採用市場の歪さから見る大企業に新卒で就職することの難しさ

本日は、人気企業に就職することの難しさについてお話しようと思います。

人気企業に入ることの難しさを理解しておかないと、高学歴にも関わらずどこからも内定が貰えず、就活に失敗してしまう羽目になりますよ。

事実、僕も世間一般では高学歴と言われる部類の大学に在籍していたにも関わらず就活時には100社以上の会社からお祈りメールを食らいました。

最終的には正面からまともに就活をするのではなく、一芸採用枠に応募するという変則的な就活を行うことによって大手企業から内定を貰いましたが、正面からの就職活動では実質1社からも内定を貰っていません。

 

ですが、社会人になった今では僕がなぜ高学歴であるにも関わらず内定が出なかったかの理由は明確にわかるようになりました。

それは、そもそも高学歴であろうと人気企業に入るのは至難の業であり、高学歴であることは人気企業、大手企業への就活においてそこまでアドバンテージにはならない、という事実です。

 

今回は僕の自責の念も込めて、就活で人気企業・大手企業に入ることの難しさを説明したいと思います。

「おれ早慶だしゆーて大企業くらい入れるっしょww」と考えている勘違い就活生諸君は是非ご覧ください。

 

大企業に入社することの難しさ

皆さんは日本の企業における大企業の割合を知っておられるでしょうか?

 

この問いに答えられない高学歴就活生の皆さん、そんな状態であなたが大企業を志望しているのなら、あなたは「大手病」という病を発症しております。気を付けましょう。

 

まあ、こんな偉そうなことを言っていますが実際は僕もかつては何も知らない就活生でしたし、大手病を発症していました。

就活生が人気企業ランキングなんて見てもなんの意味もないんですが、多くの学生は人気企業ランキング上位の企業に行きたがります。

僕も就活では訳も分からずとりあえず大きそうで、安定していて、知名度も高い企業を受験していました。

 

しかし、過去の僕も含め、就活生の多くは世間で言われる人気企業・大手企業・東証一部上場企業に行くことがどれほど難しく、かつエリートであるかを理解していないのです。

 

では、人気企業とか大手企業とかいうと定義が難しくなるので、まずは一流企業のわかりやすい指標である東証一部上場企業に焦点を当てて見ていきましょう。

 

東証一部上場企業に入社できるのは選ばれしエリートのみ

皆さんは世の中の大企業が全企業に占める割合をご存知でしょうか?

経済産業省が発表している「工業統計表」、並びに総務省が発表している「事業所・企業統計調査」によると、日本の全企業数は421万社、大企業はそのうち1.2万社にすぎません。

 

※ちなみに中小企業の定義は、

製造業:資本金3億円以下又は従業者数300人以下
卸売業:資本金1億円以下又は従業者数100人以下
小売業:資本金5千万円以下又は従業者数50人以下
サービス業:資本金5千万円以下又は従業者数100人以

 

です。上記に当てはまらない企業は大企業ということになります。

 

つまり、全企業に占める大企業の割合はわずか0.2%に過ぎないのです。

 

さらに、大企業の中でも特に優良な企業と言われる東証一部上場企業は日本に約1800社しかありません。

東証一部上場企業1800社、日本にある企業数は421万社….

 

このデータから見ても、東証一部上場企業に入社できる人間がどれほどエリートかおわかりでしょう?

 

事実、民間就職最強の大学と言われる慶應大学、こちらの大学は卒業生の就職先を事細かに発表していることで有名なのですが、慶應大学の学歴をもってしても上位4割の学生しか東証一部上場企業に入社できていません。

 

まあ、慶應大学クラスであれば起業したりあえて上場をしていない一流企業(新聞社、YKKなど)に入社する学生などもいるのでしょうが、それらの一部の学生を除いたとしても約半数以上の学生は東証一部上場の一流企業には入社できないのが現実なのです。

すなわち、東証一部上場企業に入社できるのはエリートの中のエリートと言えるでしょう。

 

採用市場の歪さ

一流企業就職において超一流大学出身であることは何のメリットもない

ここも勘違いするポイントなんですが、多くの学生は高学歴であることが就活において有利だと思っている節があります。

確かに、普通の企業であれば高学歴であることは有利に働くかもしれません。

 

しかし、一流企業への就活に限ってみれば高学歴であることは全く有利ではありません。むしろボーダーラインにやっと立てた程度です。

 

なぜかというと、そもそも就職活動を行う学生自体が高学歴の学生ばかりだからです。

具体的に言うならば、超一流大学である早慶+旧帝大+東工大+一橋大+東京外大の卒業生だけで毎年約4.2万人もの卒業生がおります。

 

早慶に限ってみれば、早慶だけで毎年1.8万人もの卒業生がおります。

 

そして毎年就職活動に参加する学生数は約55万人です。

つまり、就職市場において早慶旧帝大などの超一流大学の学生は8%も占めるのです!

