【超ブラック】大手運送会社に入社して2年で辞めた実体験談

運送業界…

通販市場の拡大により宅配便の取扱個数は増加しており、宅配便需要は今後も伸びると予想されます。

それにも関わらず!多くの運送会社では人材不足に悩んでおり、そのしわ寄せが社員に及んでいます。

運送業界では重い荷物を運ぶのはもちろんのこと、顧客からの理不尽なクレーム対応などを受け付けねばならず、一般的にはブラックな業界として有名であります。

ということで本日は、実際に大手運送会社で働いていた友人のmerryさんに記事を寄稿してもらいました。

そのブラックさ、過酷な労働実態を伝えたいと思います。

運送業界に就職をしようとしている学生、ないしは現在運送業界で働いていて、会社を辞めようか悩んでいる方は是非ご参考にしてください。

では、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク



自己紹介

こんにちはmerryです。

専門卒で運送会社には新卒で入社しましたが、数年で辞めて現在はアルバイトをしています。

今回はタコペッティさんのご好意で寄稿させていただくことになりました。

内容はタイトル通りですが、自分への戒めとしても書いてます。

暇つぶし程度に読んでみて下さい。

 

私が就職した運送業界について

飛行機、タクシー、バスに鉄道等様々。

やってる事は簡単に言えば、人や物の輸送です。説明するまでもないかもしれませんが…細かいところを考えなければ内容は「運ぶ」ことです。

その中で私が就職したのはトラックの会社、つまり貨物輸送を主な仕事とする会社です。やってることは荷物を載せて目的地まで運んで降ろすこと。相手が人間じゃないので文句は言いませんが、丁寧に扱ってても湿気とか揺れで壊れたりするものもあるので結構神経すり減ります。当然壊せば例え故意でなくても問答無用で怒られるわけで余計にシンドイ。二重苦。

 

一言添えるなら

 

 

仕事選び大失敗

 

 

ちなみに社名は伏せますがそこそこ大手です。

 

何故就活で運送業界に入社したのか

私は昔から乗り物が好きで、漠然と「乗り物に触れる仕事がしたいなー」と思ってました。これが大まかな理由です。

 

しかし、高校生の頃に横道にそれてしまって将来の夢どころか明日の事すら考えない最低な生活を送ってました。

 

なんだかんだで卒業はしましたが、周りが進学するなら…と なんとなく受けて合格した専門学校に進学しました。無計画の極み。

 

しかし二年生にもなると就職をしないといけないという一種の強迫観念の様なものに取り憑かれ、悩んでいた時に「そういえば昔乗り物に触れる仕事したいとか思ってたっけなぁ」と思い出して、「他に思いつかないしいいや」 とテキトーに業界の方向性を決めて就職活動をする事にしました。
今にして思えば安直すぎて本当にバカです。

 

 
方向性がとりあえず決まったところで就職活動をはじめてみたものの就職困難と言いますか、なかなか採用されない同級生や友人が山程…幸先悪し…時折お祈りメールを貰ってはそれを肴に夜な夜な酒を飲んでおりました。もちろん他人事ではありません。 大して何も努力してない自分です。 正直内定なんて貰えないまま卒業してフリーターかなーなんて思いながら就職活動をしていました……しかし、予想は外れました。いや外れすぎてて一瞬嘘だと思いました。

 

なんと5社目くらいで内定貰ってしまったのです。しかも運送業界の中でもそこそこ大手です。拍子抜けしてしまい「これ以上就職活動面倒だなー夏休み楽しみたいし 大手だし大丈夫でしょ」なんてなんの根拠もなく呑気な事を考えて就職活動をそこで辞めて二つ返事で入社を決めてしまいました。

 

その後はといえば、バイトをして給料が入っては遊ぶ毎日。コレが後で大後悔する原因になろうとはその時は全く思いませんでした…。大馬鹿

 

こうして私が運送業界に足を突っ込む事になりました。

 

運送会社の仕事内容

先ほど書いたように、やっていることは荷物の輸送です。
ここでは細かく自分が携わった仕事について書きます。

 

入社してまずやった仕事は

 

・電話応対
・売り上げ記録
・ドライバーの助手(積込、積み降ろしや数の把握)
・ピッキング作業に営業と運転と様々。

 

