大企業を1年で辞めた僕が第二新卒で転職して後悔した7つのこと

先日、新卒3ヶ月目の友人から転職したいとの相談を受けました。

僕は転職経験が豊富なので転職ノウハウを授けるのは簡単だったのですが、ちょっと待って!今転職して本気で大丈夫??!的なことも思ったのでちょっとそのことを書いてみようと思います。

 

実際、僕は新卒で入社した大企業を1年で辞めて後悔している面もあります。

 

世の中には、大企業辞めて良かった!!大企業はクソだから転職してベンチャーに行け!!なんて煽るブロガーさんもいらっしゃいますが、全ての人にこれが当てはまるわけではありません。

っていうか、辞めて成功した人は辞めて良かった!と言うに決まっているわけですから要は結果論なのです。彼らも辞めた直後は後悔したかもしれませんし、少なくとも僕には後悔があります。

 

ということで、大企業を1年で辞めてベンチャー企業に転職した経験のある僕が、大企業を辞めて後悔したことについて書いてみようと思います。大企業辞めて良かった!記事は見ますけど辞めて後悔した!記事はあまり見ませんからね。ご参考にしていただければと思います。

会社が嫌でも辞めたら全てが解決するわけではないですよ!きっと今の会社にも良いところがあるはずです!それを認識しましょうね!

 

親戚からの評判が下がる

一つ目に意外と思われるかもしれませんが、後悔していることは割とこれ。

不思議なことに、会社を辞めたということは秒速で親戚中に広まります。

僕なんか、慶應経済をストレートで卒業して大手企業に入社したので、

 

「◯◯くんは優秀ねえ。」

 

とか言われていましたが、会社を辞めた途端にその態度が一変

 

「あそこの息子はキチガイだ!!」

 

と罵声を浴びせられます。そうするともちろん僕だけでなく家族全体の評価も下がります。

 

すなわち一家の名誉、信用、評判を全て下げるというのが大企業を辞めるという行為になるのです。

 

これは辞めた人でないと発想し得ないことでないかな?と思います。

 

あなたには大企業を辞めて、家族、親戚からの信用を全て失う覚悟はありますか?

 

ないのであれば会社を辞めるのは辞めておきましょう。

 

 

給与が下がった

これは1番後悔したかもしれません。

 

大企業を1年で辞めたら給料めっちゃ下がりますよw これは覚悟しましょう。

 

特にあなたが高学歴で周りに大企業の友人が多いほど陥りやすいのですが、基本的に大企業はみんな高給です。これを忘れてはいけません。

 

「いやうちは大企業でも薄給で…」

 

とか仰るあなた、多分世間一般からしたらめちゃめちゃ高給ですからね??

 

大企業に行けるような人は周りも高学歴で優秀なことが多いのですが、そうなるとあなたの比較対象は周りの友人ということになります。

周りの高学歴で大企業勤務の友人と給料を比較してはいけません。彼らは上澄みのエリートですし、あなたもその1人なんですから。

 

嘘だと思うのならミイダスで自分の適正年収を診断してみてください。このツールは無料で今現在の自分の年収相場を算出することができるのですが、大企業勤務の方だったら想定以上の年収が算出されるはずなので驚くはずですよ。

ちなみに、僕の市場価値は年収771万円でしたw めっちゃ高い!

 

 

自分の市場価値がわかるってのは面白いので、皆さんも是非やってみてください。下記リンクから診断できますよ。

 

ミイダスで今すぐ市場価値を診断してみる!

 

 

どうです?きっとあなたの適正年収相場は高く算出されたことでしょう。

上記のように、僕もかなり多めの適正年収が算出されましたからね!大企業勤務の人はそれだけで年収相場が高いということでしょう。

ちなみにこのツールはどんなキャリアだったら年収が上がるのかな?とか色々入力して楽しむのも面白いのでオススメのツールですw 利用は無料なのでよかったら試してみてくださいw

 

と、話が逸れましたので元に戻します。

 

結論として、高学歴で大企業の周りの友人にしか視野を広げられず、彼らばかりに目が行ってしまうと途端に自分がみすぼらしく思えてしまうかもしれませんが大企業に入れる時点で世間一般から見たら勝ち組なのです。その事実を忘れてはいけません。

 

僕が前いた会社は30代で年収600万くらいで、まあ低いなあ、とか当時思っていたもんですが、これって世間一般から見たらめちゃめちゃ高いですからね???

