【就活でお金を稼ぐ】就職活動で10万円稼いだ秘密の方法

就職活動では何かとお金がかかります。

交通費、食費、カフェ代….お金の無い大学生にとっては非常に痛い出費が続きますよね。

しかし、僕は本記事で「就職活動にはお金がかかる」という思い込みを取り払いたいと思います。

うまくやれば、就職活動でお金を稼ぐことが可能になるのです。

何も知らない皆さんからしてみれば、就職活動でお金を稼ぐってどういうこと???

と思われるかもしれません。

有給インターンで働くとか、就活バイトをする、などを思い浮かべた皆様、そんな皆様は「労働することでしかお金を得る方法はない」という固定観念に捕らわれている皆様です。

いまや立場の弱い就活生であっても、情報をうまく利用してお金を稼ぐことができる世の中になっているのです。

本日は僕が大学生の頃に就活で10万円稼いだ経験を元にして、就職活動でお金を稼ぐノウハウをまとめてみようと思います。

以下、就活でお金を稼ぐ方法について順々に解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



就活モニターで稼ぐ

ピボット

就活モニターサイトで最も有名なのがピボットという会社です。

登録して指定された企業の説明会や選考会を受けて、それについてのアンケートを答えると1回で300円~1500円の謝礼をもらえるという仕組みです。

また、有名企業のインターンや選考に進んだ方専用でインタビューモニターがあり、こちらは1回1時間のインタビューでなんと3000円~5000円もの謝礼をいただくことができます!

ただインタビューに答えるだけで時給5000円ですよ。
普通にバイトするよりもお得ですよね。

インタビューは時間的に….という人でも隙間時間に企業の説明会や選考についてのアンケートに答えるだけで結構な金額になりますからね。
特に一流大学に通っていて一流企業を志望している人はモニター需要も高いので、かなり稼げるのではないかと思います。

その他就活サイトのモニターアンケート

就活生の皆さんは恐らく大手就活サイト(リクナビ、マイナビ等)に登録されていると思うのですが、こちらのメールで定期的に送られてくるアンケートに回答しましょう。

こちらも隙間時間に行うことで、1回約500円程度のamazonギフト券をいただけます。

現金でもらえることが少ないのが痛いところですが、書籍代の足しにはなると思います。

ピボットの稼ぎを本業にして、こちらのモニターアンケートは片手間にやると良いでしょう。

あと、大手就活サイトだと「一等には豪華景品プレゼント!抽選キャンペーン!」みたいなメールも送られてくると思うのですが、抽選であろうと全部応募しておきましょう。タダですからね。
就活サイトの抽選は応募すれば結構な確率で図書カードくらいなら当たります。おそらく就活生は忙しいから応募する学生が少ないのでしょう。僕はあらゆる抽選に申し込んでいたら図書カード結構あたりましたよw一等はなかったですがw

就活支援サイトに登録

サポーターズ

就活支援サイトで最も有名なのがサポーターズ
なんとこの会社、就活生に対して就活支援金という形で現金を支給してくれます。

とんでもないサービスですよね。

自ら企業に会いに行けば大学の所在地と開催地によって1000円~3000円の支援金が支給され、企業からスカウトを受ければ1000円から10000円の支援金が支給されます!

指定された説明会に行かなければならないことがあるのがマイナス点ですが、興味のない説明会でも行けば新たな発見がありますし、もしかすると興味が出て選考を受けることになるかもしれません。
縁というのはどこにあるかわからないものですから、お金も貰えて就活の勉強もできて一石二鳥ですよね。

特に地方から東京へ就職活動をする学生は交通費を貰えるサービスがありますので、登録しない手はないと思います。

HPにこれまで支援を受けた学生の数のカウントメーターがあるのですが、まだ数千人程度なのが驚きです。こういうサービスをガンガン利用していったほうがいいですよ就活生のみなさん。

Meets Company

DYMという会社がやっているサービスになります。

MeetsCompanyというサービス名でして、当日内定イベントと称して一度に50人~100人ほどの学生を集めて学生と企業とのマッチングを行っております。

履歴書1枚で8社もの企業の選考を受けられる!という触れ込みで、座談会では社長と直々にお話できたりします。

僕もこちらの会社のイベントには何度か参加したことがあるのですが、基本的に参加している会社は今をときめくメガベンチャーや優良企業が中心です。1人1人一言PRを言う時間が30秒ほどあって、それをもとに企業と学生とのマッチングを行うというものです。

実際に行ってみるとわかりますが、企業によっては即日内定もあり得るというかなり美味しいイベントです。
そして、即日内定よりも更に注目すべきところは地方学生には7000円の交通費が支給されるということです。

また、紹介制度が非常に充実しており、Meets company主催の合説イベントに一回でも参加しておけば就職活動終了後に知り合いを紹介するだけで1人につきQuoカード5000円分をいただけます。

一時はSNSで拡散するだけでお金がもらえるキャンペーンもやってましたからね。かなり太っ腹な会社です。

ちなみに僕の友人はMeets Companyに20人ほど人を紹介して、Quoカード20枚、計10万円ほど稼いでいましたw

1人紹介するだけでQuoカード5000円というのは正直派格ですので僕もめちゃめちゃ勧誘に精を出しましたが、後半はMeets Company側がQuoカード切れを起こしていましたねw

まあ5000円紹介イベントをやっていたのは僕が就活してた頃なので今でもやっているかわかりませんが、紹介キャンペーンはまだやっていると思うのでとりあえず合説イベントに参加してみることをオススメいたします。
お金稼げる以外でも普通に即日内定とか貰えちゃうかもしれないですしねw

MeetsCompanyに参加する

※追記

2017年度は1人紹介すると3000円のQuoカードが貰えるそうです。
僕の頃と比べたら2000円安くなったんですね。
まあそれでも1人紹介するだけで3000円貰えるなん破格の待遇ですがw

