会社を辞めた僕が思う会社員に向いていない人間の5つの特徴

会社に行くのが辛い…自分はサラリーマンに向いていないのではないか…

会社員で今後40年間、絶対にやっていける気がしない…早く辞めて楽になりたいけど辞めたら収入を得る手段がない…

こんな悩みを抱えている方も多いのではないかと思います。

 

事実、僕もそうなんです。

 

断言しますが、僕は絶対に会社員に向いていません。その証拠に僕は新卒で入社した大企業を1年も経たずに辞めていますし、やっと転職に成功したベンチャー企業もわずか3カ月という短期間で辞めています。さらには、お次に入社した営業会社すらわずか1年で辞めております。

短期間でこんなに会社を辞めるやつ、誰がどう見たって社会不適合者です。しかも僕は雪が降っただけで会社を休みますし、会社の利益のために周りと協力して働くなんて無理ですし、そもそも会社の飲み会もほとんど断っています。こんなやつが会社でやっていけるわけがありません。

 

しかし、世の中には意外と僕のような社会不適合者っているもんなんですよね。そして、彼らの考え方と行動特性は僕とすごく似ています。

 

ということで本日は、新卒わずか3年で会社を3回も辞め、現在4社目、そんな社会不適合者である僕が、会社員に向いていない人間の特徴を述べてみたいと思います。

 

同様に会社員向いていない…とお思いの皆さん、もし本気でそう思うのであれば、僕みたいに社会から逃げる方法を考えるのも手です。僕は社会にいるのは嫌なので、常に社会から逃げる方法を模索し、奮闘しているのです。

ということで、会社員に向いていない人間の特徴を見ていきましょう

 

組織への帰属意識を持てない

まず第一に決定的なのがこれ。

僕もそうですが、会社員に向いていない人って組織への帰属意識が薄いんですよ。

例えば僕は自分の所属している会社が成長しようが倒産しようがどうでもいいと思っています。サービス残業をして会社のために働くなんてもってのほかです。自分で起業した会社とか、同じ志を持った仲間たちと起業した会社だったら話はまた別ですが、基本的に僕は自分の身に返ってこない労働なんてやりたくないのです。

 

ところが多くの会社員はそうではないようでして、「会社の利益のために一丸となってがんばろう!」「みんなで力を合わせて頑張ろう!」という意識を本気でもっています。

自分の頑張りが自分のお金になる営業職ならまだわかりますが、自分の頑張りが給与に反映されるわけでもない職種の人って一体何にモチベーションを感じているのだろうなあ、といつも疑問に思います。しかしどうやら、世の多くの会社員は組織で一丸となって働くことにやりがいを感じているようです。

 

僕にはこれが理解できません。自分の利益にならない、自分の成長に繋がらないのに無駄な同調圧力を社員に押し付けてくるのは非常に不快に思います。

無論、労使関係的に会社から命令された業務は何があっても遂行しますが、全く共感できない会社の理念に賛同し、周囲と力を合わせて会社を成長させよう!なんて気はさらさらありません。

 

こう思ってしまうことが僕が社会不適合者であることの所以なんでしょうねえ…日本企業では周りと同調して仕事を進めることが求められますので、僕のように自分の利益を最優先させるエゴの強い人間は淘汰されてしまうのです。

 

不合理に耐えられない

社会、すなわち会社というのは不合理な世界です。

上の命令にはどんなに不合理であっても従わなければなりませんし、会社の方針が間違っていると感じていても、それは口には出さずに仕事をしなければなりません。

 

また、仕事にも数多くの不合理が存在します。

例えば大企業の仕事なんて無駄だらけですよ。

休暇申請を紙で記入してハンコを押して上司に提出して総務部がそれを手入力とか、会議をするのにリハーサルを行うとか、稟議書を紙に記入してハンコとか、何事もFAXで送信とか…

 

FAXってなんですか?アメリカでは博物館に置いてあるんですよw

 

留学生とお話をすると、日本があまりに古典的なアナログ文化なので驚かれますねえ。なんで先進国なのにまだ紙文化なの!!って。

 

稟議とか手書きのハンコ申請とか、わざわざ無駄を作ろうとしているんですか?

