とりあえず3年勤めろは嘘!僕は1年で会社を辞めて転職しました

「とりあえず3年勤めておけ」

新卒で会社に入社してまず言われるのが、この常套句だと思います。

「会社辞めたい…」と思っても、こんな言葉に惑わされてなかなか会社を辞められない人もいると思うんです。

ですが、1社目の大企業を1年も経たずに辞め、2社目のベンチャー企業もわずか3ヶ月で辞めた僕は言いたい。

 

今の時代、3年勤めて歳食っちゃう方が不利だよ??

 

と。

 

とりあえず3年勤めろってのはちょっと前までの常識なんです。

 

常識は常にアップデートされ続けるのです。

 

ということで本日は、実際に1年も経たずに会社を辞め、既に2回も転職をしている僕が、「とりあえず3年勤めろ」という文言が現代社会においてナンセンスな理由をお伝えしたいと思います。

 

「とりあえず3年勤めろ!」と主張する人々は、3年未満で会社を辞めたことがない

まず始めに皆さんに知っておいていただきたいのは、

 

「とりあえず3年勤めろ!でないと転職なんてうまくいかないぞ!」

 

と主張する人たちは、3年以内に辞めて転職した経験がないということです。

 

当たり前ですよね。自分で経験したこともないのに、なんで3年以内に辞めたら転職できないと思い込んでるんですか??

 

 

そうなんですよ。

せめて3年は仕事を続けろ!と主張する会社員の人々は、会社を1年やそこらで辞めて転職をした経験がないのです。

 

経験のない人のアドバイスを聞いたって無駄なわけです。

1億欲しい!と思ったときに、1000万円も稼いでいない人のアドバイスを信じますか?信じませんよね?そういうことです。

 

これは生きる上でのコツですが、の意見を聞くときは必ずその経験をしている人の意見を聞きましょう。

 

今回の件で言うならば、入社1年ほどで会社を辞めて第2新卒で転職を成功させた人の言うことを聞くべきなのです。

 

例えば…僕の言うことを聞くべきなんですよねw

僕は1社目の大企業を10ヶ月、2社目も3ヶ月で辞めていますからw

それでも今や一部上場企業の正社員なわけです。

 

ってことで、会社を1年程度で辞めて第2新卒で転職したい人は是非とも僕の意見を聞きましょうw

 

とりあえず3年勤めろ!が通用するのは同業種に転職したいときくらい

とはいえ、同業種へ転職しようと思うのならば今の会社に3年勤めるのは悪いことではありません。

同じ業界に勤めるのであれば、今の会社で得た経験とノウハウは直で転職に役立つでしょう。

 

また、大企業から大企業に転職したいときも、3年は勤めておくのがベストです。

大企業こそ世間の常識に縛られていますので、「とりあえず3年論」が蔓延っています。

 

大企業からベンチャー、大企業から中小企業へは転職できますが、中小企業やベンチャー企業から大企業には転職できないのです。

 

従って、あなたが現在大企業社員で、大企業のキャリアを歩んでいきたい!と考えるのであらば、3年以上は今の大企業に勤め続けるのがベストな選択肢と言えるでしょう。

 

全く異なる業界に行きたいのであれば若ければ若い方がいい

さて、話変わりまして、大企業のキャリアを捨て、全く異なる業界に行きたいのであれば転職は若ければ若いほど有利です。

 

例えば僕の慶應の友人に大手広告代理店を半年で辞めてニート生活を送っていた人がいるのですが、彼なんかは年収アップを達成してスタートアップ企業に再就職を成功させましたからね…

 

 

新しいことを覚えるためにはできるだけ若い方がいいんです。

異なる業界に転職するのであれば以前の会社での経験と知識というのはほとんど役立たないと言って良いわけですから、年を食えば食うほど異業種への転職は不利になります。

 

事実、僕も1社目は老舗の大企業メーカー、2社目はベンチャー企業に就職しましたが、全く異なる業界です。

先ほどのツイートのおいかわさんだって、全く異なる業界への転職を成功させ、年収アップを実現させています。

 

同じ業界に転職する気であれば3年続けた方がいいかもしれませんが、全く異なる業界(特にスタートアップ界隈)に転職したいのであれば若ければ若い方がいい。

 

これは周知の事実ですので、是非とも覚えておきましょう。

 

3年勤めろ理論を信じて3年勤めて転職した人の末路

さて、そんなこと言ってもやっぱり今の転職市場、3年勤めた方が有利だろ!と思われる皆さん、そんな皆さんに真面目に3年勤めて年だけ食っていった人間の末路をお見せしましょう。

 

 

いや~。

 

世間の常識を信じてくそまじめに頑張って来た結果がこれですよ?

