働きたくないから死ぬしかない?1ミリも働かずに生きる方法を解説します

本日は、何かしらの事情で本当に働きたくない、働けないという方へ向けて、1ミリも働かずに生きていく方法を解説したいと思います。

というのも、以前、こんな記事を見ました。

「働きたくないから死にたい」というはてな匿名ダイアリーの記事です。

この文章の中から、気になった部分を一部抜粋します。

 

「ブログやら投資やら会社に行かなくてもゆるく稼げる方法があるんだから働くのが嫌で死ぬなんてバカだ!」とか書いてるブログ系の人。

これが一番論外。

会社で働くより少ない労力で多く稼げる。

うん、わかった、魅力的だよ。

けど結局勤労をしているわけです。

それが嫌だって言ってんの!!!

そもそも人種が違うんだと思う。

この人たちはそれらに費やす労力を労力とみなさず楽しく無意識に頑張れた人か、労力だけど会社で働くよりマシだ、けど死にたいとはおもって思っていない人だ。

こっちは1mmも勤労に関わることをしたくないんだよ。さようなら。

 

なかなか胸にくる文章です。

これには非常に共感するところでして、事実、「働きたくない 死ぬしかない」などの検索キーワードでググると、多くのサイトでは以下のような解決策が提示されています。

 

・好きな仕事に転職をしよう!
・Webライターやブログで稼ごう!
・FXや投資で稼ごう!
・ウーバーイーツ配達員で稼ごう!

 

….などなどが多いですかね。

どれもこれも一見すると正しい解決策のように思えますが、「働きたくない」と考えている人に向かって、「好きな仕事に転職をしよう!」だの「ブログで稼ごう!」だの言っても、結局それは働くことを推奨しているに過ぎません。

 

転職にしろブログにしろ投資にしろ、そこで成功するまでの過程には必ず何かしらの勤労が発生します。

僕のように、運よくブログやYouTubeを楽しいと思え、それでお金を稼げるようになった人間は良いですが、そうでない人も大勢いらっしゃるわけです。

 

 

どちらかといえば、働かない方が楽しいし、疲れないし、健康的です。人間は働くために生まれてきたわけではないので、あらゆる面において働かない方が人間的だとも言えます。

ただ1点だけ、お金が稼げないという問題があるだけです。

 

ということで本日は、「1mmも働きたくない、勤労に関わることは一切したくない!」という方に向けて、働かないとお金が稼げないという問題を解決し、1mmも働かずに生きる方法をお伝えします。

とにかく寝ろ。エネルギーを使うな

1ミリも働かないで生きるための第一の方法、それは、余計なエネルギーは使わず、毎日寝ていよう!ということです。

 

ふざけてんのか?と思われるかもしれませんが、何もふざけていません。僕は至極真面目です。

 

現に、作家の森博嗣さんは「やりがいのある仕事という幻想」という本の中で、このように書いておられます。

 

ずっと寝ていたいのなら、仕事をしなくても生きられる

 

「お金を稼がなければならない」というのは、「お金を使って楽しいことをしたい、美味しいものを食べたい」という欲望があるからに過ぎません。

その欲望が「ずっと寝ていたい」という欲望であれば、そこには大してお金はかかりません。

図書館で借りた本を寝っ転がって読むだけで幸せなのであれば、家賃のかからない実家にでも居候して、質素倹約の生活を送れば良いだけの話です。わざわざ都会に出て働く必要もありません。

 

世俗の欲望を捨て去り、エネルギーを使わない生活を実現できれば、それだけで働かない生活は簡単に実現できてしまうのです。

 

最近の中国では「寝そべり族」という働かない若者が急増しているらしいですが、「寝そべり族」と中国の危機というフィナンシャルタイムズの記事によると、寝そべり族の1人、ジャン・シンミンさん(36)はソファに寝転んでギターを爪弾きながら中国語でこう歌っています。

 

