マルチタスクができない高学歴サラリーマンのみなさんへ。マルチタスクなんてできなくて良い

「高学歴なのにマルチタスクができない…」

「自分は受験勉強も頑張ってきたし、偏差値の高い大学を出て一流企業に入社したはずなのに、なぜ同時並行の作業ができないのだろうか?」

こんなことでお悩みの方も多いと思います。 何を隠そう、僕もマルチタスクはできないんです。

 

僕は慶應の経済学部を卒業して日系の大企業に入社した、いわゆる世間一般で言われるエリートです。しかし、仕事で求められるマルチタスクが全くできず、新卒で入社した大企業をわずか10ヶ月で短期離職してしまいました

 

ちなみにマルチタスクってどんなものかと申しますと、

 

・電話をしながらメモを取る

・デスク上でご飯を食べながらパソコンの作業をする

・オンラインミーティングをしながらメールの返信をする

・会議を聞きながら、配られた資料に目を通す

 

….などなど細かいものを挙げればキリがありませんが、要は複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行することを言います。

 

さて、こうしたマルチタスクですが、世の中では「一流のサラリーマンであればできて当たり前のもの」なんて認識です。

事実、僕も大企業にいた頃は、仕事で常にマルチタスクが求められていました。

 

例えば、数あるマルチタスクの中で僕が最も苦手だったものは、電話応対でした。

 

はい、僕は電話応対が全くできませんでした。

 

電話応対って、マルチタスクの最たるものだと思うんですよね。

 

例えば典型的な社内取次の電話応対パターンを見てみましょうか。

テンプレは下記みたいな感じですね。

 

①受話器を取ってあいさつ
②相手の会社名と名前を確認
③取り次ぎの場合は相手の名前を復唱して確認
④指名者に取り次ぐ
⑤指名者不在の場合はその理由と戻る時間を伝える
⑥問い合わせの場合は内容に答える
⑦最後にあいさつをして電話を切る

 

 

どうです?

 

電話をしながらメモを取らなきゃならないし、取次相手の確認もしなきゃならないし、めちゃめちゃマルチタスクじゃないすか。

 

僕は新卒で老舗の大企業に入社したのですが、電話応対の仕事が入社半年くらい経っても全くできるようにならず、毎日のように上司に怒鳴られておりました。

で、あまりにもできないので入社半年ほど経った頃、僕は先輩に頼み込んで残業代も出ない中、就業後に居残りで電話応対のリハーサルまでやってもらっておりました。

 

しかし、現状はそれでも変わらず。いつまで経っても僕は電話応対ができないまま。

結局ずっと電話応対が嫌すぎて、そのまま大企業をドロップアウト。高学歴で一流企業に入社、社会の勝ち組になったはずなのに人生は一転、社会の負け組となりました…

 

.とまあ、僕の個人的なお話は置いておきまして、世の中にはその他にも様々なマルチタスクがありますし、社会はなぜかマルチタスクができることを強要してきます。

 

ですが、ハッキリ言います。

 

マルチタスクなんてできなくて良いんです。

 

だって、そもそも人間はマルチタスクができるような脳になっていないのですから…

ちなみに僕はマルチタスクが一切できず、新卒で入社した大企業を含めて計3回の短期離職を繰り返していますが、マルチタスクをやらなくて良い仕事に就いてから人生は一気に楽になりました。

 

高学歴で一流企業に入社し、エリートサラリーマンを目指す人間ほどマルチタスクを強要され、マルチタスクができないことで落ち込むことが多いと思うのですが、そんなことで落ち込む必要なんて全くないんです。だって、マルチタスクなんてそもそもやらなくて良いものなんですから。

 

ということで本日は、マルチタスクなんてできなくていい理由を解説しつつ、マルチタスクができない人間はどのように生きていけば良いのか??

そんなお話をしたいと思います。

 

「マルチタスクができない…」と思い悩んでいる皆さんは是非とも最後までご覧ください!