30代のサラリーマンの平均年収は大体470万円です。30代で年収600万ってめちゃめちゃ貰ってます。僕は当時この事実を知らず、

 

「新卒で手取り30万円いかない会社ってこんなにあるの???そんなの生きていけない!」

 

と我が物顔で語る某外資コンサル社員とか

 

「2年目の夏のボーナス?3桁は行くでしょ。でなきゃ暮らしていけなくね?」

 

なんてドヤ顔で語る総合商社マンとか

 

 

僕の友人がそんなんばっかりだったので完全に一般の感覚を忘れていました。世の中の会社員の9割以上はこんな高給貰ってません。

 

大企業を辞めたら給料が下がる!肝に命じておきましょう。

 

福利厚生を失う

30代で年収600万だって、残業代がきちんと出ること、早く帰れること、福利厚生が充実していることを考えれば十分な報酬です。

僕は当時、いかに自分が恵まれているかわかってなかったのです。

いや~。今思っても最初の大企業は素晴らしい高待遇だったなあ。

1年目で月給は22万くらいですが、光熱費水道代タダの月8000円の寮、社員食堂、会社持ちの定期的なパーティ、このあたりを考えたら実際は月給30万近かったでしょう。

世の中そんなに待遇が良い企業なんて少ないですからね。

隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、周りを見て自分を決めてはいけません。世間相対的に見て自分が恵まれているか、そもそも自分が幸せかどうかで会社は決めねばなりません。

ベンチャー、中小なんて福利厚生は無いに等しいですから!

 

ネームバリュー(社会的信用度)が無くなった

大企業を辞めると一気に下がるのがこれ。

大企業にいたときは、カードを申し込むとか不動産屋で物件を探しに行くたびに、

 

「こんな大きな会社に勤めているんですか!凄いですねえ」

 

と言われていました。

僕はそのたびに優越感に浸っていたのですが、それがなくなりました。

特に不動産屋は顕著で、最初は扱いが悪かったのが会社の名刺を見せた途端に急に態度を変えて良物件を紹介してきましたからね!

会社のネームバリューっていうのはいろんなところで生きてくるのです。

東証一部上場企業に勤務しているってだけで何故か信用されて金を銀行から引っ張れたりしますからね!

大企業を辞めるとそういうネームバリュー、社会的信用が一気に地に落ちます。

地味ですが、プライドが高い人にとってはかなりデメリットですねー

 

大きな仕事ができなくなった

ちょっと趣向を変えて仕事の話。

他の記事にも書いていますが、大企業を辞めると大きな仕事ができなくなります。

大企業は潤沢なリソースに会社のブランドを使用できるので、中小やベンチャーでは成し得ることができない大きな仕事を経験することができます。

例えば僕が経験したことで言えば企業のイベント、展示会なんかを主催するときには大企業の力が発揮されます。

展示会に行ったときは是非企業ブースに注目してみてください。中小ベンチャーのブースは取ってつけたようなデザインで椅子と机が置いてある程度ですし、安っぽいカタログを配布しています。イベントなんかもありません。

しかし、名だたる大企業のブースはどうでしょうか。

 

 

とても短期展示とは思えぬブース設備に美人コンパニオンが立ち並び、ちょっとオシャレな照明が展示製品を明るく照らし出し、時間帯によっては大規模なショーイベントが開催されます。

 

 

もし大企業の展示会担当責任者なんかになろうものならそれだけの大規模イベントを自分の力量で企画できるわけですから、ものすごくやりがいがありますよね。しかも会社の資金を潤沢に使えて。

一方中小企業では、資金もない上に展示会運営ノウハウも蓄積されてないでしょうし、ワンマン企業であればそれこそ上の言いなりになって業務を行わなければなりません。

中小ベンチャーのほうが自由に、大きな仕事ができる汎用的なスキルが見につく!なんて思ったら大間違いですよ。中小ベンチャーは知名度もなければ資金もない、身に付くスキルもそこでしか使えないスキルばかりです。

このことは是非とも肝に命じておきましょう。

 

退職金、企業年金が消えた

これも金の話に通じますが、給与や福利厚生とは別になるので書いておきます。

今時退職金がしっかり出て、企業年金が貰えるところは少ないです。

つまり大企業にずっと勤めていれば老後は安泰だったのですが、辞めることにより老後の不安が遅いかかってきます。

年金制度は崩壊する!と言われていますが、それって何十年も前からずっと言われていることです。制度はそう簡単には変わらないので年金制度は続くでしょう。

大企業を辞めると急に老後が不安になる。これも大企業に勤め続けている人にはわからない心理だと思います。

 

優秀な同期を失った

これも会社にいると気づかないこと。

大企業の同期って、気づかないかもしれませんがめちゃくちゃ優秀です。

入社するのに厳しい選考をくぐり抜けねばならないので優秀なのは当たり前ですよね。高学歴の中でも優秀な人材が大企業には集まっているのです。

 

が、それがファーストキャリアから大企業にいると全く気づかない!