「寝そべっているのはいいことだ、寝そべっているのは素晴らしい、寝そべるのは正しい、寝そべっていれば倒れることもない」

 

現代中国に生きる若者の価値観をうまく表現していると言えるでしょう。

毎日寝そべっていれば、余計なエネルギーを使わないので腹も減ることがないし、余計な金を使うこともありません。

 

人間は元来、衣食住さえ満ち足りていれば生きていけます。

衣食住だけであれば、実家でも彼女の家でも生活保護でもお寺でも田舎の空き家でも、金のかからない住まいに転がりこめばいくらでもタダ暮らしをすることができるでしょう。

ずっと寝ているのが暇なのであれば、図書館で本でも読めばそれは立派な娯楽です。いくらでも暇は潰せるでしょう。

 

「美味しいものを食べたい!」「ゲームをしたい!」「旅行に行きたい!」なんて欲望は、資本主義社会で無理やり作り出された欲望に過ぎないんです。

 

養ってもらえる環境でただひたすら寝そべりましょう。そうすれば、余計なエネルギーと金を使わないので働かないでも生きていけるし、健康にもなることでしょう。

 

本当に働けないし、死ぬしかないと思うなら、すべての仕事を今すぐ辞めるべき

そんなわけで、ずっと寝そべっていれば別に働かなくても生きていけるわけです。

ですから、「働けないし死ぬしかない」と思うなら、一切合切の仕事を今すぐ辞めて、どこかで寝そべって毎日を過ごせば良いだけの話なんです。

「会社の仕事と自分の命、どっちが大事ですか?」って話です。こんなの、答えるまでもないでしょう。

 

三島由紀夫の小説に、「命売ります」という小説があります。

あらすじを簡単にお話しすると、自殺に失敗した主人公が「命売ります」という広告を出し、自分の命を捨て売りしてしまおうとする物語です。

しかし、「死にたい!」と思っていた主人公は結局のところ「生」への執着を捨てきれず、結局は生き抜くこととなるのです。

 

まあ、詳しくは小説を読んでいただければと思うのですが、結局人間というのは、いくら死にたいと思っていても、「生きたい!!」という生への執着は捨てることができないのです。

漫画「カイジ」でも、鉄骨渡りに挑戦するカイジは、一度は捨てたはずの命をレース途中から惜しむようになり、心の底から「生きたい!!」という声を叫ぶようになります。

 

本当に働けないし、死ぬしかないと思うなら、会社は今すぐ辞めるべき

 

「なんでもいい…ただ、生きたい…!生きたいっ…!!」

 

カイジの心の底からの悲痛な叫びは、心にくるものがありますよね。

生きていれさえすれば、ただただ寝ているだけでも世の中の役には立っています。

飯を食ってただウンコをするだけの毎日でも、消費という活動を通じて経済を動かしているので、世の中の役には立っているのです。

死んでしまえば、それすらも無くなってしまいます。

 

全ては、生きてさえいれば、生きてさえいれば、なんだって希望はあるのです。

 

本当に働けないし、死ぬしかないと思うなら、会社は今すぐ辞めるべき

 

この画像の通りです。

 

「でも死ななきゃ…生きてさえいれば…」

 

死んでしまったら、全ては終わりです。

 

生きてさえいれば、ただ寝そべっているだけでも世の中の役には立っていますし、お金が欲しいのならモニター試験でもやればすぐにお金を稼ぐことはできます。

 

ですので、本記事を読んでいらっしゃる皆さんは、働きたくないという理由だけで死ぬのは絶対にやめてください。

働きたくないなら、働かなきゃ良いだけの話なんです。

 

「会社を辞めたくても辞められない??」そんなのは悩むにも値しません。退職代行サービスでも使って今すぐ辞めてください。

オススメの退職代行サービスとしては、退職代行ガーディアンが最もオススメです。

ここは東京都に認証されている合同労働組合が運営している組織ですので、違法性なく安心・確実にライン1本で即座に会社を辞めることができます。

こうしたサービスを利用すれば、面倒な手続きなしに労することなく会社を辞めることができます。「会社を辞めたくても辞められない…」という方は、こちらのリンクから今すぐラインをしてみてください。

