が持てず、かつ向いていない仕事に就いているということです。

ということで、会社の仕事に興味がないあなたがまずやるべきことは自己分析です。そして、自分の向き不向きを知って、自分の興味のある仕事を見つけるということです。

 

で、「転職するにあたっての自己分析ってどうやるの?」「本当に自分興味のもてる会社ってどうやって探すの??」というお話については、例えばリクナビNEXTのグッドポイント診断あたりを受験してAIに適正を判断してもらうのなんかオススメですね。

AIの言うことを全て信じるというのはあれですが、自分の適性を客観的に判断してもらうというのは非常に重要です。

 

僕も転職活動のときはとりあえず診断してもらってました。これが、結構当たるんですよねw 質問に答えていくだけで、自分の「強み」がなんなのかをAIが診断してくれます。

ちなみにグッドポイント診断によると、僕の強みは「独創性」「柔軟性」「決断力」「受容力」「感受性」でした。例えば「独創性」のところだけ取り出してみると、こんなことが書かれていました。

 

「「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。

あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。

あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。

周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。

 

いやー、めっちゃ当たってますw

まさにタコペッティ解説書!

こうした強みを発揮できる企業にいけばいいわけですね。

 

まあ、僕は会社員そのものに向いていなかったので会社で強みなんて生かせておりませんが、客観的に自分の適職を知るというのは重要です。

「今の会社に向いていない!」「早く今の会社を辞めて転職したい!」と思う方は在職中に必ず診断を受けておきましょう。

受診は無料ですし、下記リンクからできますのでよかったらどうぞ。

 

リクナビNEXTのグッドポイント診断を今すぐ受けてみる!

 

 

転職エージェントを利用する

そして、在職中に転職を成功させるためにはみなさんにやってほしいことがもう一つあります。

 

それは、転職エージェントに相談するということです。

 

ただし、転職エージェントに登録する際には注意点があります。それは、必ず大手の転職エージェントに登録すること、必ず3社以上の転職エージェントに登録すること、の2点になります。

 

なぜ大手転職エージェントを使うべきかというと、小さいところだと闇雲に転職を勧められる可能性があるんですよね…

小さい転職エージェントはとにかく転職を成功させて利益を上げたいので、兎にも角にも転職を勧めてきます。そんな転職エージェントには相談してはいけません。

 

ということで、僕が信頼、オススメできる転職エージェントはリクルートエージェントマイナビジョブ20’sパソナキャリアになります。

 

全て業界最大手になりまして、僕も全て使っておりました。

これらの転職エージェントは闇雲に転職を勧めることもなく、親身になってあなたのキャリアについて考えてくれますので面倒くさがらずに全て登録しておきましょう。

リクルートなんかは僕の友人が使っていましたけど、「あと1年くらいは今の会社を続けた方が良いと思います。」とアドバイスされたらしいですからねw

 

余談はさておき、ちょっと各エージェントの特色について詳しく紹介しておきますね。

 

【リクルートエージェント】
リクルートエージェント

 

言わずと知れた大手転職エージェントのリクルートです。

まあ利用してみた感じ、求人紹介という面で見れば機械的すぎて正直微妙でしたが、王道ですので登録しておくに越したことはないと思います。

やはり業界トップを走っているだけあってアドバイザーの能力が極めて高く、選考対策資料も充実しているのがいいですね。求人紹介という面では確かに微妙でしたが、担当エージェントさんが優秀だったので僕もいろいろ相談させていただきました。

先ほどもちょっと言いましたが、リクルートキャリアは信用に重きを置いている会社ですので、場合によっては今の会社に残り続けることも提案してくれます。

僕の友人もリクルートエージェントに相談したら、「もう少し今の仕事を続けられた方がいいと思います」とアドバイスされましたからね。僕も彼は今の仕事をそのまま続けた方がいいと思っていたので、まさにリクルートエージェントは顧客との信頼を大事にするトップエージェント会社と言えるでしょう。

親身になってあなたのことを考えてくれると思います。

相談はこちらからどうぞ。

 

今すぐリクルートエージェントに相談してみる

 

まあ、人間関係が劣悪だったら今すぐ転職した方が良かったりするんですが…

 

【マイナビエージェント】

 

リクルートに追随し、今や広報力ではリクルート以上となったマイナビ。

僕が利用した感じだと、リクルートとは違って求人紹介を担当のエージェントさん自らやってくれるのでいい感じでした。

リクルートと並行してマイナビの人ともたくさん相談して、僕は選考も実際にここ経由でたくさん受けました。エージェントさんが自ら求人を選んでくれたおかげもあってか、選考は通りやすかった気がしましたw

希望の求人を見つけるって意味ではこっちの方がオススメですね。こちらもよければどうぞ。

 

今すぐマイナビエージェントを利用してみる

 

【パソナキャリア】

僕が一番好きだったのはここですかね。

リクルートのように求人紹介が適当というわけもなく、マイナビと同等に僕に合わせた求人を紹介してくれました。さらに、恐らくパソナキャリア内で求職者の情報が共有されているのでしょう。担当エージェントさん以外からも求人の紹介が送られてきました。

担当エージェントさん自身も僕に合った求人を選んでくれますが、僕の経歴を見た別のパソナのエージェントさんも求人をいろいろ紹介してくれるので、登録していて飽きませんでしたね〜

例えば営業経験が1年以上あるんだったら、その経験を活かせる職種を色々と紹介してくれると思います。別に営業職に限らず、その人の志向に合った意外な求人を紹介してくれたりします。

エージェントさんにもたくさん相談しました。今思えば迷惑かけたなあ…懐かしい思い出。

僕的にはパソナが一番オススメですので、複数登録するのはちょっと…って方もパソナには登録しておくといいと思います。会社の悩み事もたくさん相談できますよ。

 

今すぐパソナキャリアを利用してみる

 

 

あと、自分と同い年くらいの若いエージェントさんと相談したい!ってことだったらハタラクティブという転職エージェントサービスがオススメです。

 

【ハタラクティブ】

 

何がオススメかというとなんとここ、ラインで気軽にエージェントさんと相談ができてしまうんですよね。

若い会社ですので若い社員が多く、そのせいもあってかエージェントとの連絡でラインを利用しているそうです。

本当に気軽に相談してみたい!というのだったらこちらも利用してみるといいと思います。求人の質はさすがに前者3社より落ちますが、手軽に相談という意味ではこちらがオススメです。

 

ハタラクティブを今すぐ利用してみる

 

まとめ

以上、長々と見てきましたが、結論としては会社は絶対に無断欠勤してはいけません。

 

当たり前ですよね。当たり前なんですよ。結局は普通の結論に落ち着くんです。

 

そして、みなさんがやるべきことは無断欠勤をして会社との仲を悪化させることでも縁を断ち切ることでもありません。

あなたがやるべきことはただ一つ、在職中に転職準備をして、しっかり次の転職先を決めてから会社を正式に辞めるということです。

 

社会のルールに則って、厳しい社会を生き抜いていきましょう。

 

ではでは今日はこの辺で。

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*