営業が嫌で事務をやりたい男性就活生よ!男で事務は辛いぞ!

「営業だけは絶対に嫌だ。」

「ホワイトがいいから事務仕事がいい!」

こんなことを考える男子学生も多いことでしょう。

事実、僕もそうでした。

僕も就活生の頃は「営業だけはやりたくない!」とそんな思いで就活をしておりました。

 

その結果、なんとか大手メーカーの事務職に入社することができたのですが、わずか1年で退職。

(僕が退職した経緯についてはこちらの記事をご参照ください)

 

その後職場を転々とし、契約社員としてですが人事労務の仕事なども経験しました。

そして現在は事務職に嫌気がさしたので営業をしております。

 

さて、ということで僕は企業の事務職も営業職も経験しているのですが、正直営業職よりも事務職の方がよっぽど辛かったです。

なぜなら、事務職は女の職場ですので女性との謎のコミュニケーションや、暗黙のルール、そしてやる気を削ぐような面倒な雑用が多数発生するからです。

 

ということで以下、僕の経験を踏まえ、「営業が嫌だからと言って男が事務職に就いたら痛い目を見るぞ!」というお話をしたいと思います。

 

営業事務の仕事内容

まずは簡単に営業事務ではどんな仕事をするのかというお話をします。

営業事務とは簡単に言うと、営業の雑用です。

例えばわかりやすいのでいえば見積書の作成、請求書の発行、郵送事務、伝票処理などがあります…

まあ挙げればキリがありません。

 

要は営業が何かを売るために必要な事務処理を全てこなすのが営業事務の仕事な訳です。

で、これだけ聞くと楽そうに思えるかもしれませんが、それ以外にも事務は電話の取次だったり部署の雑用だったりを全てこなさねばならないのでめちゃめちゃ面倒臭いです。

 

それこそ、以前にも書きましたが僕は並行思考のできない人間なのでいろんな種類の雑用を並行してこなすというのは全くできませんでした。

 

*関連記事
誰でもできる仕事ができない高学歴の皆さんへ伝えたいこと

 

電話応対とか特に、男に向いていない業務の典型例ですからね…

営業事務とかやると電話応対は必須の業務なんですが、僕はこの電話応対の仕事が全くできず、非常に苦労しました。

言葉遣いが悪くて怒られたり、相手の名前を聞きそびれたりして怒られるのは日常茶飯事でしたね。

「あれコピーしといてー!」とか「配送手配しといてー!」とか言われ、すぐにそれに従わなければならないのが営業事務の務めです。

 

言わば営業から命じられたことには全て無条件に従わなければならない、営業の奴隷とも言うべき職業が営業事務職になります。

 

営業職が会社の奴隷と言うならば、営業事務職は営業職の奴隷と言うべきでしょう。

 

世の中はやっぱり階級社会ですわ…営業事務ごときじゃ出世も望めませんしね…

 

女だらけの事務系の職場の実態

さて、営業事務のお話をしたところで、女性の職場の実態をお話ししましょう。

多くの企業において「事務職は女性がやるもの!」という相場があります。

それは偏見ではなく本当にそうでして、例えば僕は既に3社勤めた経験がありますが、どこも事務職と言えば女性ばかりでした。

 

事務職が女性ばかりである理由については、別に会社が制限を設けているというわけではなく単純に事務職に応募してくるのが女性ばかりだからなんですよね。

 

かつて1社目の人事部長に

「なんで事務職って女性ばかりなんですか??」

と聞いたことがあるのですが、

「いや~。女性しか応募してこないから…」と言われましたからね。

 

ちなみに2社目のベンチャー企業も事務職は女性ばかりでした。営業はいなかったので人事部とか総務部のお話になりますが、ベンチャー企業であろうと事務職は女性ばかりのようです。

 

で、話を戻しまして女性ばかりの職場ってのはコミュニケーションが非常に難解なんですよ…

 

女性事務職の実態に関してはこちらの記事にてセクハラ体験談とともに詳しく記載しておりますが、女性ですら大変なのにその職場に男が紛れ込んだとしたらもっと大変です!

以下、僕が実際に経験した女性職場の不可解なルールについて見ていきましょう。

 

女性職場に存在した!僕が経験した暗黙のルール

例えば僕が経験した女性職場の理不尽な体験談で言うと、

 

「お客様へお出しするコーヒーの淹れ方」

 

なんてのはよく怒られてましたね~

 

コーヒーの淹れ方なんて自由でええやろ!仮に淹れ方があるにしても、教えてくれや!教えてくれんとわからんやろ!

 

こんなツッコミを入れたかったです。

 

あとはゴールデンウィークでどこかに行ったらお土産を買ってくること!みたいな暗黙のルールもありましたねえ…

「お土産なんて買いたい人が買えばええやん!」とか思うんですが、どうやら女性職場ではそれは暗黙のルールであり、誰にも教えられなくとも無意識に従わなければならないしきたりであったようで、僕はそれに戸惑ったものでした…

 

些細なことなんですが、ともかくとして女性の職場には暗黙のルールが多すぎるのです。

そして、その暗黙のルールに気づかず従わなければ、いつのまにか除け者にされる…それが女性社会なのです…

 

女性職場にありがちな難解なコミュニケーション

僕の持論では、営業職以上にコミュニケーション能力が必要となるのが女性事務職です。

なぜかと言えば、女性は感情の生き物なので論理を前提としたコミュニケーションが成り立たないんです。

 

例えば男社会の職場だったらめちゃめちゃ楽ですよ~。

男社会の職場では、ミスをしたら普通に怒られて終わりなんです!

ネチネチしている男上司もたまにおりますが、男は良くも悪くもドライな生き物なのでガツーンと怒ったらそれで場は収まります。

 

ところが女性はというと面倒くさいんですよねえ…

女性は感情の生き物ですので、叱責が論理的でない場合が頻繁にあり得ます。

 

あと、なんだかよくわからないけど不機嫌な時もあります。

「あれ?怒ってますか?」

と女の先輩に聞くと、

「は?怒ってないし」

と言われてまた機嫌を拗ねられる。

こんなことはよくあるわけです。

 

言外にシコリを残すのが女性なんですよねえ…男の上司からしても女性の部下はやりにくいようでして、どうしても気を遣ってしまうらしいですからねえ…

 

真っ当に男社会の中で営業をして、失敗して怒られてた方がよっぽどマシです!

 

コーヒーの淹れ方などの暗黙のルールに従わなければならず、言外の感情を察知し、気を遣う。事務職の方がよっぽどコミュニケーション必要ですわ!

 

まとめ

ということで、営業職が嫌で事務職を志望する男子就活生諸君は是非とも以上の内容を踏まえておくといいと思います。

 

まあ営業は営業でノルマあったりして大変なんですけどねw

ただ、ノルマさえこなしていれば自由に時間を使えるというのが営業職のいいところです。

営業やってればアポとアポの合間にお茶をするなんて営業やってたら日常茶飯事ですからねw そこそこ時間は自由に使えます。

 

ちなみに、発達障害者が事務職の仕事をした場合の更にえげつない実態のお話はONE CAREERに借金玉さんが記載していましたね。

 

 

面白いので是非ともご一読を…

ちなみにONE CAREERさんの記事はどれも面白いので、まだ登録してないよ!という就活生の皆さんは今のうちに登録しておきましょう。

 

ONE CAREERに今すぐ登録する!

 

ってことで以上!「男で事務職は辛いよ!」というお話でした。

コメントを残す

*