大別すると事務処理と体力仕事の2つに分けられますかね。

 

体力はあったので現場作業系の仕事はそこそこ得意でしたが、事務作業が壊滅的に苦手で、電話応対に至っては拒否反応が出てしまうくらいに嫌いでした。これに関しては今思えば私が無能だったので申し訳ない気持ちもあります。

 

キツかった事 ブラックだと思った事

これに関して書くとなるとキリがないです。

 

とは言え数年で退職してますから、全てを語れる程知ってるわけではないので、私の体験と特に酷いなと思った事を3つに絞って書きます。

 

その3つは、

 

1  事故が多い
2  クレーム処理
3  ミスは許さない イジメ

 

です。1つ1つ説明していきたいと思います。

 

事故が多い

運送業なので仕事場は主に会社の外です。

 

公道、高速道路、倉庫等。そこで付きまとってくるのが事故です。故意であれ貰いであれ…。

 

そして大手の会社だからなのか事故件数も目立ちます。何しろお昼休憩らしいものも無く、顧客の要望に応えるためには365日1日長時間走らせなければいけません。詳細は割愛しますが法律上休憩を取らないといけません。しかしそんな事は知ったことか、お客様第一だ 利益の方が大事だろ?気合いで走れと言わんばかり。事故ったら当然処分。鬼かよ…。

 

運転の他にも積み込み、積み降ろし、事務所に帰ってからは伝票整理に電話対応、その他色々。こんな無茶振りをさせといて事故をゼロにしよう!とか言ってました。究極の矛盾。

 

当然ながら事故は無くならず、出社するとデスクの上に事故った車や現場の写真が添付されたFAXが置かれている。もう見飽きるほどに。 一週間に1.2枚ならまだマシかなーって思えるくらいには毎週の事故が多かったと思います。

 

人間なので個人差はあれど限界はあります。
毎日とまでは言いませんが、繁忙期は命がけ…。

 

死ぬ。

 

クレーム処理

これは運送会社と関係ないと思いますが。

 

とりあえず 一言

 

知らんがな…

 

ホントこれを言いたくなることが多かった…。

 

とにかく身に覚えのないことで怒られる。名前も言わずに一方的に怒鳴り散らしてワン切りする人もいたり…

 

クレーマー「〇〇さんいないの?💢」
私「申し訳ございません…本日は………」

 

このあともしくは後日引き継ぎするにしても面倒臭いなんてもんじゃない、何故なら処理をしきれなかった事、名前を聞かなかったことを怒られるから…永遠と… なんで?…

 

これが原因で私は電話が苦手になりました。

 

ミスは許さない イジメ

これも運送会社だからって事ではなくただ単に私のいたところが変わってただけではないかと思いますが一応書きます。

 

他の会社や他事務所でもあったかどうかは分かりませんが、私が所属していたところではとにかく小さなミスでも小一時間説教が始まる。

 

例えば出荷前に貼る伝票の向き 文字の書き間違え等

 

確かにマズイと言えばマズイ。数を間違えて連絡してしまうと卸先でもミスが起きたり、向きが変だと輸送中にズレて使い物にならなくなってしまったり…。とにかくミスはNG 一発で全てをクリアしなければならない。

 

部下である私はミスをしまくりました。内容はあまり言えませんが、陰口を叩かれたりするようになりました。要は嫌がらせです。自分のミスが悪いんだ…と黙ってやり過ごしましたが、とある上司のミスは棚に上げて笑い話で済まされ、その他の上司も見て見ぬ振りをする。毎回毎回怒鳴られ嫌がらせをされる日々…もちろん反感を持つ者もおり 後日辞めてしまった先輩も……

 

挙げればきりがないですが、特に酷かったのは とある間違いで4.5時間立ちっぱなしで怒鳴られまくったこと。  もう帰りたい…眠い…ナニイッテンノ?状態

 

時間の無駄もいいところ。 確かに置き間違えた自分に非があるのは事実ですが、そんな長時間怒鳴ることなのだろうか…内容も入ってこない。 終いには、上司が疲れたという理由で鍵しめとけと捨て台詞を吐かれて置いて帰られました。これは忘れられない。