 

一歩足を踏み出して、会社を辞めることさえできれば、あとはもうこっちのもんです。

 

それでもお金が欲しいなら、「モニター試験」でもやれば良い

ただ、そうは言っても、

 

「毎日寝そべっているなんて無理だ!少しはお金が欲しい!」

 

という方もいることでしょう

そんな方は、「モニター試験」でもやりながら働かずにお金を稼げば良い話だと思います。

 

「モニター試験」とは、健康食品やサプリメントの効果を確認するために企業が実施するざまざまな検査のことです。

こうしたモニター試験に協力することで、お金をもらうことができるのです。

例えば、大手モニター試験総合サイトのemoni(イーモニ)を見てみると、次のようなモニター試験がありますね。

 

モニター試験

 

「サプリメントを飲むだけで謝礼5万円」

「スマートウォッチをつけるだけで謝礼4万円」

 

なかなか最高だと思いませんか?

もちろん、試験期間が5ヶ月とか2ヶ月とかありますが、その全期間を拘束されてしまうというわけではありません。

サプリメントを毎日同じ時間に飲むとか、2ヶ月間スマートウォッチをつけて生活するとか、その程度です。

タダで健康的な生活を送れるようになる上に、お金までもらえてしまうなんて一石二鳥じゃありませんか。

 

モニター試験のメリットを箇条書きするならば、

 

■1回で2万円以上もらえる案件がたくさん
■健康的な生活を送ることができる
■仕事内容は、普通の日常生活を送りながらサプリメントを飲んだりするだけ
■人間ドックレベルの健康チェックができる

 

と、超絶高待遇です。

 

ちなみに、モニター試験と混同されがちな「治験」は長期の入院と毎日の採血など、通常の生活を送りながらでは難しいものが多いです。

一方で、「モニター試験」は2週間で3回検査を受けるだけなど、日常生活を送りながら検査に協力することができます。

これが「治験」「モニター試験」の大きな違いですね。

時間を拘束されずにお金を稼げる分、働かずにお金を稼ぐのによりうってつけなのが「モニター試験」というわけです。

 

ってことで、「働きたくない!でも、お金は欲しい!」という方は是非とも大手モニター試験サイトのemoni(イーモニ)をチェックしてみてください。かなり割の良い案件がたくさんあると思いますよ。

会員登録をすれば、具体的なモニター試験案件を閲覧することができます。

とりあえず登録をしておいて、良さげな案件を見つけたら応募してサクッとお金を稼いでみると良いんじゃないかな?と思います。

無料会員登録はこちらのリンクからできますので、興味のある方はよかったらどうぞ!

 

あらゆる知人のツテと国の制度、そして仏門に頼れば、とりあえずは働かないでも当面は生きていける

さて、ここまで記事を読んで、「死にたくなるほど働きたくないなら、働かなきゃ良い」という理論はご理解いただけましたでしょうか?

ここまで記事を読んでもまだ納得されていないという方は、他人の金で生きていくという方法をひたすら模索しましょう。

 

親がまだご存命なのであれば、親に頼りましょう。実家に寄生しましょう。

親に頼れない何かしらの事情があるのであれば、親戚か彼女か配偶者に頼りましょう。ヒモになりましょう。

知人のツテが何もないのなら、国に頼りましょう。生活保護を受けましょう。

生活保護も嫌なら、お寺に行きましょう。仏門に頼りましょう。

 

どうです?世の中にはこれだけのセーフティネットがあるのです。

日本には、働かなくても生きていける環境と制度がしっかり整っているのです。

 

