電話応対が苦手でできない新入社員は電話不要の仕事に就けば良い

電話応対が苦手な人っていると思うんですよ。

「新入社員の仕事は電話応対だから毎回の電話にきちんと対応しなければならないのに、しどろもどろの対応でいつも怒られてばっかり」って人。

これ、僕が実際そうだったんです。

 

僕は新卒で老舗の大企業に入社したのですが、電話応対の仕事が入社半年くらい経っても全くできるようにならず、毎日のように上司に怒鳴られておりました。

 

で、あまりにもできないので入社半年ほど経った頃、僕は先輩に頼み込んで残業代も出ない中、就業後に居残りで電話応対のリハーサルまでやってもらっておりました。

 

しかし、現状はそれでも変わらず。いつまで経っても僕は電話応対ができないまま。

結局ずっと電話応対が嫌すぎて、そのまま大企業をドロップアウト。社会の勝ち組が一転、人生の負け組となりました。

 

で、その後ベンチャー企業に転職するもそこでも電話応対の仕事はあり、やはり3ヶ月でドロップアウト。

次は営業会社に転職するも、営業社員こそ毎日のようにテレアポ、ひたすら電話スキルが求められます。

営業会社での仕事はなんとか1年は続けるものの、やはり耐えきれずに1年でドロップアウト。3回目の短期離職をするに至ります。

 

もはや、僕の会社員人生は電話応対に左右されていると言っても過言ではないでしょう。

 

で、3回目の転職では電話文化のないWeb業界を志望し、なんとか電話をほとんど使わない仕事に就くことができました。

今は社内連絡でほとんど電話は使わず、Slackというチャットツールで連絡は済んでおります。

 

そして、20代後半、3回の転職を経てWeb業界に入社し、わかったことがあります。

 

それは、本当に電話応対が苦手で、いくら練習してもうまくできず、ストレスになるのだったら電話応対が必要とされないポジションに就けば良いという事実です。

 

ということで以下、電話応対ができない社員はなぜ電話応対ができないのか?僕の体験談を踏まえながらその理由、そして、電話応対をしなくて済むようなポジションに就く方法を解説していきたいと思います。

電話応対ができないと思い悩んでいる新入社員、いや、全会社員の皆さん!是非ご覧ください!

 

そもそもなぜ電話応対が苦手になるのか?

まず初めに、そもそもなぜ僕らは電話応対に苦手意識があるのかについてお話ししたいと思います。

中には、練習なんてしなくとも初めっから電話応対ができる社員だっていると思います。その違いについてお話ししていきたいと思います。

 

電話応対ではやることが異常に多い

一つ目は、されど電話応対、たかが電話応対と言いますが、電話応対には異常なまでにやることが多いという事実が挙げられます。

例えば典型的な社内取次の電話応対パターンを見てみましょうか。

テンプレは下記みたいな感じですね。

 

①受話器を取ってあいさつ
②相手の会社名と名前を確認
③取り次ぎの場合は相手の名前を復唱して確認
④指名者に取り次ぐ
⑤指名者不在の場合はその理由と戻る時間を伝える
⑥問い合わせの場合は内容に答える
⑦最後にあいさつをして電話を切る

 

 

どうです?

 

めちゃめちゃやることが多いじゃないすか。

 

しかも、この通りになるとは限らず、大体はイレギュラー対応が発生します。

相手の名前や会社名が聞き取れなかったり、聞き取れてもメモし忘れてしまったり、指名者が不在でも席を外しているのか単に休みなのかわからなかったり….

 

その度に臨機応変に対応を変え、言葉遣いも変えなければならないのです。

 

しかも、言葉遣いは社内か社外かによって変わります。

 

例えば基本的なところで言うと、社内の人から〇〇部長宛てに取次を頼まれて部長が席を外していた場合は

 

「〇〇部長はただいま席を外されておりまして、戻られましたらこちらからご連絡差し上げますので~」

 

と、部長に対して敬意を払うので尊敬の助動詞をつけて電話の取次ぎをします。

部長は自分より年次が高く偉いのですから、社内からの電話であれば部長に敬意を払わなければならないわけです。

 

