短期離職を繰り返す20代会社員にオススメの転職サービス3選

「短期離職を繰り返してしまったら人生終了」

「短期離職を繰り返して履歴書に傷がついてしまうと、二度と年収を上げることはできない」

…などと、巷ではこんな常識が蔓延っておりますが、ハッキリ言ってこんなのは嘘です。

若いうちに転職を繰り返せば繰り返すほど、将来の見込み年収は上がります。

 

その理由について詳しくはこちらの記事(20代で短期離職を繰り返すと年収が上がります)に書いているのでご覧いただければと思うのですが、簡単に言えば、20代のうちにいろんな仕事を経験し、向いていないと考えれば即座に短期離職をして、自分に向いている仕事を見つけることができれば年収が上がるということです。

若いうちに転職を繰り返した人が高年収になるという事実は、「残酷すぎる成功法則」という本にもデータで示されております。

 

ちなみに僕はというと社会人3年目までに既に3回の短期離職を経験しています。

 

都内の大学を卒業し、新卒で大手メーカーに就職するもわずか1年未満で退職

2社目に就職したベンチャー企業もわずか3ヶ月で退職

3社目に就職した営業会社もわずか1年弱で退職

 

こんなクソみたいなキャリアですが、4社目にしてようやく自分の性に合った会社に巡り会うことができ、年収も上がりました。

現在、僕はWeb業界にて働いていますが、週4日勤務で正社員、完全リモートワークでいつ働いてもいつ休んでも良いという最高の環境で働いております。

それでいて、大手メーカー時代よりも多い給料をもらい、副業もやり放題…

 

こんな生活を手に入れることができたのも、僕が向いていない仕事をさっさと辞め、転職を繰り返してきたからです。

 

ということで本日は、僕のように20代で短期離職してしまった若手社員にオススメの転職サービスをご紹介したいと思います。

僕が実際に利用したものも、利用していないものも含みますが、全て僕が自信を持ってオススメできるサービスですので、是非とも参考にしてみてください!

 

ゲキサポ!で無料個別面談

まず初めにオススメの転職サービスは、ゲキサポ!の無料カウンセリングサービスです。

こちらは、キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーに無料で転職相談ができるというサービスです。

 

ライザップの転職エージェント版と表現するのが一番わかりやすいかもしれません。キャリアのパーソナルトレーニングです。

 

有名どころの大手転職エージェントを利用すると、短期離職をしている場合は書類で弾かれてしまうケースがあります。

また、短期離職をしているという理由だけで求人を紹介してくれない悪質な転職エージェントもこの世の中には一定数存在します。

 

そんな中、ゲキサポ!は他の転職エージェントサービスとは一線を画しておりまして、オンラインで無料で転職相談ができる上に、プロのトレーナーが無料で自己分析支援、企業研究支援までの全てを手伝ってくれます。

 

僕らの後悔のないキャリアを実現するために、「どんな人生を歩んでいきたいか?」をプロの専属トレーナーの方がつきっきりで考えてくださるということです。

 

これは僕らのような短期離職者にとって最高のサービスでして、

 

・なぜ以前の会社の仕事には向いていなかったのか?

・なぜ短期離職をしてしまったのか?

・自分に向いている仕事はなんなのか?

 

を専属トレーナーとのオンライン無料面談で全て解決できるというサービスなのです!

 

過去を分析し、自分に向いている仕事を見つけるという作業はキャリア選択において必須の作業です。その作業をプロの方と一緒にできるというわけですから。この上ないサービスでしょう。

 

サービスの詳細はゲキサポ!の公式ホームページに書いてありますので、詳しくは下記バナーリンクをご覧ください!

 

ゲキサポ!の無料カウンセリングサービス

 

 

リクナビNEXTのグッドポイント診断で、自分の職務適性を知る

次にオススメのツールが、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。

 

これは僕らの職務適性や強みを自動で診断してもらえる最強ツールになります。

ゲキサポはプロの専属トレーナーとの面談でしたが、こちらはAIによって自分の職務適性を診断してもらえるというサービスになりますね。

 

短期離職してしまった場合、自分の職務適性と自分の「強み」を知ることが最重要です。

転職を繰り返して自分に向いている仕事に就くことによって、将来的な見込み年収を上げることができるのです。

 

自分に向いている仕事を見つけてもらうことができるという意味でリクナビNEXTのグッドポイント診断もオススメでして、なんと!質問に答えていくだけで、自分の「強み」がなんなのかをAIが診断してくれます。

 

5分で診断してもらえますし無料ですので、転職活動を開始する前に是非とも一度受診をして、自分の適職を見極め、自分に向いている仕事を診断してもらいましょう。

いつでもどこでも、ネット上で簡単にできるというのがメリットですね。

受診はこちらからできますのでどうぞ。

 

マイナビジョブ20s

こちらは大手の転職エージェントですね。僕が実際に使っていたサービスです。

数ある若者向けの転職エージェントサービスの中では一番オススメだと思います。

(さすがに名前は出せませんが、よくある新興の転職エージェントサービスは若手社員を食い物にして質の悪い会社にぶち込んで利益を上げている特徴があるのであまりオススメできません。)