僕の友人にも、20代後半になっておばあちゃんの家でニートしている奴がいますよ。彼なんか毎日お昼頃に起きてきますから、羨ましいもんです。

ヒモの知り合いもいますね。彼はゲーマーなんですが、彼女さんは彼がゲームをしている姿が好きらしく、彼のために尽くしております。彼は毎日ゲームをして暮らしております。

生活保護の人なんかそこらへんにたくさんいますよね。いざとなったら、国に頼れば良いんです。

 

あとは、日本に住んでいるのであればお寺に頼るという選択肢を是非とも持っておきましょう。

そもそも、社会から見放されている人たちを助けるのがお寺本来の役割でもあります。

「駆け込み寺」という言葉がありますが、行き場を失った人々のよりどころとなる場所が日本のお寺なのです。

 

こちらはジョージ秋山先生の漫画「アシュラ」の一節です。

身寄りのない主人公アシュラはお坊さんの元へ駆け込むのですが、そこでは無償でご飯が振舞われます。

あらゆる知人のツテと国の制度、そして仏門に頼れば、とりあえずは働かないでも当面は生きていける

ちなみにこの漫画のその後の展開としては、アシュラはお坊さんの生き方に強く感銘を受け、仏門を志すこととなります。

こういう光景は今でこそ少なくなったかもしれませんが、今でも困った時はお寺に駆け込めばご飯くらいは恵んでくれると思います。

 

親族でも国でもない、日本最強のセーフティネットが、お寺なのです。

 

実際、僕も人生に悩んだ時は近くのお寺に行ってお坊さんの説法を聞いたりしますが、気持ちが晴れやかになりますよ。

 

とまあ、こんな感じで、日本という国は良いもんでして、頼れる場所が無数にあるのです。

 

働きたくない、働くのに向いていないという人間は、こういうセーフティネットを頼れば良いんですよ。

 

働きたくないなら、働かなければ良いだけの話なんです

ということで今までのお話をまとめると、働きたくなければ、働かなければ良いだけの話なんです。

世俗の欲望を全て捨て去り、なるべくエネルギーを使わず、寝そべって暮らす。実はこれが人生のリスクを最大限に抑える方法だったりします。

 

 

こんなツイートもしてしまいましたが、世の中の人間はギャンブルなりFXなり不動産投資なり、やらなくても良い余計なことをして不幸になってしまうケースが多いです。

働かなくても良いのに、働かなくても生きていけるのに、わざわざ過酷な環境で働いて過労死してしまうケースも同じです。

 

「働きたくなかったら働かなければ良いし、やりたくないことはやらなきゃ良い」

 

これを意識するだけで、十分に楽しく生きていけるはずですよ。

お金なんかなくなって、自分1人だけが生きるだけなら今の世の中どうとでもなるんです。世俗の欲望を捨て去り、毎日寝そべっているだけで幸せならば、お金なんか稼がなくて良いんです。

 

ちなみに僕自身は、Web業界に転職して、「働かない生活」を実現させることができました

ただ、そうはいっても世俗の欲望を捨て去ることができない方も中にはいらっしゃると思います。

 

「働きたくはないけど、生活に困らない程度の最低限のお金は欲しい!」

「流石に、毎日を寝そべって暮らすなんて無理だ!たまには美味いもんも食いたいし、人並みの生活はしたい…」

 

このような考えですね。

 

かくいう僕自身も、いざとなったら生活保護をもらえば良いし、仏門にでも入れば良いと心の中では思いながらも、流石にそこまでの極端な生活をすることはできませんでした。

 

ですので僕は、「どのような会社に所属すれば、働かないで生きていけるのか?」を研究すべく、転職を繰り返してきました。

その結果、僕が最終的に行き着いた働き方は、

 

完全リモートワークを実現させ、短時間労働で生きていく

 

という働き方です。

 

「なんやそれ?」と思われた方も多いと思います。

参考までに、僕の現在の働き方を箇条書きにすると、次のような感じです。

 