豪華グッズや金券を配布する説明会に参加する

大企業に多いのですが、説明会で超高価な粗品を配布する企業が中には存在します。

NOKは説明会と面接に行くたびに500円のクオカードをプレゼントしてくれますし(2017年度はクオカード1000円が配布されたらしいです。売り手市場万歳!)
日本電産なんかは説明会に行くだけで現金2000円を支給してくれます。

説明会に行くだけで2000円もらえるんですからねw

日本電産の近辺に住んでいる人なら交通費を差し引いてもプラスになるでしょうw

 

 

また、合同説明会では「4社以上のブースを回った方にQUOカード2000円分プレゼント!」なんていうイベントもよくやっておりますが、これも狙い目です。

別にカッチリと企業の説明を全て聞かなくとも、ブースの外にいるお兄さんと軽い会話をして「シール貰えますか?」と尋ねれば普通にシールが貰えるので1社回ったことになります。

出展企業からしてみれば就活生が合説開催企業から金券貰えるなんて話知らないですからね。よほどお堅い企業でなければシールくださいって言えば普通にシールくれます。

各企業ブースを回ってシールを拝借するという行為を4,5回続ければ、簡単に金券が手に入ってしまうのです。

これを複数の合説会場でやれば、あっという間に金券を複数枚手に入れることができると思います。

遠方の企業を受験して交通費をいただく

これが僕が最も稼いだ方法なのですが、面接のために遠方へ行かなければならないときは企業側が交通費を支給してくれます。
めちゃめちゃ遠い場合は宿泊費まで支給してくれる会社もあります。

もうお気づきの方はいらっしゃいますよね。

そうです。

若い体力にモノを言わせて夜行バスかLCCで現地へ行き、新幹線代の差額分を頂戴すればよいのです。

関東であれば関西、関西であれば関東の企業の選考へ行くのがオススメです。
いまや夜行バスもLCCも安いですからねえ~

安く現地へ行って友人の家に泊まったりすれば、選考ついでに観光までできちゃいます。

僕は京都、三重、奈良、大阪らへんの関西企業を多く受けていたのですが、企業の面接と称して関西観光をしまくってましたよ笑

交通費も貰えて観光も出来て、最高ですよね。

ちなみに交通費申請で領収書を提出する企業は僕の感覚だと少なかったので、安く行けば安く行くほどお得になります。

関東から関西まで一律22,000円支給!みたいな会社が多かったです。
「距離に応じて規定額を払う」と定めている会社ですね。

平日であれば夜行バス最安値で往復6000円くらいで関西までいけるので、差し引き1万円以上のお得です。10回くらい選考を受ければすぐに10万円稼げてしまいますw

また、領収書を提出する企業であっても一度新幹線の切符を購入して払い戻しをすれば領収書が手に入るので、企業から新幹線代をいただくことができますね。まあ、流石にこの手段はあこぎすぎるので僕はやりませんでしたが…

探してみれば地方に企業はたくさんあるので、地方の企業を受けて地方観光することを目的にしつつ選考を受けて、交通費をもらって、あわよくば内定をいただければ最高じゃないですか。

僕はこのパターンで京都の大企業から内定をいただきました笑

関東住みですが地方企業ばっかり受けていたので就職活動でめちゃめちゃお金が儲かりましたし、そのお金で地方観光もはかどりました。

まさに楽しんでお金を貰えて内定をゲットする、一石三鳥くらいです。

内定をゲットしたら、選考体験談を執筆する

内定をゲットしたら、その内定先が人気企業であればあるほどその合格体験談というのは貴重になります。
例えば外資系企業に内定を得た学生の体験談なんかは超貴重ですね。

様々な就活サイトに体験談を寄稿して、ガッポリ儲けちゃうと良いと思います。

 

 

以上、僕が実際にやってきた就活でお金を稼ぐ方法でした。

わりとケチくさい方法ですが、万年金欠の大学生にとって小金を隙間時間に稼げるのはかなりでかいのではないでしょうかね~

ちなみに選考体験談系で一番稼げるのは内定をゲットした後です。
いろいろなサイト、組織から選考体験談執筆依頼が届きますので、片っ端からやっていればかなりお金になるのではないでしょうか。

先ほどもご紹介しましたが、株式会社DYMが主催するMeetsCompanyというサービスでは就職活動終了後に学生を1人紹介するだけでQuoカード5000円分いただけたのでかなりおいしかったですねw

(※2017年現在は1人紹介につきQuoカード3000円分の支給になります。)

 



さて、今回ご紹介した「就活でお金を稼ぐ方法」はまだまだ一部に過ぎないと思います。

もっと稼ぎやすい方法があるよ!とか、この就活サイトのこのサービスはもっと稼げるよ!などという情報がありましたらコメントなどに記載していただければ幸いです。極力新しい情報は載せているつもりですが、古い情報もあるかもしれませんのでなにか間違いなども見つけたらコメントいただけると幸いです。

 

では、就活生の皆さん、小銭稼ぎもいいですが、本来の就活の目的は「一流企業から内定を得ること」であると思いますのでそこは忘れずに残りの就職活動に精を出してください!

 

では、今日はこの辺で

 

関連記事

大手金融機関と某証券会社のリクルーター制度の実態

【19卒へ】現役慶應生が語るオススメのベンチャー企業インターン

「レールの敷かれた人生なんて嫌だ!」とか言っているアホな就活生へ

就活生が認識しておくべき大手メーカーのマーケティング職の実態

【広告志望の就活生へ】華やかな大手広告代理店の仕事の実態

就活でリクラブを成功させるコツ教えます

 

スポンサーリンク



 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*