働きたくないから死ぬしかない?1ミリも働かずに生きる方法を解説します

本日は、何かしらの事情で本当に働きたくない、働けないという方へ向けて、1ミリも働かずに生きていく方法を解説したいと思います。

というのも、以前、こんな記事を見ました。

「働きたくないから死にたい」というはてな匿名ダイアリーの記事です。

この文章の中から、気になった部分を一部抜粋します。

 

「ブログやら投資やら会社に行かなくてもゆるく稼げる方法があるんだから働くのが嫌で死ぬなんてバカだ!」とか書いてるブログ系の人。

これが一番論外。

会社で働くより少ない労力で多く稼げる。

うん、わかった、魅力的だよ。

けど結局勤労をしているわけです。

それが嫌だって言ってんの!!!

そもそも人種が違うんだと思う。

この人たちはそれらに費やす労力を労力とみなさず楽しく無意識に頑張れた人か、労力だけど会社で働くよりマシだ、けど死にたいとはおもって思っていない人だ。

こっちは1mmも勤労に関わることをしたくないんだよ。さようなら。

 

なかなか胸にくる文章です。

これには非常に共感するところでして、事実、「働きたくない 死ぬしかない」などの検索キーワードでググると、多くのサイトでは以下のような解決策が提示されています。

 

・好きな仕事に転職をしよう!
・Webライターやブログで稼ごう!
・FXや投資で稼ごう!
・ウーバーイーツ配達員で稼ごう!

 

….などなどが多いですかね。

どれもこれも一見すると正しい解決策のように思えますが、「働きたくない」と考えている人に向かって、「好きな仕事に転職をしよう!」だの「ブログで稼ごう!」だの言っても、結局それは働くことを推奨しているに過ぎません。

 

転職にしろブログにしろ投資にしろ、そこで成功するまでの過程には必ず何かしらの勤労が発生します。

僕のように、運よくブログやYouTubeを楽しいと思え、それでお金を稼げるようになった人間は良いですが、そうでない人も大勢いらっしゃるわけです。

 

 

どちらかといえば、働かない方が楽しいし、疲れないし、健康的です。人間は働くために生まれてきたわけではないので、あらゆる面において働かない方が人間的だとも言えます。

ただ1点だけ、お金が稼げないという問題があるだけです。

 

ということで本日は、「1mmも働きたくない、勤労に関わることは一切したくない!」という方に向けて、働かないとお金が稼げないという問題を解決し、1mmも働かずに生きる方法をお伝えします。

 

とにかく寝ろ。エネルギーを使うな

1ミリも働かないで生きるための第一の方法、それは、余計なエネルギーは使わず、毎日寝ていよう!ということです。

 

ふざけてんのか?と思われるかもしれませんが、何もふざけていません。僕は至極真面目です。

 

現に、作家の森博嗣さんは「やりがいのある仕事という幻想」という本の中で、このように書いておられます。

 

ずっと寝ていたいのなら、仕事をしなくても生きられる

 

「お金を稼がなければならない」というのは、「お金を使って楽しいことをしたい、美味しいものを食べたい」という欲望があるからに過ぎません。

その欲望が「ずっと寝ていたい」という欲望であれば、そこには大してお金はかかりません。

図書館で借りた本を寝っ転がって読むだけで幸せなのであれば、家賃のかからない実家にでも居候して、質素倹約の生活を送れば良いだけの話です。わざわざ都会に出て働く必要もありません。

 

世俗の欲望を捨て去り、エネルギーを使わない生活を実現できれば、それだけで働かない生活は簡単に実現できてしまうのです。

 

最近の中国では「寝そべり族」という働かない若者が急増しているらしいですが、「寝そべり族」と中国の危機というフィナンシャルタイムズの記事によると、寝そべり族の1人、ジャン・シンミンさん(36)はソファに寝転んでギターを爪弾きながら中国語でこう歌っています。

 

「寝そべっているのはいいことだ、寝そべっているのは素晴らしい、寝そべるのは正しい、寝そべっていれば倒れることもない」

 

現代中国に生きる若者の価値観をうまく表現していると言えるでしょう。

毎日寝そべっていれば、余計なエネルギーを使わないので腹も減ることがないし、余計な金を使うこともありません。

 

人間は元来、衣食住さえ満ち足りていれば生きていけます。

衣食住だけであれば、実家でも彼女の家でも生活保護でもお寺でも田舎の空き家でも、金のかからない住まいに転がりこめばいくらでもタダ暮らしをすることができるでしょう。

ずっと寝ているのが暇なのであれば、図書館で本でも読めばそれは立派な娯楽です。いくらでも暇は潰せるでしょう。

 

「美味しいものを食べたい!」「ゲームをしたい!」「旅行に行きたい!」なんて欲望は、資本主義社会で無理やり作り出された欲望に過ぎないんです。

 

養ってもらえる環境でただひたすら寝そべりましょう。そうすれば、余計なエネルギーと金を使わないので働かないでも生きていけるし、健康にもなることでしょう。

 

それでもお金が欲しいなら、治験でもやれば良い

「毎日寝そべって本を読む生活なんてまっぴらだ!たまにはお金が欲しいし、たまには刺激が欲しい!毎月の家賃や固定資産税を払う金くらいは自分で稼ぎたい!」という方は、モルモットになって小銭を稼げば良いだけの話です。

現代人が働かずにお金を稼ぐ方法としての筆頭が「治験」です。

 

「治験」というと危ないイメージが強いかもしれませんが、最近の治験ってめっちゃ恵まれているんですよ。

 

治験のメリットを箇条書きするならば、

 