 

特に僕みたいに一度も挫折することなく高校を出て、慶應経済に進学して、ストレートで大企業に入ったような人は絶対に気づかない!

 

世の中の社会人全員が大企業社員のように優秀とは限りません。

 

これも他の記事に書いていますが、ほぼ入社ボーダーフリーのベンチャー企業や中小企業の新入社員って、かなりレベル低いですからね。

 

僕は2回の短期離職経験があるため他の会社の同世代の短期離職者と多く接してきているのですが、そんなことも知らないで会社員やってきたのか…って思ったことが何回もありますからね!

 

「西暦って何?」
「pdfって何?」
「ショートカットって?」

 

なんて日常茶飯事です。

そういった単語が平然と通じる大企業社員はITリテラシーと教養を持った立派な優秀な社会人なのですよ。

 

新卒で大企業に入社し周りに同期がいるのが当たり前な会社員の皆さんはわからないかもしれませんが、新卒で大企業に入社した時の同期って超貴重です。一生の宝です。是非大切にしてください。

 

転職したら孤独です。僕は既に3回転職を経験していますが、同期がいないというのは予想以上に辛いものです。だってタメ口で相談できる相手いないですから。苦労を共にし、悩み事を相談し、愚痴を言い合える仲間というのは大人になるとなかなか手に入れることはできません。

 

僕は辞めてから同期の大切さに気づきましたが、まだ会社を辞めたことがない皆さんはそれに気づいていないと思います。

 

大切なものは失ってから気づくのです。会社を辞める時は是非慎重に、後悔しないようにしてください。

 

まとめ。それでも転職をするなら。

ということで、第二新卒で転職して後悔したことについて詳しく書いてきたわけですが、それでも今の状況があまりにも辛い。今の仕事が自分のやりたいこととあまりにもかけ離れている。というのであれば、無理に今の会社にしがみ続ける必要もないよということを最後に主張しておきます。

僕のファーストキャリアは大企業でして辞めるのが勿体無いような待遇でしたが、自分のキャリアを真剣に考えた結果、退職という道を選び、その後3回も転職しております。

 

「あまりにも今の状況が辛い…給料が安すぎる….ブラックすぎる…他に自分に向いている仕事があるはずだ…」

 

と思うのであれば、一度大手転職エージェントに相談だけしてみるのは大アリだと思います。僕だってまずは大手の転職エージェントに相談しました。

大手であれば転職エージェントに相談したからといって闇雲に転職を勧められることもないですし、客観的に見て僕らが今どうするべきかを教えてくれます。(小さいとこは売り上げ至上主義なのでやたら転職勧めてきます。小さいところに相談してはいけません。)

今の会社に残り続けるかどうか迷っている人は、是非とも大手転職エージェントに一度相談しておきましょう。

 

大きいところは顧客からの信用を第一に置いていますので、真摯に僕らと向き合い、相談に乗ってくれ、場合によっては今の会社に残ることもアドバイスしてくれるでしょう。

僕が使っていた転職エージェントでオススメはズバリ、リクルートエージェントマイナビジョブ20’sの2つのみです。

どちらも業界最大手になります。

 

ちなみに僕は転職活動の時は転職エージェントに合計で5社ほど登録しており、転職エージェントを使いまくっておりましたが、なんだかんだ言ってリクルートとマイナビの大手2社がサービスの面でも質の面でも圧倒的だと感じました。

 

ということで以下、僕の経験談を踏まえて転職エージェントについてちょっと詳しく紹介しておきますね。

 

リクルート

 

言わずと知れた大手転職エージェントのリクルートです。

まあ利用してみた感じ、求人紹介という面で見ればただ機械的に求人が紹介されるだけなので正直微妙でしたが、何よりも他社の追随を許さない圧倒的な求人数が最強でした。

そして、やはり業界トップを走っているだけあって担当の転職アドバイザーさんに加えて転職アドバイザー補佐までついておりまして、面接対策や履歴書添削もすべて無料、各企業ごとに選考対策資料までついており、やはり大手は違うな…と感じさせました。

 

他の中小転職エージェントでは企業ごとの選考対策資料なんてありませんでしたからね。

最近はリクルートグループもデータ面で色々と問題が起きていますが、やはりデータという意味ではリクルートがトップを走っていると思いましたよね。

 

求人紹介という面のみで言えば求人数があまりにも多すぎるという点で微妙なんですが、大手ならでは圧倒的求人数と圧倒的選考対策資料数により、まず登録しておくべきはやはりここだと感じましたよね。

 

相談は下記リンクからどうぞ。

今すぐリクルートエージェントに相談してみる

 