 

マルチタスクなんてできなくて良い理由

まずは、マルチタスクができなくて良い理由を1冊の本を引用してお話しします。

その1冊の本とは、シングルタスクという本です。

 

 

こちら、僕の人生を変えた本でもありますので、興味のある方は是非とも購入して読んでみてください。購入はこちらのリンクからできます。

 

さて、この本の中に登場する、スタンフォード大学の神経学者エヤルオフィル博士は、マルチタスクについて以下のように言っています。

 

「脳の構造上、人間はマルチタスクなどできない。タスクからタスクへと素早く切り替えているだけである」

 

わかりやすく言えば、脳は1度に2つ以上のことに集中できない構造になっているということです。

マルチタスクをやっている時は確かに仕事をしているつもりになりがちですが、注意をあちこちに向けているので仕事の効率は落ちているのです。

 

そして、一般的にマルチタスクと呼ばれているものも、正確にはタスクスイッチング」に過ぎないのです。

つまりは、タスクからタスクへの切り替えです。電話応対をして、書類作成をして、メールチェックをして…というようなマルチタスクは、実はマルチタスクでもなんでもなく、次から次へと作業内容を切り替えているだけに過ぎないのです。

タスクの切り替えは集中力を遮断するわけですから、作業効率は圧倒的に落ちます。

複数の仕事を次から次へと切り替えてこなすよりも、1つの仕事を集中的にこなした方が作業効率は高いということです。

 

以上を踏まえれば、マルチタスクを強要する先輩社員や上司たちは実は無能であるということなんです。

 

マルチタスクを強要する人間の働き方を思い返してみれば一目瞭然です。自称、”マルチタスク人間”の働き方は実に非効率的なんです。

 

例えば、かつて僕の身の回りにいた、自称、仕事ができるセンパイ」、の働き方を見てみましょう

 

 

9時出社 朝の会議とメールチェックを済ませ、大量に届いているメールに返信をします

メールに返信する合間も、部下や同僚からの相談に逐一答えていきます。このマルチタスク、実は効率的に見えて全くの非効率です。メール返信にも部下や同僚からの相談にもまったく集中できていないからです。

 

さあ、そうこうするうちに時間は無為に経過し、11時からは午前のミーティングの時間です!ミーティング中も返信し終えていないメールや新着メールに返信したりしているので、ミーティングにもメールにも集中できていません。

 

そしてミーティングが終わるとランチの時間です。

時間がないことを言い訳にして、彼はコンビニで買ってきた弁当をデスクで食べながら仕事を続けます。

 

ですが、飯を食べながら仕事をするなんて芸当も非効率です。

 

飯を口に入れるという作業とパソコンのキーボードを打つという二つの作業を同時並行で行なっても、脳は同時に二つの作業を行うことができないので仕事の効率は落ちています。

さらに、食事をしながら仕事をするという行為は過食や消化不良をも引き起こします。

シングルタスクによると、食事の間に食べることに意識を集中させればカロリー摂取を抑えられるだけでなく、消化にも良いということです。

マルチタスクイーティングは健康にも害を与えるのです!

 

 

さて、以上が自称、仕事ができるマルチタスク人間の働きぶりですが、どうでしょうか?

 

こんな先輩を尊敬できるでしょうか??

 

少なくとも僕は尊敬できませんね…

 

ということで、実はマルチタスクというのは仕事の能率を落としますし、そもそもできなくて当たり前というものだったのです。

 

マルチタスクは百害あって一利なし。マルチタスクは今すぐ辞めろ

ということで以上のように、マルチタスクなんぞ百害あって一利なしなんです。

ですので、マルチタスクができなくたって気にすることはありません。電話応対ができなくたって気にすることはありません。メールをチェックしながら飯を食うなんて器用なことができる必要もありません。だって、それらは全て非効率なんですから。

 