■一泊2万円以上もらえる
■健康的なタダ飯が食える
■仕事内容は、漫画やYoutubeを見てダラダラ過ごすだけ
■人間ドックレベルの健康チェックができる
■治験内容によっては、タダで海外旅行に行ける(最近はコロナの影響で少ない)

 

と、超高待遇です。

全く働きません。ただただ、寝そべっているだけでお金をもらえるという最強の仕事です。

 

「貧困脱出マニュアル」という面白い本があるのですが、こちらの本によると、2ヶ月間の治験で1万ドルをもらった人もいらっしゃるということです。下手な仕事よりよっぽど稼げてしまいますよねw

 

では、なぜこんなにも高待遇の「治験」がそこまで話題にならないかというと、みんな労働で時間がないからなんですよ。

少し例にもあげましたが、治験に参加するにはそれなりの時間が必要です。

1万ドルくらいの大金を稼ぐ治験であれば、それこそ2ヶ月間くらいは拘束されます。普通に働いていたら、日本では2ヶ月間もの長期休暇を取ることなんてできません。

 

ですが、毎日寝そべって本を読んで暮らしているだけの働かない寝そべり族であれば、いくらでも時間を捻出することが可能です。

時間があればあるほど、美味しい治験案件にありつくことができるのです。時間があるというのは、何にも増して重要なんですよ。

 

嘘だと思うのなら、論より証拠。是非とも日本最大の治験サイト「JCVN」をチェックしてみてください。

内容を詳しく見てもらえばわかるとは思いますが、金にもなるし健康にもなるしで一石三鳥なくらいです。

例えば。サイトにデカデカと載っている青汁モニターなんて魅力的ですよね。

 

 

青汁を飲んで健康的になってお金までもらえるなんて最高じゃないですかw

 

まあ、青汁モニターは1つの例でしかありません。とりあえず会員登録だけしておけば、美味しい稼げる治験情報が流れてくると思いますよ。

 

「働きたくないで他人の金で生きていきたい…!」という人にとってはぴったりの方法だと思いますし、これはレッキとした社会貢献です。

治験に参加する人がいるおかげで、企業は新商品の開発ができるのです。治験は社会貢献です。人の役に立っているという実感を得られるのも、治験のメリットと言えるでしょう。

 

まあ、詳しいことはこちらから確認できますので、気になる方は是非ともご自身でも調べてみてください。

 

あらゆる知人のツテと国の制度、そして仏門に頼れば、とりあえずは働かないでも当面は生きていける

ここまで記事を読んでもまだ納得されてないという方は、他人の金で生きていくという方法をひたすら模索しましょう。

 

親がまだご存命なのであれば、親に頼りましょう。実家に寄生しましょう。

親に頼れない何かしらの事情があるのであれば、親戚か彼女か配偶者に頼りましょう。ヒモになりましょう。

知人のツテが何もないのなら、国に頼りましょう。生活保護を受けましょう。

生活保護も嫌なら、お寺に行きましょう。仏門に頼りましょう。

 

どうです?世の中にはこれだけのセーフティネットがあるのです。

日本には、働かなくても生きていける環境と制度がしっかり整っているのです。

 

僕の友人にも、20代後半になっておばあちゃんの家でニートしている奴がいますよ。彼なんか毎日お昼頃に起きてきますから、羨ましいもんです。

ヒモの知り合いもいますね。彼はゲーマーなんですが、彼女さんは彼がゲームをしている姿が好きらしく、彼のために尽くしております。彼は毎日ゲームをして暮らしております。

生活保護の人なんかそこらへんにたくさんいますよね。いざとなったら、国に頼れば良いんです。

 

あとは、日本に住んでいるのであればお寺に頼るという選択肢を是非とも持っておきましょう。

そもそも、社会から見放されている人たちを助けるのがお寺本来の役割でもあります。

「駆け込み寺」という言葉がありますが、行き場を失った人々のよりどころとなる場所が日本のお寺なのです。

 

こちらはジョージ秋山先生の漫画「アシュラ」の一節です。

身寄りのない主人公アシュラはお坊さんの元へ駆け込むのですが、そこでは無償でご飯が振舞われます。

ちなみにこの漫画のその後の展開としては、アシュラはお坊さんの生き方に強く感銘を受け、仏門を志すこととなります。

こういう光景は今でこそ少なくなったかもしれませんが、今でも困った時はお寺に駆け込めばご飯くらいは恵んでくれると思います。

 

親族でも国でもない、日本最強のセーフティネットが、お寺なのです。

 

実際、僕も人生に悩んだ時は近くのお寺に行ってお坊さんの説法を聞いたりしますが、気持ちが晴れやかになりますよ。

 

とまあ、こんな感じで、日本という国は良いもんでして、頼れる場所が無数にあるのです。

 

働きたくない、働くのに向いていないという人間は、こういうセーフティネットを頼れば良いんですよ。

 

まとめ。働きたくないなら、働かなければ良い

以上!結論をまとめると。働きたくなければ、働かなければ良いんです。

なるべくエネルギーを使わず、寝そべって暮らす、実はこれが人生のリスクを最大限に抑える方法だったりします。

 

 

こんなツイートもしてしまいましたが、世の中の人間はギャンブルなりFXなり不動産投資なり、やらなくても良い余計なことをして不幸になってしまうケースが多いです。

働かなくても良いのに、働かなくても生きていけるのに、わざわざ過酷な環境で働いて過労死してしまうケースも同じです。

 

「働きたくなかったら働かなければ良いし、やりたくないことはやらなきゃ良い」

 

これを意識するだけで、十分に楽しく生きていけるはずですよ

 

なんせ、今まで見てきたように、日本は働かなくても生きていける環境が十二分に整っているのですから….

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*