 

とはいえ、そういった無駄が好きな人間も少なからずいるようです。っていうか、入社して自分の会社しか知らなければそれが当たり前だと思ってしまうので、無駄すら感じないことも多いんですよね。そういう無駄が好きな人たちは会社員に向いているといえるでしょう。会社って社員の時間を奪う無駄だらけですから…

 

という訳で、ある意味で究極的な合理主義者こそ会社員に向いていないと言えます。

 

皆さんが会社に入社して、これ無駄だわ…不合理すぎて我慢できん!とか感じるようだったら、あなたは会社員に向いていないかもしれませんね。会社員に向いている人は、そもそも会社の不合理に気づかないか、不合理に気づいていてもそれを見過ごしていつしかその不合理に安住してしまう人ですから。

 

組織の無駄なしきたりが嫌いである

会社の不合理に通じますが、組織の無駄なしきたりが嫌いな人も会社員に向いていないでしょう。

例えば某日系大手メーカーでは新入社員が全裸で新人芸を行うしきたりがあるといいますからねえ…

それに関してはこちらの記事(裸の新人芸?日系大企業の古き悪しき因習の実態)で書いているのでご参照していただければいいのですが、こういった新人芸やら宴会、謎の会社のしきたりに耐えられない人も会社に向いていないでしょう。

 

今思えば、会社員に向いているかどうかは学生時代からわかるような気もしますね。例えば小学校や中学校にも無駄なしきたりは多かったと思います。それこそ小学校でいえば組体操とか、中学校で言えば謎の踊りとか、いろいろやらされましたよね?

 

ああいう学校の謎の文化にうまく適応できた人、リーダーシップを発揮してきた人は会社でうまくやっていけていますが、学校の謎文化に適応できず、冷めた目で見ていた人などは会社でうまくやっていけていない気がします。

これはあくまで僕の感覚論ですが、学校の無駄なしきたり、謎文化を疑問に思わず適応できてきたかどうかって会社でやっていけるかどうかに関係していると思うんですよね…

 

ホウレンソウを面倒に感じ、1人で行動してしまう

会社では必ず状況報告が求められます。

何か行動をするにも報告、行動中にも連絡、行動が終わった後にも報告することが求められます。何かアクションをするのに相談なしに行動したら詰められます。それが社会であり、会社なのです。

ホウレンソウをすることで自分が失敗をしても会社が責任を被ってくれるので恵まれているとも言えますが、そうは考えず、何事も自己責任!1人で仕事をしたい!と思う人もいるでしょう。

 

ホウレンソウを面倒に思い、1人で行動し、結果を出していきたい!そういう人たちは組織人に向いておらず、フリーランスや個人事業主になったら高いパフォーマンスを発揮できる可能性があるでしょう。

「命令されることが嫌いだ」という人にも通ずるところがあると思います。会社では基本的に上から降ってきた命令を全てこなさねばならないので、指図されて無意味な仕事を行わなければならない!と思うような人であれば会社員には向いていないでしょう。

 

自分の夢や理想がある

最後に、これは高尚なお話しになってしまいますが、自分の理想や夢がある人は、会社にその夢や理想を叶える環境がないのであらば会社にいる意味はないでしょう。

例えばデザイナーになりたくてデザイン会社で修業をするとかいうんだったら会社員でも耐えられると思うのですが、プログラマーになりたいのに営業マンやってても会社の理想と自分の理想が異なるので意味がないですよね。

 

会社は所詮会社の利益のみを追求するのです。

 