マルチタスクなんてそもそもやる必要なんてないんです。むしろ、マルチタスクが苦手でも、一つの作業に集中するシングルタスクが得意ならば、それは喜ばしいことでもあります。

 

なぜなら、自分の得意な作業に集中することで自分が成功できる確率が高まるからです。

 

これは僕の持論になりますが、高学歴な人間ほどマルチタスクが苦手で、シングルタスクが得意な傾向が高いと思っています。

 

例えば僕は電話応対や事務処理のような典型的なマルチタスクは全くできませんでしたが、このようにブログを淡々と書いたり、Googleアナリティクスを分析したりなど、1人で黙々と進める作業が大得意です。

思い返してみれば、僕は学生時代にはペン回しにハマりまして、ペン回しの練習に一点集中し、高校生時代にはペン回し世界大会にも出場したことがあります。

本ブログは新入社員時代に開始してから約5年間、未だに一点集中して継続することができていますし、YouTubeだって3年以上ひたすら継続させることができています。ひたすらのめり込んでおります。

 

僕は電話応対や事務作業のようなマルチタスクは非常に苦手ですが、ブログやYouTubeのように1点集中型の仕事には非常に向いていたのです。

 

手前味噌にはなりますが、僕は社会人になってから休日の暇な時間のほとんど全てをブログ執筆に充てて、一点集中で作業を継続させることにより、ブログ収益だけで生活できるくらいにはなりました。

これはひとえに、僕がマルチタスクに向いておらず、何かの作業を1点集中でやり続けるようなシングルタスクに向いていたからです。

 

僕みたいに、マルチタスクよりもシングルタスクに向いている人ってこの世の中にはたくさんいると思うんですよね。

 

ぶっちゃけ、電話応対や事務処理のようなマルチタスクができたとしてもお金を稼げるとも出世できるとも限らないですし、1点集中主義、シングルタスクの才能に秀でていた方が美味しいと思いませんかw?

 

少なくとも僕はそう思っていますよ。

 

だって、世の中で成功している人のほとんどは一点集中突破じゃないですか。

 

イチローだって、ひたすら野球にのめり込んで成功したわけですし、

ダウンタウンだって、ひたすらお笑いにのめり込んで成功したわけですし、

本田圭佑だって、ひたすらサッカーにのめり込んで成功したわけです。

 

マルチタスクなんかやらないで、1点集中で自分の好きな作業に熱中した方が人生の成功確率も上がるわけです。

 

僕は電話応対などのマルチタスクには向いてませんでしたが、ブログやYouTubeなどのシングルタスクには向いていたのでそれで新卒会社員以上のお金を稼ぐことができるようになったわけです。

 

ということで、「マルチタスクが辛い…」と思われる方は、マルチタスクなんて今すぐ辞めて、自分の得意な作業に一点集中してみることをオススメいたします。

 

シングルタスクをしたいなら、IT/Web業界に転職するのがオススメです。

と、グダグダとシングルタスクのメリットについて述べてきたわけですが、一般的な日系企業にいる限り、シングルタスクをするのは無理でしょう

僕がかつて勤めていたような典型的な老舗日系企業では、一つの仕事に集中し続けるなんてことができるわけありませんでした。

数分単位でメールが飛んでくるわ、数分単位で電話がかかってくるわ、やっと作業に集中できると思っても上司に急に呼び出されるわ、経費精算のために経理部から呼び出されるわ….

 

一般的な日本企業では、シングルタスクができる環境が全く整っていないのです!!