一方で、社外から部長宛てに電話がかかってきて部長が席を外していた場合は

 

「〇〇はただいま席を外しておりまして。戻りましたらこちらからご連絡差し上げますので~」

 

と、社外の人に対しては身内に敬意は払わないので尊敬の助動詞はつけません。

 

このように、誰からかかってきたのか?それは社内の人なのか社外の人なのか?要件はなんなのか?その人は不在なのかどうか?それらを瞬時に判断して、内容までもをメモに取り、かつ相手に合わせて言葉遣いを変えるという超高度なスキルが電話応対には求められます。

 

このように短時間に同時並行で大量の情報を瞬時に処理し、正しく相手に物事を伝えるということを僕は3年経ってもできるようにはなりませんでした。

 

特に新卒時代は、相手の名前と会社名を聞き取れなかったり、内容をメモし忘れたり、社内のお偉方に電話を回すのに敬語をつけ忘れたりして、いつも怒られてばかりいました。

居残りで先輩を相手に電話応対リハーサルをしてもらい、練習をするも結局できるようにならず、そのままわずか10ヶ月で会社を退職…それが僕の新卒会社員人生でした。

 

電話応対ができないのは大抵は男性

こんなにやることが多く、難しい電話応対、きちんとできるやつなんているのか??と思われるかもしれませんが、それが女性社員の場合はいとも簡単にこなしてしまうんですよ。

 

どうも、僕は男性と女性で脳の回路が違うと思うんですよね。女性は電話応対に臆することなく、いともスムーズにやりとりしますよね。言葉遣いも丁寧で、相手を立てますし、同じ新人でも僕の同期の女性社員はいとも簡単に電話応対をこなしていましたw

一方で僕と同様、電話応対でしどろもどろになる社員は大抵が男性社員でした。

 

これ、確実に男性と女性の持って生まれた素質の差だと思うんですよね。

 

男性は縄文時代から、狩猟採集の時代に生きていたわけです。なので、どちらかというとただひたすらに獲物を狙う能力のみが求められました。ですから、男性はどちらかというと一つの物事にのめり込む能力に適しています。

鉄道オタクだって男性ばっかりじゃないですか。僕の趣味のペン回しだって界隈は男ばっかりですし、趣味オタクというのは男ばっかりです。何かにひたすらのめり込むことができるのは男の持って生まれた才能であると同時に、男は電話応対みたいな同時並行の作業が求められる仕事にはとことん弱いと僕は思うのです。

 

その中でも、特に僕はコミュニケーション下手で、同時並行の作業にはとことん弱いタイプでした。一方で、ペン回しだったりブログだったりYouTubeだったり、のめり込んで1人で黙々とする作業にはとことん強みを発揮するタイプでした。

 

だからこそ、僕は今でこそ思いますが電話応対の仕事にはとことん向いていませんでした。向いていなかった挙句、電話が怖く、電話応対イップスになり、それでストレスを溜め、会社を何度も辞める羽目になってしまいました。(別に辞めた理由が全て電話というわけではありませんが、一要因ではあります。)

 

電話応対が苦手な人は、他のことが得意かもしれない

ところが、一方で僕は何かにのめり込むことができるという強みを持っていました。

それこそペン回しが中学時代にハマって以来ずっと続けておりますし、世界大会にも出場しました。

ブログは新入社員時代に開始して約3年間、未だに継続することができていますし、YouTubeだって1年以上ひたすら継続させることができています。ひたすらのめり込んでおります。

 

僕は電話応対のように相手のことを考えて、相手と双方向のコミュニケーションを取るということは非常に苦手ですが、ブログやYouTubeのようにひたすら一方的に相手に発信し続けるとかそういったことには非常に向いていたのです。

 

僕は電話応対には向いておりませんでしたが、ブログやYouTubeやメルマガで一方的に発信をすることで会社員の給料以上の収入を手にすることができました。これはひとえに、僕は一方的な情報発信が得意だったからに他なりません。

 

で、僕みたいな人ってこの世の中にはたくさんいると思うんです。

 

電話応対は苦手でも、ひたすら一方的に黙々と作業し続けるブログアフィリエイトという仕事には向いているかもしれません。ひたすら商品を仕入れして、Amazon等でその商品を高く売るというせどり作業に向いている人もいるかもしれません。

 

電話応対というものすごーく狭いニッチなジャンルの作業が苦手でも、他の仕事や作業になら向いているかもしれないんですよ。

 

むしろ、電話応対がうまくてもお金を稼げるとも出世できるとも限らないですし、他の分野の才能に秀でていた方が美味しいとも思いませんかw?