 

登録すると、リクナビNEXTと似たような適性診断を受診することになります。この適性診断だけでもある程度自分の職務適性がわかるのでオススメです。

 

そして、マイナビジョブ20’sは名前の通り、20代に特化した転職支援サービスです。

担当の転職エージェントさんがマンツーマンで僕らの適性に合った求人を紹介してくれます。

 

大手の転職エージェントだと機械がシステマティックに求人を大量紹介してくるケースが多いのですが、こちらは担当の転職エージェントさんが個々人に合わせて求人を紹介してくれます。これが大きなメリットですね。短期離職者にとってはありがたいサービスだと思います。

20代に特化しているので、僕らのような若手サラリーマンの扱いにも慣れている感じがします。若者の思いや価値観を理解しているといった感じです。

 

リクナビNEXTとゲキサポでは自分の職務適性を理解することはできるものの、具体的な求人紹介まではしてくれませんので、マイナビジョブ20’sで具体的に求人を紹介してもらうと良いでしょう。

相談はこちらからできますので、興味のある方はどうぞ

 

最後に。短期離職でも人生を諦める必要はありません。むしろ短期離職は人生の始まりです。

最後に。短期離職を3回も繰り返している僕から一言。

 

短期離職をしても、人生が終わりなんてことは全くありません。むしろ、頑張れば短期離職によって人生が好転する可能性の方が高いです。

 

一般的な日本企業では

 

「3年も勤められない若者は根性がない」

「すぐに会社を辞める奴は堪え性がない。クズだ」

 

なんて言われたりもしますが、そんな日本企業に限って利益の出なくなった事業を損切りできず、「もうどうしようもない」という局面に至って仕方なく二束三文で売却し、赤字を垂れ流していたりするわけです。

 

日本人は「逃げる」のが下手すぎるのです。損切りができないのです。

 

僕らの持っているリソースには限りがあるので、そのリソースを用いて最大限に良いキャリアを歩もうと思えば、これ以上伸びシロがない、自分に向いていない仕事やキャリアは早急に切り捨てる必要があるのです。

 

また、ここで面白いデータをご紹介したいと思います。

それは、「成功者のキャリアは8割が偶然の産物であった」という事実です。

これは多くのキャリア論に関する研究によっても裏付けられており、名著ニュータイプの時代には、下記のような記述があります。

 

スタンフォード大学の教育学・心理学の教授であるジョン・クラボルツは、米国のビジネスマン数百人を対象に調査を行い、結果的に成功した人たちのキャリア形成のきっかけは、80%が「偶然」であるということを明らかにしました。

 

どういうことか?

言い換えれば、成功者のキャリアは様々な偶然が重なり、結果的には「成功者」と見做される位置に辿り着いたということです。

 

で、ここで重要なのは、「キャリアは偶然の賜物なのか…じゃあ頑張る必要はないじゃん…」ではなく、「良い偶然」自分で勝ち取るものだということです。

すなわち、「良い偶然」を招き寄せるための計画と習慣を実践すべきなのです。

 

そして、「良い偶然」を招き寄せるために重要なのが、大量に試して、向いていなければすぐに逃げ、うまくいったものを残すという戦略です。

 

わかりやすいように例を挙げれば、Amazonなんかはそうですね。Amazonは上場以来、70を上回る数の新規事業に参入し、およそ3分の1は失敗して早期に撤退していますが、うまくいった一部のビジネスだけを残してそれを伸ばすことで莫大な収益を生み出しています。

 

個人で言えば僕なんかもそうで、僕は20代後半で既に短期離職を3回経験していますが、転職で色々な仕事を経験することで自分の向き不向きを知ることができ、かつ自分にはどんな職場が向いているのか?どのような働き方が向いているのかを身を以て知ることができました。

だからこそ僕は今、自分がストレスなく働けるWeb業界に転職し、週4正社員として働いているのです。

この働き方が現状、自分にとって最も心地良いキャリア、働き方です。

こういったことは、実際に働いてみないことにはわかりません。

 

ですので、キャリアの8割は偶然と言えど、その「偶然」を招き寄せるために何度もトライアンドエラーを繰り返して自分に向いているキャリアを見つけることが重要になるのです。

 

以上の理由から、向いていない会社を短期離職するということは何ら悪い選択ではありません。むしろ、最高の選択と言えます。

おかげさまで僕は自分に合った働き方ができる「Web業界」に転職することができたわけですから…

 

ということで記事をここまでご覧くださった皆さんは短期離職にめげることなく、転職を成功させて年収アップ、そして自由な働き方を模索していきましょう!!!

 

※なお、短期離職を3回も経験している僕がどのようにしてWeb業界に転職したのか??その方法論については下記記事に詳しく書いておりますので、Web業界に興味のある方、Web業界へ転職する方法を知りたい方は下記記事をご覧ください。

短期離職を3回した僕が未経験でWeb業界に転職した方法

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*