 

これは入社して直ぐの頃の出来事、既にこの頃から入った会社を間違えた事とそもそも就職活動をしっかりやらずに遊び呆けていた自分を恨み始め、体調に変化が出始めました…

 

 書いててホントに鬱になりそう…

 

こんな事にならないためにも自分の道を考えて行動しましょう。後悔先に立たずです。

 

運送業界に就職しようとしている若者へ

正直かなりきついですよ体力的に。体力に自信のない方はやめておきましょう。
ただし、女性の場合現場仕事はあまりお鉢が回ってこにないと思いますのであまり関係ないかもしれませんが…

 

個人的には精神面がきつかったです…

 

体力にも精神的にも自信がある!という方は挑戦してみてもいいかもしれません。ただし、向き不向きや、入ってからでないとわからない事も多々あります。

 

そして何より 人間関係で躓くと本当にしんどくなります。これはどこの会社でも同じかもしれませんが私は上手く築けなかったので本当にしんどかったです。辞めた理由の一つでもあります。同業他社でも部署によりけりかもしれませんが。体育会系的なノリがあったりすると思いますので、苦手な方は行かない事をお勧めします。

 

また、テキトーに何も考えずに入社し、自分の適性とはかけ離れたところで働いてしまった事が辞めたそもそもの原因です。ネームバリューに目がくらみ、根拠もなく大手だから大丈夫とか夏休み欲しいとか面倒だなと言って舐めてかかった結果です。本当に大後悔…。

 

これから生きていく上で必要な仕事です。真剣に職場選びをして下さい。そして必要なスキルを身につけることを推奨します。

 

どこに入るか、そこで長期的に働くかどうかはその人の自由ですが、できる限り自分に合った職場に入社できる事が望ましいと思います。

 

最後に

正直私自身が社会を舐め腐っていたのがそもそもの原因ですから、一概に私の入った会社が全て悪いとは言いません。今となっては寧ろ私が甘すぎただけだと思ってます。自業自得ですね。なので舐めてかからずに真剣に考えてください。私のような者がこれ以上増えてほしくありません。

 

しかし一方で、ニュースでも過労死自殺の問題や、パワハラの実態などを知る機会が増え、現実としてそのような事が日々起こっています。優秀な人材が使い潰され、辞めていく、引きこもったり病気になったり…。そもそも入ってみないと体験できないことを考えると中々会社で働きたいって思えない方も多いと思います。

 

私はその感覚を正常だと思っています。怖いですもの。

 

そうならないためには、企業研究をしたり、先輩の話を聞いたり、その上で自分に合っているのか否かを考慮してそれぞれ必要なスキルを身につける事が大事だと思います。

 

決して私のように安易な考えで就職活動はしないでください。

 

会社は働いてお金を得る所です。こんな事言わなくてもわかるわアホかよ って思われるかもしれませんが、上に書いたように 安心して仕事をできない環境の会社がなんと多いことか…

 

皆それぞれ違うので一括りにはできませんが、自分の人生を無駄にしないようにして下さい。

 

一人でも多くの人が幸せに暮らせるように願っています。

 

まとめ

 

 

記事にはありませんでしたが、実は本記事を寄稿してくださったmerryさん、腰をやられています。

 

脊柱曲が曲がっていて治っておらず、今でも痛いみたいです。

 

とにかく重いものを持ち上げるの繰り返しですから、どうやっても腰は痛めてしまうみたいです…健康はお金では替えられないものですから、なけなしのお金のためにこんなにきついことするのは割に合わないですよね…

 

彼は数年で辞めたと言っていますが、僕は心の底から辞めてよかったと思っていますよ。世の中にはもっと割のいい仕事がたくさんありますし、今や売り手市場、転職も簡単にできる世の中だからです。

 

ということでみなさん、仕事選びは是非とも慎重に、ヤバイと思ったらすぐに辞めるという選択肢を持つということを心がけて、人生を充実させていきましょう。

 

ではでは今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク



 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

  1. とおりすがり より:

    その上司も結局クソみたいな環境にいるのが自身でも無意識に耐えられなくて、立場の弱い人間に当たり散らしていらいらのはけ口にしてるんでしょうね

コメントを残す

*