 

僕はそう思っていますよ。

電話応対なんてできなくてよかったと思っています。

 

僕は電話応対には向いてませんでしたが、ブログやYouTubeなどの一方的な情報発信には向いていたのでそれで新卒会社員以上のお金を稼ぐことができるようになったわけですから。

ですので、「自分が電話応対に向いていない!」と思い悩む方は、わざわざ電話応対の練習なんてする必要はありません。苦手ならば電話応対を練習したところでせいぜい人並みにしかできるようにならないのですからw

 

是非とも自分の輝ける仕事、ポジションを探してみることをオススメいたします。

 

電話応対をしなくても良い仕事に就く方法

さて、最後に電話応対をしなくても済む仕事に就くための方法をお伝えしたいと思います。

方法は大きく分けて2種類です。

会社員のまま生きるのであれば僕のように電話応対をしなくても良い業界ないしは職種に転職すること。

もう1種類はブログやYouTube、せどり、なんでも良いですが自分の得意を活かしてスモールビジネスを経営してフリーランスないしは起業家として生きていく方法です。

 

ということで以下、転職や副業を駆使して電話応対不要の仕事に就く方法をお伝えしたいと思いますが、その前にみなさんに1つだけやっていただきたいことがあります。

それは、自分の得意を把握するということです。

 

電話応対をしなくても良い仕事に就いたところで、その仕事が自分に向いていなければ意味がありません。

まずは自分の適職を知ること、そこから始まります。

 

自分の適職を知るのには、リクナビNEXTのグッドポイント診断を一度受診してみるのがオススメです。

 

あなたの職務適性や強みを自動で診断してもらえる最強ツールになります。

僕も転職活動のときはとりあえず診断してもらってましたし、これが結構当たるんですよねw

質問に答えていくだけで、自分の「強み」がなんなのかをAIが診断してくれます。

ちなみにグッドポイント診断によると、僕の強みは「独創性」「柔軟性」「決断力」「受容力」「感受性」でした。例えば「独創性」のところだけ取り出してみると、こんなことが書かれていました。

 

「「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。

あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。

あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。

周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。

 

いやー、めっちゃ当たってますw

 

5分で診断してもらえますし無料ですので、時間のない会社員の方は是非とも一度受診して、自分の適職を見極めてもらいましょう。

受診はこちらからできますのでどうぞ。

 

電話応対をしなくても良い仕事へ転職をしろ

長々とお話ししてきましたが、ここからが本題。

電話応対をしなくても済む業界や職種に転職できれば良い話です。

ちなみに僕はというとSlackというコミュニケーションツールでやり取りをするため電話連絡不要なWeb業界に転職を成功させ、今や悠々自適に働いています。

 

僕の具体例で言うとWeb業界に転職することで電話から逃れることができましたが、イマドキの業界であれば固定電話をもうほとんど使わない会社も多いので、そういった新進気鋭のIT・Web業界を狙えば電話応対から逃れることができると思います。

仮に電話応対の仕事が存在するにしろ、Web業界みたいに柔軟な業界なら電話応対をやりたくない旨を伝えればやらなくて済むと思いますしねw

一方で頭の固い古き良き老舗企業とかだったら、「電話応対は新人の仕事!」とかいう謎の理由で電話応対から逃れることはできないと思います…それで電話イップスになる人もいるくらいですから、ううむ恐ろしいですよねえ。

 

で、「電話応対をやらなくて良い仕事への転職はどうすればいいの??」というお話ですが、僕個人としてはWeb業界へ転職することを強くオススメします。

僕は短期離職を3回繰り返した結果、最終的にはWeb業界へ転職を決めましたが、Web業界はハッキリ言って最高の環境です。

具体的には

 

 