個人の理想や自己実現などは手伝ってくれないのです。

会社員としてノウハウを学んで修行するつもりでいる!というなら会社員でもいいですが、会社員でいるといずれはそれにも限界が来ると思います。そして、自分の理想や夢があるにも関わらずただ生活をするためという理由で会社員をやっている人も会社員には向いていないでしょう。

ちなみに僕の夢は「労働から卒業し、好きなことをして生きていくこと。」なのですが、この夢を持っていたからこそ「大手メーカーにいたのでは一生労働から卒業できないな」と思って会社を辞めました。

僕と同じようにやりたいこと、夢、理想とするものがあるのに生活費のために会社に通っている人が多いのではないでしょうか?

 

そういった人は間違いなく会社に行く意味はないですよ。辞めた僕が断言しておきますw

 

まとめ。会社員に向いていない人間がすべきこと

以上、これらに当てはまる人は僕が今まで見てきた限りでは確実に会社員に向いていないです。

あと、細かいことになるので書きませんでしたが、「朝起きられない」「満員電車に乗りたくない」こういう人たちも会社員に向いていない人たちであると思います。まあ、大多数の人はこの程度であれば目をつぶって我慢するわけですから、もしこれらの欲望を我慢しているという人がいたら社会不適合者予備軍かもしれませんねw

 

ただし、今まで僕が主張してきたような会社員に向いていない人たちが全員会社を嫌々一生続けなければならないかというとそうではありません。

 

今は良い時代でして、上記のような特徴が当てはまる人間でも生きていける会社は山ほど現れています。

 

例えば僕なんかは2019年には4回目の転職を経てWeb業界に転職しましたが、入出退勤時間自由、リモートワーク可、私服可、上司が部下に対しても敬語と素晴らしい環境です。

 

短期離職を3回もしている僕であっても、ストレスなく仕事をすることができています。

 

これはひとえに、自分に合わない居場所をさっさと辞めて自分に合った居場所に身を置くことができたからです。

 

Web業界は不合理を嫌いますから非常に合理的です。無駄なしきたりや不合理はほとんどありませんし、良い意味で人間関係が非常にドライです。

ですので僕のように古き良き老舗企業に合わない人間は、Web業界など合理的な業界への転職というのを是非とも一度検討してみると良いかもしれません。

 

え?「とはいえ会社を辞めることはできない…」ですって?

 

そんな方もご安心ください。今や良い時代でして、退職代行サービスなんてものもあるんです。

EXITというサービスがあるのですが、簡単に言うと退職を認めてくれない会社に対し、退職交渉と有給休暇交渉までを代行して行ってくれるサービスのことです。

これならば会社と揉める必要はないし、貴重な時間と体力を無駄にすることもありません。その上有給休暇まできっちりと獲得することができます。

 

退職を認めない上司、会社はこの世の中本当に多いですし、会社に行って退職交渉をするのは気まずいですから、退職交渉などを全てプロにお任せすることができるなんてありがたいですよねえ。

 

下記に公式ホームページのリンクを貼っておきますので、「なんとかして会社に行かないでそのまま会社を辞めてしまいたい…」なんてお悩みの方は是非とも下記リンクより詳細をご確認の上、利用してみてください。

 

退職代行EXITを今すぐ利用してみる!

 

相談は無料ですので、相談だけでもしてみるのはアリだと思いますよ。

 

会社を辞めたいなら、僕はWeb業界への転職をオススメします

さて、無事に不合理な会社を辞めることができたら、僕はWeb業界への転職をオススメします。

前述したように、僕は既に3回会社を辞めています。どの業界でも無駄なしきたりや不合理に耐えられませんでした。いわば、僕は日本特有の文化を持つ老舗日系企業に全く向いていませんでした。

 

しかし、こちらの記事(26歳未経験で営業マンからWeb業界に転職して驚いた5つのこと)にも書いたように、転職をしてWeb業界に居場所を変えることで僕はストレスフリーな環境で会社員の仕事を全うすることができています。