 

ですので、僕らがシングルタスクをやろうと思うのであれば、仕事の環境を変えることが必要不可欠です。

実際、僕は3回の転職を経て最終的にはWeb業界に転職したのですが、Web業界ではマルチタスクを強要されることがほとんどなくなりました。

 

僕の勤めているWeb業界の素晴らしさは以下のツイートの通りです。

 

 

その他の例を挙げれば、Web業界では上下関係があってないようなものなので上司を気遣うマナーも存在しませんし、私服OKなのでスーツに着替える手間もありません。

会議設定に稟議書など、無意味な報告書や書類作成業務もありません。仕事でミスをして反省文を書かされることもありません。

 

挙げればキリがありませんが、Web業界はシングルタスク人間にとって最高の環境が整っているのです。

ちなみに僕が現在どんな仕事をWeb業界でやっているかというと、Web広告の運用と管理の仕事をしています。

ひたすらPC上のWeb広告管理画面とにらめっこして、数字をポチポチいじる仕事です。一言で言えばWebマーケティングという仕事です。ひたすら分析をして、作業をし続けるまさにシングルタスクの仕事です。

 

Webマーケティングという分析と作業に集中できる仕事はまさに僕にぴったりな仕事だったようで、全くストレスも溜まりませんし、Webマーケティングの知識を副業に活かすこともできますし、まさに最高の仕事です、

 

電話応対や事務処理といった簡単なマルチタスクの仕事ができない人間であっても、僕のようにひたすらPCに向かい続けて分析と作業に集中するのが大好きというシングルタスク人間にとってWeb業界は最高の環境なんです。

これは脱力系ニートとして有名なphaさんも仰っておられまして、名著「持たない幸福論」には以下のような記載があります。

 

「人と話すのは苦手だけど黙々とパソコンに向かい続けるのは好きだという人は結構いる。

プログラミングやコーディングなどのIT系のスキルは独学でも勉強できるし、ひたすらコツコツと作業する職人的な仕事なので、ちょっと変人でも技術があればそれなりに働ける。

〜中略〜

人によって向き不向きはあるけど、ニートがプログラミングなどのIT系スキルを身につけるのは結構おすすめだ。

 

僕もこれは感じているところでして、いわゆる「コミュニケーションが下手な人間、マルチタスクができない人間」であっても、プログラミングやWebマーケティングなどのIT/WEB系の黙々とした作業に向いている人は結構います。

 

IT/Web業界は非常に合理的な業界なので、老舗の日系企業のように面倒な雑務や無駄な書類作成、不必要な会議、無駄な電話文化なんてのは一切存在しません。

業務内容自体もプログラミングやWebマーケティングなどの仕事はシングルタスク人間にぴったりの仕事ですので、マルチタスクができない人間こそIT/Web業界に転職しなさい!と、僕は強く言いたい。

 

あくまで僕の意見なので強要はしませんが、少なくとも僕は古臭い日系企業からWeb業界に転職して人生が変わりました。

1つの作業に集中できる、邪魔されない労働環境が手に入り、生産性を極限まで高めることができるようになりました。もちろん、そのおかげでストレスや労働時間も激減しました。

ということで、マルチタスクができないと思い悩んでいらっしゃるのであれば、シングルタスク人間が輝くことができる、IT/Web業界への転職を検討してみるのもアリなんじゃないかなあ?と思います。

 

IT/Web系の仕事が未経験であっても特に問題ないです。僕だって未経験で転職しました。

僕が未経験でIT/Web業界に転職した方法とノウハウ、実体験談については以下記事にて詳しく書いておりますので、興味のある方はこちらを是非ご覧ください。

短期離職を3回した僕が未経験でWeb業界に転職した方法

 

また、僕の本業であるWebマーケター (デジタルマーケターとも言います)の仕事に興味を持たれた方は、以下記事にて未経験からWebマーケターに転職する方法について詳しく書いておりますのでこちらも是非読んでいただけると嬉しいです。

未経験からWebマーケターに転職するためにやるべき3つのこと

 

マルチタスクができない人は、ひたすら分析と改善を繰り返すWebマーケターの仕事にめちゃめちゃ向いていると思いますよw Webマーケティングの仕事は副業でも稼ぎやすいのでオススメです。

 

ではでは、マルチタスクなんか今すぐ辞めて、シングルタスクでストレスのない働き方を実現させていきましょう!

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*