・連絡は電話ではなく、Slackなどのチャットツール

・完全リモートワークで仕事が可能

・時短勤務も可能。僕は週4日勤務で働いています。

・上下関係もほとんどない。無駄なしきたりもない

 

 

正直、若者にとっては最高の環境だと思います…

 

そして、じゃあ具体的にどうやってWeb業界に転職すれば良いの??って話についてはこちらの記事(短期離職を3回した僕が未経験でWeb業界に転職した方法)に詳しくまとめています。

タイトルの通り、僕は短期離職を3回も繰り返していますが、この方法でWeb業界から内定をいただき、完全リモートワークで週4日勤務という最強の働き方を手に入れることができました。

 

みなさんも是非とも電話応対のないWeb業界へ転職し、僕のようにストレスのない働き方を実現させてみてください。

 

スモールビジネスを営む

これは僕のようにブログやYouTubeなどの情報発信、あるいはせどりなどの副業等のスモールビジネスを営み、電話応対というよりも社会そのものから逃れて生きていくという方法になります。

こちらに関しては別ブログにて詳しくまとめておりますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

エンジニアになる

また、エンジニアになるというのもオススメです。

フリーランスエンジニアというのも最近は流行ってきておりますが、エンジニアは技術さえあれば電話マナーやら言葉遣いやらを気にしなくて良いのでオススメです。

有名なオンラインプログラミングスクールのTechAcademy、こちらはなんと無料でプログラミング体験講座を受けることができます。

 

あと、持論ですが電話応対でストレスを溜める人ってITエンジニアに向いていると思うんです。

ITエンジニアってそこまでの対人業務を求められませんから、電話が苦手な人にはぴったりだと思うんです。

そこまでの電話応対スキルを求められないですし、コツコツ勉強して資格とってプラグラミングができれば食っていける世界ですからね。

現職で電話応対、電話営業のせいで罵倒され、ストレスが溜まり、自分に向いていない…なんて思う人はこんな風に自分に向いている職を見つけるっての大アリだと思います。

 

ちなみにエンジニアという職業については僕も考えたことがあって、会社を辞めてからTechAcademyというオンラインプログラミングスクールに通った時期もありました。

今やいい時代で、こんな風にサービスが充実している時代ですから、若いうちに利用しなきゃ勿体ないんです。オンラインの無料体験くらいであればいつでもどこでも思い立ったらすぐできますからね。

現状を変えたいなら無料ならまずは試してみるだけでも良いと思うんです。公式ページ紹介しておきますのでよければご参照ください。

TechAcademyの無料体験に今すぐ申し込んでみる

 

まとめ。電話応対なんてできなくても生きていけるし、お金も稼げる

最後にまとめですが、電話応対なんてできなくても僕のように転職しまくって正社員として生きることは可能ですし、ブログやYouTubeなど文明の利器を活用してお金を稼ぐことだって可能です。

むしろ、電話応対が苦手ということは他の何らかの能力に秀でている可能性もあるわけですから、落ち込むよりもむしろその能力を伸ばすことに自分の時間を使いましょう。

 

ではでは、かつての僕のように電話応対が苦手で悩んでいる新入社員のご参考になれば幸いです。

 

今日はこの辺で。

 

※なお、電話応対のようなマルチタスクがあまりにもできないというのであれば、もしかしたら発達障害である可能性もあります。

発達障害の人間がこの辛い日本社会を生き抜く方法についても詳細記事を書いておりますので、興味のある方はこちらも是非ご覧ください。

 

軽い発達障害を抱える人間は大企業には向いていない。今すぐIT/Web業界に転職すべき

ASDで仕事が続かない人間に向いている仕事はIT/Web業界一択だと思う

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。


ちなみに、

 

①ブログには書けないようなさらに濃い話

②就活や転職をする際に、必ず知っておくべきこと

③僕が長い年月をかけて編み出した「感情マーケティングを応用した必勝面接術レポート」

 

などは僕のメルマガにて公開しております。


メルマガ限定の情報なども流しますので、ご興味ある方は下記リンクより是非とも僕のメルマガにご登録していただければと思います。もちろん登録は無料です。

 

タコペッティのメールマガジンに今すぐ登録する!

 

ではでは

 

コメント

コメントを残す

*