■いつ起きるのもいつ寝るのも自由
■いつ働いてもいつ休んでも、労働時間も完全自由
■読書三昧で趣味のブログとYouTubeを日々更新する生活
■仕事はあるものの、完全リモートワークなのでストレスは全く溜まらないし、いつやっても良い
■どこで働いてもどこに住んでも良い

 

と、会社の仕事を一応やってはいるものの、セミリタイアとなんら変わりのない毎日を送っています。

むしろ、ストレスを溜めず、好きな人と好きなことをして日々お金を稼いでいるので、全く仕事をしていないセミリタイア人よりも幸福で、健康的なくらいです。

 

このように、完全リモートワークの仕事を獲得し、短時間労働で生きていける働き方を実現さえすれば、そこまで働かずに生きていけるような働き方も可能になるわけです。

 

僕が普段から参考にしている本に、「週4時間だけ働く」という名著があります。(この本、超面白いので、よかったら是非読んでみてください)

タイトルからしてなかなか刺激的な本ですが、この本の肝は、完全リモートワークの仕事を獲得すれば、1日に1時間働くだけでOKという環境を作り出すことができる。

 

ということになります。

 

完全リモートワークOKの仕事ならば、いつどこで働いても自由ですし、面倒な上司と付き合う必要もありません。嫌なクライアントがいたら付き合わなければ良いだけの話です。

 

そんな仕事を見つけて、そうした仕事に就くことができれば、僕のようにストレスのない自由な働き方を送ることが可能になるというわけです。

 

とまあ、ここまでお話をすると、

 

「そんな仕事どこにあるんだよw」

 

という疑問を持たれる方も多いと思いますが、この疑問に対する回答は既に用意しております。

 

それはズバリ、Web」に関する仕事です。

 

例えば、僕は現在、企業のWebマーケターとして働いております。

「Webマーケティング」という仕事はPC1台で仕事が完結しますから、完全リモートワークOKの仕事です。

事実、僕はWebマーケティング会社に転職してからというものの、

 

①いつ働いても良いし、いつ休んでも良い
②どこに住んでも、どこで働いても良い

 

という、半セミリタイア状態の環境を手に入れることができました。

これはまさに、「週2日程度の労働で」「それなりのお金を手に入れられる」という理想の状態です。

 

また、Webマーケティングというスキルは汎用性が高いので、その気になれば独立して収入を青天井にあげることも可能になります。

そんな最高の職業が、Webマーケティングという仕事だと思うのです。

 

もちろん、Webマーケター以外でも、動画編集者やWebライターやWebコンサルタントなど、探せば他にもいくらでも自由に働ける職種が見つかると思います。

 

ただ、1つ言えるのは、これらの自由に働ける仕事は全て「Web関係の仕事」ということです。

 

Web業界の仕事は、働きたくない若者に残された最後のオアシスであると僕は思っています。

 

 

ついついこんなツイートをしてしまいましたが、WebマーケターにしろWebライターにしろ、Web関係の仕事は短時間労働をしたい人間にとっては最高の環境です。

 

「スキルがなければこんな働き方できないんじゃないの…?」と思われる方も多いかもしれませんが、Web業界の転職自体は未経験だろうがなんだろうが関係ありません。

僕も、働きたくないという思い一心で20代に短期離職を3回も繰り返してしまった社会不適合者ですが、未経験からWeb業界に転職することはできています。

 

未経験からWeb業界に転職するためのノウハウを詳細に書いた記事はこちらに貼っておきますので、興味のある方は是非ともご覧ください。

【決定版!】短期離職を3回も繰り返した僕が未経験でWeb業界に転職した方法

 

ということで、最後にまとめです。

 

「働きたくなければ、働かなければ良い。毎日寝そべっていれば、お金を稼がずに生きていくことができる。」

 

この価値観を肝に命じて、一度きりの人生、労働に縛られることなく楽しく生きていきましょう。

 

ではでは今日はこの辺で。

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*