 

まさに正直者はバカを見るというのはこのことですね。

 

下手に親や先生の常識に従うと損をします。

 

過去に成功した人の中で、親の言う通りに行動をして成功を収めた人はいたでしょうか?

いや、いるはずもないでしょう。

 

親の反対を押し切って自分で考えて行動をした結果にこそ、成功は付いてくるのです。

ですので入社1年であろうと半年であろうと、

 

「やりたいことができた!」

「おれは大企業には向いてない!」

 

そう思うのであれば、今すぐ転職をするのが吉でしょう。

 

事実、僕は短期離職を繰り返しても転職できています

さて、最後に僕の話をして恐縮ですが、僕は1社目を1年、2社目を3ヶ月と短期離職を繰り返していますが、簡単に転職できています。

 

しかも、全部違う業界です。

 

なぜ大した社会経験もない若僧が、こんなにも簡単に転職できているのでしょうか?

 

理由は簡単です。

若い時の転職市場価値は高いからです。

 

若さは最強の武器なのです。

 

嘘だと思われる皆さんは、是非とも転職市場価値診断ツール、MIIDAS(ミーダス)でご自身の市場価値を診断してみてください。

これは自分の市場価値がいくらなのかを年収ベースで診断してくれるツールなんですけど、若ければ若いほど高い市場価値が算出されるはずですよ…

ちなみに僕の市場価値は年収700万円相当でしたw 高い!

 

 

ってことで、上記のようにあなた自身の市場価値を是非とも下記リンクから診断してみてください。自分の年収相場を機械に診断してもらうのは面白いですよw

MIIDASで自分の市場価値を今すぐ診断してみる!

 

まとめ。現状に不満があるなら、今すぐ転職することをオススメします。

さて、最後にまとめですが、結論としては現状に不満があるとか、やりたいことがあるのであらば今すぐに転職活動を始めることをオススメいたします。

在職中に転職活動をするのは体力的にも時間的にもきついかもしれませんが、そこで行動をしなかったらいつまで経っても現状から抜け出すことはできません。

 

ちなみに僕は会社がそもそも嫌いですので、常日頃会社の労働から離脱するためにもがいています。

そのためには転職活動の努力など厭いません。労働から離脱するためなら、転職活動の苦しい経験なんて軽いですから。

 

そして、これから転職活動を始める皆さんには必ずやって欲しいことが1つあります。

それは、転職エージェントを利用するということです。

 

まあ正直、転職エージェントを利用しなくとも自分の希望する求人さえ見つけてしまえばあとは応募するだけでいいので簡単なんですが、自分の希望する求人を見つける作業というのがめちゃくちゃ難しいのです。

 

皆さんもやればわかりますよ。求人探すのってめっちゃ骨が折れますからね…

転職エージェントを利用することの最大のメリットは、どんな求人があるのかが一目でわかるということです。

 

エージェントさんと自分の希望業界、希望職種についてしっかりと面談で相談することで、自分に合った求人を見つけてもらうことができます。

ということで以下、僕も利用していたオススメの転職エージェントを紹介しますね。

 

どれも僕が入社1年未満で利用したものなので、第2新卒でも利用可能なものになっております。

その中でも特にオススメは、リクルートエージェントマイナビジョブ20’sパソナキャリアです。

全て業界最大手になります。

食わず嫌いせずに、全て登録しておきましょう。ちなみに僕は転職活動の時は5社ほど登録しておりました。ちょっと詳しく紹介しておきますね。

 

【リクルートエージェント】
リクルートエージェント

 