ですので、僕個人の意見としては、いわゆる日系企業に向いていない人はWeb業界など合理的な仕組みと文化を持つ業界に転職できれば会社の見方というのが変わるんでないかなあ?と思います。

 

あくまで僕の4度の転職経験を踏まえての意見なので強要はしませんが、興味を持った方はワークポートさんなどのWeb業界に強い転職エージェントに登録してWeb業界への転職を一度考えてみるのはアリでないかなあ?と思います。

 

また、Web業界に転職するにあたって「プログラミングなどのITスキルを身につけてから転職したい!!」と思うのであれば、GEEK JOBキャンプのようにITスキルを無料で教えてもらえ、その後の転職をサポートしてくれるサービスなんかもオススメです。

こちらは完全に第二新卒向けの転職サービスなんですが、無料でプログラミングなどのITスキルを教えてもらえ、そのスキルを元にIT業界・エンジニアへの転職先を紹介してもらえるというサービスです。

プログラミングスキルを身につけられる上に、サイバーエージェントやDMMなどの優良IT/Web企業への正社員転職斡旋を無料でしてもらえるということでかなりオススメのサービスです。

事実、GEEK JOBキャンプ経由で実に97.8%の社員が未経験からIT業界・エンジニアへの転職を成功させているようです。

受講体験も就職支援も全て無料ですので、Web/IT業界への転職を考えておられる方は是非ともこちらのページからお申し込みいただければと思います。

 

ちなみに、未経験でWeb業界へ転職する詳しい方法に関しましてはこちらの記事(短期離職を3回した僕が未経験でWeb業界に転職した方法)に詳しく記載しておりますのでこちらもご参考いただければ幸いです。

 

自分でスモールビジネスを営むのも良いかもしれません

また、これは完全に会社員として向いていない人への提言になりますが、僕みたいにネットビジネスで人と一切関わらずにお金を稼ぐというのもアリかもしれません。

 

例えば僕がやっていたのだと、クラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトで仕事を受注して小銭を稼ぐなんてやり方がありますね。

大きな仕事を何度もこなして信用を蓄積させていけば単価も高まるので、長い間こなしていればそれだけで生活できるくらい稼ぐこともできます。(ただ、買い叩かれるケースも多いのでずっとこれで稼ぐというのは辞めた方が良いとは思いますが、ネットビジネスへの取っ掛かりとしては良いと思います。)

 

また、プログラミングとかWebデザインが出来る人は単価の高い案件を獲得してフリーランスとして生きていくことだってできます。

Techacademyのようなオンラインプログラミングスクールも最近は充実していますし、こういったところでプログラミングを勉強して、フリーエンジニアとして活動するなんてのも悪くないかもしれませんね。自分の腕一本で生計を立てている感じがしていいじゃないですか!

 

このように、今やスモールビジネスを営んで会社に依存せずに食っていける環境が整っているんです。

 

僕みたいにブログで小銭を稼いでもいいですね。動画を撮るのが好きならYouTubeでもいいでしょう。

就職しないでも、このようなスモールビジネスを複数経営しながら生きるというのは大アリなのです。実際そういう人はたくさんいますしw

 

就職しないで生きるのも良いと思うよ

最後に、それでも本当に会社員が無理だと思う人は、完全に就職しないで生きるのも良いと思いますよ。

 

実際に一度も就職せずに生きている人だっているのです。

 

詳しくはこちらの記事(就職しないで生きるにはどうすればいいか?具体例を紹介する)にて書いているので、是非ともご覧いただければと思います。

 

就職しなければ生きていけない!!というのはある種の固定観念なのです。

僕も昔はわからなかったですが、就職しないで生きている人なんて今の時代ならたくさんいるんですよw

 

ってことで長々と書いてきましたが、会社に向いていない人も会社の外には自分に合った道があるかもしれません。是非ともいろいろチャレンジして、自分の道を探してみましょう。

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*