転職

起業したいならリクルートへの転職がオススメだと思う3つの理由

僕の友人には、終身雇用、年功序列が前提とされる老舗の日系大企業を辞めてリクルートに転職した友人が何人もおります。

リクルートへ転職した友人たちは水を得た魚のように活き活きと働き始めており、リクルートを卒業して起業をする者、リクルートで新規事業を立ち上げる者、リクルート時代の人脈を駆使してサイドビジネスを営む者…様々です。

さて、そんな彼らを見ていて思うのが、起業をしてビジネスオーナーになるためにはリクルートグループへ転職するのが最もコスパが良いのではないかということです。

続きを読む

1年未満で大手優良企業を退職し、3回の転職を経て失った3つのもの

「転職とは、キャリアアップである」

こう言うと聞こえは良いですが、僕のように特になんのスキルを得ることもないまま1年未満で会社を退職しまっては、それはキャリアアップとは呼べません。

それは、短期離職と言った方が正しいでしょう。(言葉の使い方一つで印象が変わるわけですから、言葉って面白いですよね。)

続きを読む

高学歴で大手企業に入社するのは幸せか?僕は1年未満で辞めました

本日は、慶應の経済学部を卒業後、大手メーカーに就職するもわずか1年未満で退職した僕が、高学歴で大手企業に入社するのが必ずしも幸せではない理由について述べてみたいと思います。

もちろん、高学歴で大手企業に入社して幸せそうにしている友人もおりますし、どちらかというとそちらの方が大多数です。偏差値の高い大学に入学している以上、エリートは大手企業に入社すべきだという事実は間違いありません。

続きを読む

短期離職3回の理由を面接でどのように説明したのか?実体験談をお話しします。

僕は20代後半ですが、既に短期離職を3回経験しています。

具体的に言うと、1社目に入社した大手メーカーを1年未満、2社目に入社したベンチャー企業を3ヶ月、3社目に入社した営業会社をわずか1年で退職しています。

それも、どれもこれもキャリアアップの転職でもないし、大して成果を残しているわけでもありません。どちらかと言えば、会社からドロップアウトしたに等しかったのでネガティブな転職理由です。

続きを読む