 

同世代の割合でいけば早慶旧帝大以上に行ける学生は1~2%程度であったのでしょうが、同世代のうち大半は高卒で就職したり、専門学校に行ったりしてしまいます。

そのため、大卒で就職活動を行うのはそもそも高偏差値の人々が多いです。受験では偏差値70以上を誇っていた学生たちが、就職市場では全体の8%も占めてしまうんです。

まさに、受験エリートたちの飽和状態というわけです。

 

採用市場の構造

さて、一流大学の就活生の人数が分かったところで、次は採用市場の構造を見てみましょう。

採用市場全体では毎年就職活動に参加する学生数自体は約55万人と言いました。

 

しかし、人気企業ランキングで上位100位に入る超人気企業への採用数は合計でわずか2万人程度でしかありません。

55万人の学生が2万人の枠に押し寄せたって、受かるわけないんです。

 

では、人気企業ではなくて東証一部上場企業に代表される大企業はどうなの?というと、それも総採用者数はわずか12万人程度でしかありません。

 

例年、55万人もの就活生が大手企業を目指すわけですが、大企業の採用者数がわずか12万人である以上、全員が全員大企業に入れるわけでは全くありません。

そもそも各採用媒体が大企業への就職を煽り立て、大企業に入ることだけが人生である、みたいに主張する傾向がよくありません。

全員が有名人気企業には絶対入れないんですから。

選ばれしエリートのみが東証一部上場企業に代表される一流企業に入社できる、ということは誰しもが肝に命じておかねばなりません。

 

まとめ。では大企業に就職するためには?

日本の全企業における大企業の割合、就活生が人気企業ばかりに押し寄せる採用市場の歪な構造について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

現場では語られない就活の実態、就活の裏側なんかはこちらの本にたくさん書かれておりますのでよければご参考ください。

 

 

こちらの本は就活の嘘と本音が赤裸々に綴られているので就活生にはオススメの一冊になります。学歴差別の話とか面白いですよw

 

さて、人気企業、東証一部上場企業、大企業、大手企業に入社することは一流大学に入学することよりもはるかに難しく、一部のエリートしか入社することができないという事実はお分かりになったと思います。

 

従って大企業に行きたければ、それ相応の努力、それ相応の能力が必要になってきます。

本当に大企業に行きたければ、自分を見つめ直し、企業研究をし、内定のための戦略を立てる必要があるでしょう。

 

では具体的に大企業から内定を貰うためにはどうすればいいの?ということですが、ひとまずは大企業対策に特化した就活サービスを利用しましょう。

 

Unistyle

大企業に入社したいならば僕の一番のオススメ就活サイトは、Unistyleです。

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、大手企業の内定者ES、選考情報、業界研究記事、就活にまつわるコラムを全て無料で閲覧することができます。

これ、僕が就活していた2016年は3000円での会員登録が必要だったのですが、なんと今や無料登録で全ての記事を閲覧できるようです。

 

いやー、僕が就活生の時に無料登録サービスをやってほしかったなあ….

 

ともかく、過去は有料であったことからもわかりますが、「これ全部無料で公開しちゃっていいの!?」と思うくらい内定者ES、選考対策、業界研究情報が充実しているのがUnistyleです。

僕も就活生の時はもちろん使っていましたし、正直使わなきゃ損くらいのサービスですので、大手企業に行きたいのであればこちらには必ず登録しておきましょう。

登録は下記リンクからできますので良かったらどうぞ。

 

Unistyleに今すぐ無料登録する

 

ONE CAREER

もう1つ、大手企業や有名企業を目指している学生にオススメなのがONE CAREERというサイトです。

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、 こちらでも大手企業の内定者ES、選考情報、業界研究記事、 就活にまつわるコラムを全て無料で閲覧することができます。

特に選考対策の掲載企業数は4,000社以上、内定者ESも含むES掲載数は18,000件以上、就活体験談の掲載数は40,000件以上もありますからね…

他にも総合商社特集の記事などがアップされていますね。実際に商社の人事の方へも取材を行っているようでして、そこらへんのナビサイトよりもよっぽど詳しくまとまっています。

ちなみにONE CAREERでは記事を誰が書いているか明確なものが多く、 例えば就活界隈では有名なトイアンナさんとか、 借金玉さんあたりも記事を寄稿しています。わからない方はまあ、 ツイッターで検索してみてくださいw

ツイッターでも情報を発信しておりまして、 企業では珍しく中の社員さんがツイッターを利用して就活情報を呟いたりしています。

例えば僕がフォローしている人だとめいこさんなんかがいますね…

 

 

結構攻めたツイートしてます。ちなみに僕は1回だる絡みしております。そのうち会ってみたい…

とまあ、そんな関係のない情報は置いておきまして、 とにかく一流企業志望の学生は是非とも登録して記事を読んでおくことをオススメいたします。

登録は下記リンクからできますのでよかったらどうぞ!

 

ONE CAREERに今すぐ登録する!

 

就活ノート

また、こちらは最近の就活サービスなんですが就活ノートというのもオススメですね。

こちらの業界研究記事やコラムはプロのライターが執筆しているわけではなく、現役の就活生が執筆しております。

とするとどういうことかと言うと、企業のリアルな選考体験談、選考情報を入手できます。

もちろん就活生であればあなたも業界研究記事なり、就活体験談なりの就活に関する記事を執筆して、世の就活生に情報を提供することができます。

このサービス、結構画期的だと思うんですよね…企業が一方的に提供する情報を信じ込むのでなく、個人が情報を発信してそれを共有するという近代のシェアリングエコノミー的発想があります。

今後、こうしたWikipedia的発想は主流になってくることでしょう…

というわけで、就活ノートも是非とも登録しておくべきサービスであると思いますのでこちらも紹介しておきますね。登録は下記リンクからどうぞ!

 

今すぐ就活ノートに登録する

 

 

ではではみなさん、大企業の割合、採用市場の構造をしっかりと理解してから自分にあった就活を行いましょうね。

 

また、その他のオススメの就活サービスにつきましては下記にまとめてありますので是非ともご覧ください。

 

絶対に登録すべき次世代の新たな就活サービスまとめ!

 

ではでは就活頑張ってください!

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*