マイナビジョブ20s

 

リクルートに追随し、今や広報力ではリクルート以上となったマイナビ。

マイナビジョブ20sは、僕ら20代の若者に特化した第二新卒、既卒専門の転職エージェントサービスになります。リクルートエージェントよりも20代に特化している分、相談もしやすいです。

 

サービス的な面で僕が利用した感じだと、リクルートとは違って求人紹介を担当のエージェントさん自らやってくれるのでいい感じでした。

 

しょうがないんでしょうけど、リクルートはちょっと機械的すぎたんですよね…

だって、リクルートは求人紹介が全部自動でメールが送られてくるだけなんですよw

 

やっぱり求人は転職エージェントさんという生身の人間に選んでもらいたいじゃないですか。

 

その意味で言うとマイナビは素晴らしくて、ちゃんと生身の転職エージェントさんが僕と面談してお話をしてくださいまして、僕に合った求人を紹介してくれました。

リクルートと並行してマイナビの人にもたくさん相談して、僕は選考も実際にここ経由でたくさん受けました。エージェントさんが自ら求人を選んでくれたおかげもあってか、選考は通りやすかった気がしましたw

 

自分に合った求人を見つけるって意味ではこっちの方がオススメですね。求人数もリクルートのように無作為に大量に送られてくるということはなかったです。こちらもよければ下記リンクよりご相談をどうぞ。

マイナビジョブ20sを今すぐ利用してみる

 

個人的には、転職はWeb業界をオススメします

最後に。これは全く個人的な主観になってしまうのですが、今の時代であれば僕はWeb業界への転職を心からオススメします。

なぜかといえばWeb業界は自由度も高いし、変なしきたりもないし、副業もオッケーだし利益率も高いし給料もそこそこということでなかなかに最高なんですよね..

 

僕は既に3回の転職を経験していますが、結局のところ今はWeb系の会社で働いています。

やはり、今の時代はWeb業界への転職が一番コスパが高いと思うんですよね。

 

僕は3回の転職を経験していますが、今まで在職していたどの企業よりもWeb業界が一番働きやすいですからね…

なにより副業OK、リモートワーク可能、給料もそこそこということで言うことないです。本当に、世間体を気にして老舗の日系大企業に就職し、やりたくもない仕事で毎日を消耗していたのがバカみたいです…

 

ということで僕個人としてはどうせ転職をするなら生保のような古い業界で働くよりもWeb業界のような柔軟な働き方ができる業界へ転職するのをオススメしているのですが、「Web業界へ転職したい!」という方は、餅は餅屋ということでWeb業界に強い業界特化型の転職エージェントを活用すると良いです。

業界特化のため未経験求人も多数扱っており、他求人との比較もしやすいですからね。

 

例えば有名どころだとワークポートさんがオススメですかね。ここはIT/WEB業界に強いエージェントさんでして、僕も実際にワークポートを活用して転職を成功させました。

僕の友人もここを利用しておりまして、「担当のエージェントさんの愛を感じた!!」と仰っていましたね。Web業界に転職をしたいならオススメのエージェントです。

 

また、「プログラミングなどのITスキルを身につけてから転職したい!!」と思うのであれば、GEEK JOBキャンプというのもオススメです。

こちらは完全に第二新卒向けの転職サービスなんですが、無料でプログラミングなどのITスキルを教えてもらえ、そのスキルを元にIT業界・エンジニアへの転職先を紹介してもらえるというサービスです。

プログラミングスキルを身につけられる上に、サイバーエージェントやDMMなどの優良IT/Web企業への正社員転職斡旋を無料でしてもらえるということでかなりオススメのサービスです。

事実、GEEK JOBキャンプ経由で実に97.8%の社員が未経験からIT業界・エンジニアへの転職を成功させているようです。

受講体験も就職支援も全て無料ですので、Web/IT業界への転職を考えておられる方は是非ともこちらのページからお申し込みいただければと思います。

 

また、Web業界に転職を成功させた方法について僕の実体験談はこちらの記事(短期離職を3回した僕が未経験でWeb業界に転職した方法)に詳しく書いておりますので、よければこちらをご覧ください。

 

まとめ

以上、あまりに今の会社がブラックで辛いのであれば、上記のように転職エージェントさんに相談していただければ今の自分の客観的状況がわかると思います。

 

ということで、安易な転職はオススメしませんが、その時に備えておく、自分の置かれている状況がどうなのかを知る、ということは重要ですので時と場合に応じて行動するようにしましょうね。

 

下手に辛いことを頑張って、ブラック企業に使い潰されたら元も子もないのです。

 

自分の身は自分で守り、いざという時は逃げるという選択肢も覚えておきましょう。

 

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*