言わずと知れた大手転職エージェントのリクルートです。

まあ利用してみた感じ、求人紹介という面で見れば機械的すぎて正直微妙でしたが、王道ですので登録しておくに越したことはないと思います。

やはり業界トップを走っているだけあってアドバイザーの能力が極めて高く、選考対策資料も充実しているのがいいですね。求人紹介という面では確かに微妙でしたが、担当エージェントさんが優秀だったので僕もいろいろ相談させていただきました。

相談はこちらからどうぞ。

今すぐリクルートエージェントに相談してみる

 

【マイナビエージェント】

 

リクルートに追随し、今や広報力ではリクルート以上となったマイナビ。

僕が利用した感じだと、リクルートとは違って求人紹介を担当のエージェントさん自らやってくれるのでいい感じでした。

リクルートと並行してマイナビの人ともたくさん相談して、僕は選考も実際にここ経由でたくさん受けました。エージェントさんが自ら求人を選んでくれたおかげもあってか、選考は通りやすかった気がしましたw

希望の求人を見つけるって意味ではこっちの方がオススメですね。こちらもよければどうぞ。

マイナビエージェントを今すぐ利用してみる

 

【パソナキャリア】

僕が一番好きだったのはここですかね。

リクルートのように求人紹介が適当というわけもなく、マイナビと同等に僕に合わせた求人を紹介してくれました。さらに、恐らくパソナキャリア内で求職者の情報が共有されているのでしょう。担当エージェントさん以外からも求人の紹介が送られてきました。

担当エージェントさん自身も僕に合った求人を選んでくれますが、僕の経歴を見た別のパソナのエージェントさんも求人をいろいろ紹介してくれるので、登録していて飽きませんでしたね〜

エージェントさんにもたくさん相談しました。今思えば迷惑かけたなあ…懐かしい思い出。

僕的にはパソナが一番オススメですので、複数登録するのはちょっと…って方もパソナには登録しておくといいと思います。会社の悩み事もたくさん相談できますよ。

今すぐパソナキャリアを利用してみる

 

 

あと、自分と同い年くらいの若いエージェントさんと本当に相談だけしたい!ってことだったらハタラクティブという転職エージェントサービスがオススメです。

 

【ハタラクティブ】

 

何がオススメかというとなんとここ、ラインで気軽にエージェントさんと相談ができてしまうんですよね。

若い会社ですので若い社員が多く、そのせいもあってかエージェントとの連絡でラインを利用しているそうです。

本当に気軽に相談してみたい!というのだったらこちらも利用してみるといいと思います。求人の質はさすがに前者3社より落ちますが、手軽に相談という意味ではこちらがオススメです。

ハタラクティブを今すぐ利用してみる

 

 

ということで以上が僕オススメの転職エージェントでした。

ちなみに余談ですが、リクルートエージェントはエージェントさんが優秀というよりかは、社内のマニュアルが超優秀らしいです…

これはリクルートの中の人から聞いた話ですが、誰がエージェントを務めてもそれなりに満足のいくようなシステムに設計されているらしいです。

 

僕も利用していて感じたのですが、求人紹介は超機械的なものの圧倒的な求人数と質により他社を凌駕している感じはありました。

エージェントさんが優秀というよりかは、そのシステムと求人数の多さが優秀と言ったほうがいいのかな?なんて思ったり。

 

話が逸れましたが、ともかくとして!転職するなら今すぐエージェントに相談しましょう!ってことですw

 

まとめ

以上、見てきたように、今や3年勤めろなんて言葉は古いんですよ。

むしろ古くて合わない企業に3年も勤めて貴重な若い時間を無駄にするほうがもったいないです….

 

3年あったらいろんなことができますよ。

それこそ今の時代であればブログとか、YouTubeとか、Twitchとか、3年間会社員と同じ勢いでやり続ければ誰でも稼げるようになっていることでしょうw

 

古い会社で3年も勤めて、時代遅れの古い人間になってしまうほうが恐ろしいですけどねー僕は。

3年後に転職市場がどうなってるかもわからないですし…

 

未来のことは誰にもわからないので、その時々でやりたいことをやるのが一番いいのですよ。

 

ってことで長くなりましたが皆さん、オワコン企業に3年も勤めたって時間の無駄ですw

さっさと転職するなり起業するなりして、世の中のよくわからん常識からはおさらばしましょう!

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメントを残す

*